自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2022年記事 トヨタ

アクア(2代目)試乗評価「1」
特徴概要とボディデザイン

間違いいっぱいの自動車選び。2021年式アクアの試乗レビュー。

1ページ目です。

「特徴と魅力、ボディデザインに思うこと」

トヨタ
  • グレード:“X” 
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:209万円
  • デビュー年:2021年7月〜
アクアの内装1アクアの内装2

試乗車概要:アクア(2代目)

アクア・ボディデザイン・サイド

2021年にモデルチェンジした2代目アクアラグジュアリーとも感じられる乗り心地とハンドリングが魅力です。

ゆったり走行が気持ちよく、低速域で優れる乗り心地、さらに話題の快感ペダルを装備し、燃費はもちろん最高クラス!

進化の早いTNGAプラットフォーム

走行性能の部分で評価の高いTNGA。プリウス、クラウン、カムリからヤリスなどサイズや駆動方式に合わせて数種類が展開されています。

どれも同じような良さを感じて、一方で同じような気になる点も感じました。

ボディデザイン1で、アクアに試乗して思います。どんどん進化していると

アクアには、以前のトヨタ車が持っていた良さが戻ってきました!

ベースはレベルアップしているので、1段上のレベルで走行的質感を持ちつつ、トヨタらしいゆったり感

燃費良いクルマはどんどん増えてます。
そんな中で自分が、アクアの魅力として上げたいのが、こうした乗り味です。

試乗したアクア

ボディデザイン2

試乗したのは2021年式の2代目アクア「X」。車両型式はMXPK11

オドメーターが示す走行距離は6000km。
グレード「X」は主力グレード中では最もベーシック。

ACCついてLEDヘッドライト付いて、車両価格は209万円。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

クルマのキャラクター

アクア・走行中・夜間

高燃費コンパクトの代名詞的存在、アクア。運転すれば静粛性除いて高いまとまり。

ボディデザインは逆に、「攻めてる色気出してる」と感じる部分も強く、存在感が優先されているように思います。

ラグジュアリー感高い乗り味

ボディデザイン3

アクアは低速時の乗り心地が良いです。タイヤが柔らかく感じられ、基準空気圧も燃費優先ではありません(230・220kPa)。

乗り心地とバランスが取られている部分に、2代目アクアの方向性を感じます

「燃費は十分だから、快適性を高めていこう」。察するにそんな感じでしょう。

フロントシートもリアシートも同じ傾向で乗り心地良好。コーナーでも落ち着いた動きが好印象。乗りやすさも、あくびが出ちゃうほどイージー。
初めて運転した瞬間から体に馴染むハンドリングです。

身内のライバルはヤリス

ヤリスよりリアシート重視のデザイン

アクアはフロントシートでの圧迫感が強く、ヤリスはリアシートでの圧迫感が強い着座感。

ボディデザイン4

リアシートはアクアの方が広いです。乗り心地はどちらも異なる良さを持っていて好印象ですが、スペース的な違いがあります。

このあたり、ボディデザイン優先のクルマではないでしょうから、気になる部分。
アクアの運転席は、男性が座ったらちょっと窮屈。Aピラーやルームミラーが迫ってきます。逆にリアシートは身長180cm弱まで対応のスペース。

決め手はリアシート使う頻度でしょうか?わかりやすくキャラクター分けがされています。

価格的な魅力が高い!

アクアとヤリス、共にベーシックグレードです。

ボディデザイン5

左:アクアの内装 右:ヤリスの内装

アクアはLEDヘッドライト標準ですので、ヤリスハイブリッドとは実質的に同価格。それでいて、見える部分の質感はアクアが勝り、ボディサイズも大きく、乗り味にも重厚感があります。

見えにくい部分でコスト調整(バッテリー?)されているのでしょうけど、単純にお得!と感じるのはアクアです。

ボディデザインで思うこと

アクア・ボディデザイン斜め前

強く傾斜したフロントウインドーやルーフ形状から、空力的な良さを連想してしまうアクアのボディデザイン。

前面投影面積も小さそうですし、先代から続くコンセプトを感じます。簡単に言えば先代からのキープコンセプトモデルですね。
中身は新設計新開発のオンパレードなのに、外見は安心安定のアクアらしさ。

先代アクア比でいえば、全体的に丸みが増して、厚みも増して、優しい印象になりました。

アクア・ボディデザイン・斜め後ろ

サイドビューには遊び心も感じられ、ダイナミックなウエストラインが目を引きます。

ボディデザイン6ボディデザイン7

シャキーンと切れ上がったリアの窓ガラス。

視界が悪いなんて批判は百も承知、かどうかは知りませんが、強いインパクトを持って登場しています。

実用車でこのアプローチは悩ましい気もします。自分がお客でないからそう思うのかもしれません。実際にお金出すお客様の気持ちになれば、こうした個性も必要なのかと想像できます。

快感ペダルという言葉も合わせ、アクアの攻めてるポイントだと思います。

バンパー周辺のラウンド形状は、最近のトヨタらしい形状です。

ボディデザイン8ボディデザイン9

きっと空力的な効果も踏まえての形状なのでしょう。
上位グレードだとバンパー開口部の縁に、差し色が入ります。

ヘッドライト上部は、アイラインが惹かれたかのように、黒いラインが走ります。飛び出したデザインということもあり、質感を感じる部分です。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

アクア内装(夜間1)アクア内装(夜間2)

動画:アクア試乗レポート

トヨタ アクア

トヨタ

aqua (アクア)

  • 試乗グレード:“X”
  • ミッション:電気式無段階
  • 年式:2021y
  • 型式:MXPK11
  • 新車価格:209万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • エンジン型式:M15A-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4050×1695×1485mm
  • 車重:1120kg
  • 発売時期:2021年7月〜
  • 新車価格帯:198万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

アクア

MXPK11-M15A-FXE 1500cc 2021年〜
専用タイプ

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

グスングスンと体を揺する振動。質感という評価だと厳しい。

足回りの質感 5段階評価

質感は普通っぽくも乗り心地良好。タイヤの柔らかさも感じられる。

内装の質感 5段階評価

 

外装の質感 5段階評価

先代から続くアクアらしさは満点。細部で攻めている部分を感じる。

静粛性 5段階評価

エンジン停止中はまずまず。始動時はガマンの静粛性。

低速での乗り心地 5段階評価

目をつぶって運転すればアクアとは思えない、そんな乗り心地。良いです!

お買い得度 5段階評価

 





試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社