公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

アクアとヤリス比較「1」デザインの違い

当ページは1ページ目です!

特徴、主にデザインに関する違い

2022アクア&ヤリス比較2022年執筆のトヨタ・アクアとヤリスの比較

同じクルマのようで異なるキャラクターと棲み分け。実質的に同価格で違いを感じる2台の比較。

アクア&ヤリス比較

「1ページ目・デザインの違い」

  1. 今ここ!デザインに関する違い
  2. 乗り味に関する違い

※2022年春・執筆。 筆者:ヒラリー男爵

比較対象車はこんな感じ

「同じようで同じではないアクアとヤリス」乗り味など特徴の違いを比較します。

アクア(MXPK11)X 1500ccハイブリッド
新車価格:209万円(198万〜)

ヤリスの上級車的雰囲気も漂うアクア。ハイブリッド専用でLEDヘッドライト付いてヤリスとは実質的同価格。

レビュー!:トヨタ・アクア試乗レポート

ヤリス(MXPH10)X1500ccハイブリッド
新車価格:200万円(140万〜)

スタイリッシュなボディデザインが魅力のヤリス。1000ccガソリンモデルからラインナップあります。

レビュー!:トヨタ・ヤリスHV試乗レポート

ボディサイズ比較

モデル・グレード アクア ヤリス
X ハイブリッドX
全長 4050mm 3940mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1485mm 1500mm
ホイールベース 2600mm 2550mm
車重 1120kg 1050kg

※グレードによる違いや年式で異なる場合があります。

1.デザインが異なります

デザインって設計という意味。ボディデザインのハナシじゃなくて、クルマ的なデザインに違いを感じます。

aqua

yaris

 

優先事項が違いそうです

アクアがリアシート優先、ヤリスがフロントシート優先
内外装デザインからそうした印象を受けます。

別の見方すれば、ファミリー感強いアクア、プライベート感強いヤリス

アクア・ボディサイドヤリス・ボディサイド

アクアは、前から圧力かかったデザイン
フロントシートで圧迫感を感じる反面、リアシートに余裕があります。

ヤリスは逆に、後ろから圧力かかったデザイン
フロントシートは普通で、リアシートに圧迫感。というかちょっと狭いです。

見える視界にも違いがあります

運転席からの見え方にも違いがあります。
大きな場所では、ドアミラー周辺とリアウインドー。

ドアミラー周辺

アクア・Aピラー右ヤリス・Aピラー右

アクアはフローティング構造がハッキリで、ヤリスはボディに近いです。

ドアミラーは窓ガラスなどの形状違いから、どっちが良いかと判断は難しいです。三角窓の有無やウエストラインの違い、インパネとドアとの接点にも違いがあります。

正面とか左前方、車両感覚

運転しやすさでいえば正面とか左前方が重要だと思うんですけれど、どちらも普通に良いです。

アクア・Aピラー左ヤリス・Aピラー左

アクアもヤリスもクルマをコンパクトに感じられて、助手席側を余らせちゃう不安がありません
特に何かが優れているとかじゃないんですが、試乗するたびに左前輪の感覚が取りやすいと感じています。

正面は、ボンネットはほとんど見えません
こっちはカンか運転支援系を利用してという感じです。

リアウインドーと視界

下の写真はアクア。アクアのリアウインドーからは色気が感じられます。目視のしやすさで考えたらヤリスです。

アクア・リアガラス視界アクア・リアガラスのサイズ

ダイナミックに盛り上がるウエストラインを特徴にしている分、リアインドーは天地方向に薄く、位置も高いです。

混雑する市街地で斜め後ろを目視しようとすれば、よく見えません
同乗者いたら尚更です。

同乗者いたら目視よりドアミラー優先なのはみんな一緒かな。
逆に言えば、ドアミラーを信用すれば気にならないわけでありますが、アクアのキャラクターやイメージからすると、実用性を取ってくれたら嬉しかったかな、とも思います。

2.シフトセレクターが異なります

aqua

yaris

 

 

※上がアクアで下がヤリス

アクアはハイブリッドらしい先進的スタイル、ヤリスは伝統的なノーマルスタイル。電制式VSストレート式でしね。

まず、位置的に好ましいのはアクアと感じました。直接視認しやすい位置にあるので、安心感が高いです。

これはドライブモードの切り替えもそう。アクアは見える位置にスイッチがレイアウトされているので使いやすいです。

アクア・シフトセレクターヤリス・シフトセレクター

特に、話題の快感ペダルを使うためには、パワーモードに変える必要があります。そんな関係からも、すぐ見える位置へレイアウトされているのは嬉しいです。

シフトセレクターは乗車すれば必ず触れる部分ですので、違いは大きい一方、多分どちらも慣れちゃうと思います。

操作感良好!これなら間違えにくいはず!

アクア・インパネ助手席側から補足としては、アクアのシフトセレクターは操作感に抵抗があって、重みがあります

よくある軽々しい感覚とは違ってずっしりしていますので、安心感もって操作できます。

ここ筆者の、お気に入りのポイントです。

3.内装が異なります

アクアのインパネ(クリックで拡大)

インパネ1・アクアインパネ2・アクア

ヤリスのインパネ(クリックで拡大)

インパネ1・ヤリスインパネ2・ヤリス

 

インパネで質感を感じるのはアクア。でもちょっと形状に個性を感じます。

またインパネが立派な代わり、ドアトリム(ドア内装)はそっけない。

アクア・インパネヤリス・インパネ

ヤリスはアクっぽさを感じないけど優先順位は低かったようなインパネ。代わりにドアトリムは凝った形状をしています。

アクア・ドアトリムヤリス・ドアトリム

敢えて差別化したような違いを感じなくはないですが、意外と面白い部分だと思いました。

なおドアトリムは、ヤリスがかっこいいですが握る場所を探しちゃったりします。

動画:アクアとヤリスの印象比較

試乗時の映像を合わせ、動画にしています。よろしければこちらもぜひ!


次のページに続きます!

次のページは「乗り心地やハンドリング」です。

アクア・ステアリングヤリス・ステアリング

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

サイト開設21年!最新記事が最良です https://mistake-car.com
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び 記事の転載はご遠慮ください