HPヘッダー画像

タイヤ試乗「ダンロップ」使用感目次

タイヤメーカー・ブランド「ダンロップ」

低価格な輸入タイヤをメインに使用レポート、感想、テスト結果を掲載中です。

「ダンロップ」タイヤ使用感・見出し

ダンロップタイヤ見出しページ。ブランド紹介やタイヤ使用レポートの目次です。

コンフォート性能として乗り心地と騒音テストをメインに、タイヤによってはサーキット走行でのレビューも掲載。

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ、筆者ヒラリーが購入しているお店です。

ダンロップブランドのタイヤ銘柄

可能なタイヤからテスト、試乗評価を行っております。ページ中段のタイヤ銘柄一覧よりリンクのあるタイヤ銘柄で詳細を記しています。

現在販売されている銘柄と、販売されていない銘柄を含みます。
リンクがあるタイヤは、実際に使用しレポートしています(簡易レポートや比較評価など混在)。


1・「エナセーブ」。ダンロップの代表的な省燃費重視タイヤ。

  • enasave EC シリーズ・・・街乗りメイン、短距離移動がメインのキャラクター。
  • enasave RV シリーズ・・・背が高いRV車向け。街乗りメイン、短距離移動がメインのキャラクター。
  • enasave プレミアム シリーズ・・・低燃費性能重視。転がり抵抗係数「AAA」。ウェットグリップ性能指数「c」。

2・「ルマン」。様々な性能、若々しいイメージ、適度な価格がバランスされたタイヤ。

  • LE MANS シリーズ・・・バランス系またはドレスアップ系の人気ブランド。転がり抵抗係数「A」。ウェットグリップ性能指数「b」。

3・「ビューロ」。プレミアムコンフォート系の省燃費タイヤ。

  • VEURO シリーズ・・・高い静粛性が重視され、操縦性能も考慮される。高級セダンなどに。

4・「SP SPORT MAXX」。輸入車が重視されたパフォーマンス系タイヤ。フラッグシップ。

  • SP SPORT MAXX RT・・・シリーズ中、高性能タイプ
  • SP SPORT MAXX TT・・・試乗レポ!シリーズ中、一般タイプ。国産スポーティセダンでもGOOD。
  • SP SPORT230(OEM)・・・試乗レポ!名前はSP SPORTでも似て非なる新車時OEM用タイヤ。

5・「ディレッツァ」。ハイグリップ系のスポーツタイヤ

  • DIREZZA シリーズ・・・上級クラスのスポーツタイヤ。

6・「グラントレック」。オンロード向けSUV用タイヤ

  • GRANDTREK PT シリーズ・・・オンロード(舗装路面)に合わせたSUV向けタイヤ。
  • GRANDTREK PT シリーズ・・・オンロードからオフロードまで対応するオールラウンドタイヤ。

7・「DSX」。スタッドレスタイヤの銘柄。廉価グレード。

  • DSX シリーズ・・・ベーシックなスタッドレスタイヤ。

8・「ウインターマックス」。スタッドレスタイヤの銘柄。上級グレード。

  • WINTER MAXX・・・試乗レポ!スノー&アイスの他にドライ路面での性能やロングライフ性能も重視される。

タイヤは自動車に関するパーツの中で、特に評価基準、判断が難しく、テスターの体調次第で比較評価が変わってしまうほどの繊細な部分を持ちます。独断と偏見、さらには主観を多く含む記事となってしまう点をご了承下さい。

タイヤメーカー・ブランドの歴史やマメ知識

自動車用タイヤとしてのダンロップ、ご存じ現在は住友ゴム工業のブランド。元はといえば、イギリス(アイルランド)のメーカーでした。 そこから法人・部門ごとに切り売りされたため、複数の企業が様々な分野でダンロップの名前を使っています。例えばゴルフ用品とか靴とか。

とはいえ自動車のハナシでダンロップといえばもちろんタイヤ。国内では第2位、住友ゴムとしては世界でも6位のシェアを持つビッグネーム(2012年公開のデータ)。

乗用車用タイヤは基本的にフルラインナップ。一時期はプレミアムコンフォート系が無かった時期もあったが、現在はスタッドレスだって2グレードが用意される。そんなダンロップは年齢問わず知名度も高く、それでいてブリジストンとかヨコハマとかより若干低価格な値付けがされていることも多々ある。

個人的な印象としてダンロップのタイヤは、銘柄ごとのブランディングが印象的。例えば、「ル・マン」とか「ビューロ」とか「ディレッツァ」とか、この濁った響きのネーミングはマイブーム。いや人気ネーミングの定石ですね。
これらのタイヤどれもが、ネーミングや美しいCMだけで高品質感を感じてしまう。

中には「エナセーブ・プレミアム」なんてカッコ良くもなんともないネーミングもあるけれど、これが乗るとなかなか、体感出来る転がり抵抗とそれなりに良くできたコンフォート性能。それから「ウインターマックス」。こちらも名前はアレだけど乗れば雪も氷もドライもバランスいい。
これら、”何が何でもブリジストン”ってユーザーの価値観も変えちゃうような内容で素敵です。


タイヤに関する基本ページはこちらです
タイヤ総合見出し(輸入タイヤや取付、空気圧、使用レポ)に戻る

輸入タイヤと、国産メーカーの輸出向けタイヤ、筆者ヒラリーが購入しているお店です。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車比較で、賢いクルマ選びを
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設19年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/