HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

2013~14ローハイトミニバン比較「3」

当ページは3ページ目です!

ミニバン比較/走行性能と快適性比較

コンパクトミニバン比較2013〜2014年版のミニバン比較(ローハイトクラス)。お手頃価格のステーションワゴン的クラスの比較と評価。

当ページでは「乗り心地や静粛性など快適性、走行性能評価」を掲載しています。

2013~14ミニバン比較・コンパクト&ローハイトミニバン

「3ページ目・運転感覚と乗り心地、静粛性比較」

  1. 比較評価・基本、ボディ見切り
  2. 内装質感・インパネやシート、室内スペース比較
  3. 今ココ!走行感覚・運転感覚と乗り心地、静粛性の比較
  4. 比較まとめ・長所と短所、マルとバツ

※2014年夏・執筆。ウィッシュ、ストリーム、アイシス、プレマシー及びラフェスタハイウェイスターをピックアップ。

ハンドル握った時の質感

走行性能でいえばストリームの圧勝!ハンドル切った質感も高い!なんといっても、「RS-Z」というスポーティグレードしかラインナップがない!

でもここまでのカッチリ感はいらないという方も多いはず。なので走行性能ではなく走行感覚の違いを簡単にまとめます。

回り心地とフィーリング比較

ハンドルを回す感触って、自動車によっていろいろ。ココには重い軽い以上の違いがあって、実はとても面白い場所。高級感を感じやすい部分のひとつでもあったり。

ハンドルの回し心地を比較

、筆者が感じる高級感でいえば、こんな感じ。
ウィッシュ > アイシス > プレマシー > ストリーム
フロントキャスターやホイールオフセットなどによって、ハンドルを戻すフィールも変わってくるから面白い。

コーナーリングフィールを比較

コーナーを曲がった際の高級感は、こんな感じ。
ストリーム > プレマシー > ウィッシュ > アイシス
ストリームは昔の油圧パワステみたいな感触で、知らなかったら騙されそうなほど。だから単純に回す感触は悪くても、実際に走れば走りやすさを感じる。

特徴的な車種

ストリームの優れるポイント

なんでストリームが走りやすいか?といえば、挙動は穏やかだけど反応がある。ゆっくりした動作に応えてくれ、かつワンテンポ遅れるような走りにくさがない。

日常ならプレマシーも良好

プレマシーも常識的な速度内なら、適度な反応でいい感じ。でもこっちはペースを上げると、ハンドリングがクイックに変わる感触がある。アライメントか各部合わせ目の精度か、ボディ剛性か?答えはわからないけど、10年前の自動車で味わったのを思い出した。

ハンドル回す感想

ストリームは、エンジン非力だけどボディは底無し。アラが出まくりの領域までは試せないw。クラスや価格を超えちゃってる。

ウィッシュとアイシスは、適度なダルさ以上のダルさがあって、良くできたクルマと比較すれば走りにくい。先読みが重要で、手前からゆっくり切っていかないといけない。神経使わないと不快な運転になり、ミスった場合の修正も慎重になる。

直進時の走りやすさ

プレマシー除き横幅狭くて背が高めなディメンション。直進性が低くてもそれはしょうがないってものかもしれない。もちろんノア/ヴォクシーよりはマシ。でもウィッシュとアイシスはあんまりよろしくない。

ストリームとプレマシーが優れる

サスペンションがかっちり固められたストリーム、そして若干ながらボディサイズが大きなプレマシー。この2台は並みレベル。気にしなければ全然普通に走ってくれる。

ウィッシュとアイシスは厳しい

例えば運転中にジュースを飲む。この瞬間がとっても怖い。例えばエアコンを操作する。ガクブルしちゃう。そして片側3車線とかの多車線道路。間違っても中央ラインは走りたくない。自分のクルマが車線内のどこにいるかわかりづらく、かつ微調整がやりにくい。

ウィッシュは新車購入し、2年間運転してもこの感覚は変わらなかった。薄くて固いタイヤに変えてバランス取りたいほどで。

ウィッシュは後期型になると、分厚く柔らかいゴムの様なブッシュで乗り心地を改善。でもこれがね、ハンドル微調整時にダイレクト感なくてやりにくい。快適性は高いから、重視している部分が違う。

エンジンの印象

アイシス&ウィッシュ

ウィッシュ、質感という面ではガサツの一言。いかにもトヨタのエンジンという感じ。

ただし以前とは異なり、上も回るようになった。パワー感も排気量を考えれば十分。上り坂で無ければそれなりに加速してくれる。

アイシスもウィッシュ同様、ガサツ感あるエンジンノイズが印象的。少し高めの回転数を保てば振動も多い。ミッションが低回転を好きなタイプだから、アラは出にくく、低回転時の静粛性は高い。

ストリーム

ストリームのエンジン、ホンダの4気筒というわりに凡庸。車体がかっちりな分、もの足り無さを感じやすい。アイドリングからうるさく、希薄燃焼のようなカリカリ音も良く聞こえる。

プレマシー

プレマシーは今回、普通の2000ccモデルでしかも重い4WD。パワー感とか余裕が不足してます。

質感として特徴的な部分は、高回転の一部で、メカニカルな響きのある音を聞かせてくれる。トップエンドの500回転もない領域だから、味わえる場面は限定的なれど、プレマシーに試乗するなら味わってください。

ミッションと走りやすさ

ウィッシュとアイシスはCVT、プレマシーは今回4AT、ストリームは5AT。ミッションの違いによる体感度は大きく、エンジンよりミッションで選ぶ時代にもなった。走行感覚を重視するならね。

シフトノブ:ウィッシュウィッシュ、CVT。長所は全体的に滑らかで変速時のショックも少なく、一度速度が乗ってしまえば走りやすい。

またゲート式のセレクターが同価格帯では圧倒的にスムーズで快適。

欠点は出だしの時。良くなってきてるとはいえ、まだまだ不快に回転数が上がりがち。タイヤが滑ってると感じる時もしばしば。加速度の微調整も疲れる。

シフトノブ:プレマシープレマシー、4AT。旧世代的というか昔のミッションそのまんまという感じの4AT。

滑らかに発進できるわけでもなく、シフトショックは大きく、ほとんど良いところ無し。

がんばって長所を探そうと思ったけど、ちょっと無理w。

シフトノブ:ストリームストリーム、5AT。こちらも旧世代的なミッション。4ATとか1速が緊急用となる5ATよりはステップ比が近く、不快感はまだマシだけど、シフトアップもシフトダウンも、ギヤが変わる瞬間は不快。

またアクセルオフ時にトルコンスリップを強く感じる。
出だしは滑らかで希望通りの加速に調整しやすい。

シフトノブ:アイシスアイシス、CVT。なかなかジェントルな領域を使ってくれる、落ち着いたタイプ。印象は思ったより良かった。

疑似MTモードを選択した際も、適度な変速感で積極的に使える。

低排気量車とかトルクのない領域を無理に使わせようとするし、マークXジオとか無駄と思えるほど回転上げてそれから加速。

それを考えると2000ccクラスとCVTって相性イイかも。

走行時の快適性

このクラスはコンパクトカーより少し高いだけの車両価格で、ミドルクラスと呼べるボディサイズが魅力。しかしコンパクトカーと比較すれば快適性だって全然良質。

ストリームだけキャラが違い、ドライバーだけ快適。

快適性(乗り心地)

乗り心地は、プレマシー、ウィッシュ、アイシスが快適性重視。いくらエマージェンシーとはいえ、3列目までシート積んでるんだから当然だよね。

初期モデルが優れるプレマシー

プレマシーは、200万円以下という価格帯なら、かなり貴重な選択肢。現状、この質感を安く味わえるクルマは、あんまりない。スカイアクティブになって乗り心地は悪化。普通になりました。

マイナー後が優れるウィッシュ

ウィッシュは1回目のマイナーチェンジで、味付けが変わった。最初はカチコチのパッツンパッツン。その後はブニュッとした印象に。

マイチェン後のモデルでは快適になり、同乗者には優しい。相変わらずきつい部分も残っており、スタビがきつく片輪でバンプ踏んでもフロア全体がブルブル。またハッチ周辺がバタバタした時には乗り心地の荒さを感じる。価格や充実装備を考えればこんなものかな。

バタバタ感強いアイシス

アイシス、ウィッシュと同じようなクルマといっても、乗り心地は初代ウィッシュのよう。それよりサスペンションは柔らかく感じるんだけど、コツコツ拾うわバタバタするわでもう大変。このクルマの魅力は乗り心地じゃないw

走行性能優先のストリーム

ストリーム。このクルマだけ決定的にキャラクターが違う。

大げさでもなんでもなく、まるで別ジャンル。ちょうど、ミニバンルックなスポーティクーペ。またはツアラー。長距離走ってナンボな乗り味。

乗り心地といえば、上質感は上々。中くらいのデコボコまではサスペンションが動きやすい。しかし絶対的に固すぎる。ロール剛性高くタイヤも安定。アクティブな安全性も高い。その代償が乗り心地に表れてる。

ドライバーはそんなに不快じゃなくても、同乗者には厳しすぎ。若さでカバーするしかないw

快適性(車内の静粛性)

高い自動車と安い自動車の大きな違い、それは静粛性。運転している感が強いクルマが好きな方でも、疲れてる時ほど静かなクルマにありがたみを感じると思う。

そんな静粛性、全般的に優れているのはウィッシュとアイシス。さすがトヨタのクルマだね。アイドリング時など普通に褒められる。

ウィッシュ、ガサツで安っぽい音がするのはエンジン回転数を上げた時くらい。アイシスはそれにプラスして、足回り方のゴトゴト音が気になる。舗装のいい路面なら大丈夫。

並みなのがプレマシー。もしかしたら兄貴分のアテンザより静かかも。排気音やロードノイズが気になるけれど、音が気になって頭痛いとまではならないと思う。この辺で妥協しなくてはならないレベルかな。

極悪なのはストリーム。ホンダのクルマはフィットからオデッセイまでうるさい!ギリギリまともなのはアコードくらい。だからストリームだって例外じゃない。
ロードノイズ、パターンノイズ、風切り音その他もろもろ、ノイズが響きまくってガマンならず。

何しろ、自車のエンジン音が聞こえにくいほどだ。 ストリームの優れた走行感覚を味わうためには、ガマンしろってことですね。

当ページは3ページ目です。続きのページがあります

  1. ボディサイズや取り回し
  2. 内装質感・車内スペース比較
  3. 当ページ!走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 長所と短所、比較まとめ
乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設19年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/