スイスポ試乗P1/辛口評価と評論

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > スイフトスポーツ(zc33)P1

(2018年記事 スズキ スイフトスポーツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

4代目・スイフトスポーツ試乗「1」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。スズキの4代目スイフトスポーツ(ZC33S)多くの評論家が高く評価するスズキのスポーティコンパクト。グレードは「スポーツのベーシック・6MTモデル」。通称スイスポ。2017年デビューの今回はターボエンジンを搭載しパワフル志向に。

スイフトスポーツ内装(インパネ)スイフトスポーツ内装(乗り込む時)
スズキ
  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2017年9月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - スイフトスポーツ「1-1」・概要とエンジン
  2. 分割page - スイフトスポーツ「1-2」・ドライビングフィール
  3. 分割page - スイフトスポーツ「1-3」・乗り心地など快適性
  4. 分割page - スイフトスポーツ「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - スイフトスポーツ「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - スイフトスポーツ「1-6」・細かな長所短所と演出
  7. 分割page - スイフトスポーツ「1-7」・他車比較と評価総合

試乗車概要:スイフトスポーツ

スイスポ・2017年登場モデル

4代目スイフトのスポーティグレードとして2017年に発売されたスイフトスポーツ(通称スイスポ)。ボディデザインは先代の面影を残しつつもひと目で新型とわかるデザインに変わり、内容的にもターボ加給エンジン搭載など特徴的な変更が行われている。

今度はコンパクトらしい方向性

運転感覚や内装のイメージは先代の上級車志向とはやや変わり、コンパクトらしさが強まった。それでも落ち着いたハンドリングなど高速域での走行を考えられている点はやっぱりスイスポ。ラフな操作を許容し、安直なクイック感やスポーティ感に振っていない
ちょっと運転したらつまらないと感じるかもしれない。それでもこうした辺りがクルマ好きユーザーや評論家に、変わらず評価されていると思う。

スタッフみんな好きです

当サイトスタッフは過去にコンパクトカーのスポーティグレードを多く所有。割高だけど絶対的に安価な、こうしたクルマがみんな好きなんだよね。
筆者も免許取って初めて購入したのは、古いスターレットターボ(EP82)。最近ではCR-Z、シロッコR、コルトラリーアート、FIAT500、デミオスポルトなど所有。それに試乗したフィットRSやヴィッツG'sなど含めた比較で、スイスポの印象や評価をまとめていきます。

試乗車の概要

フロント斜め試乗したのは2017年式スイフトスポーツ。ベーシックグレードの6MTモデル。車両価格は184万円で、上位グレードからは自動ブレーキを含む安全装備が省かれている。

オドメーターが示す走行距離は2万km。わかる状態としてはフロントタイヤが減ってきていた。このスイスポで5日間800kmほど走行。
試乗中はドライバー変えたり乗車人数変えたりと、条件変えつつ走らせ方も変えたりと試しました。また道は混雑する市街地から夜間の郊外路、ちょっとしたワインディング、高速道路と走ってきました。

特徴は気軽&豪快、まるでイタリアン系コンパクト

ヘッドライト試乗する前から予想していたのは、イージーで気軽な運転感覚。実際に運転すればハンドルもアクセルもクラッチも、予想以上にイージーだった。

普通に走れば、まとまりすぎて普通すぎ

イージーとは雑な操作でもギクシャクせず、フラフラせず、神経使わないという意味(ブレーキは扱いにくさあり)。特別なクルマという感覚はほとんどない。

一方でワクワク感とか刺激とか、ウォっと驚くポイントもクエスチョンという事実。市街地を普通に走っている限りは、普通にコンパクトカー。

アクティブに走れば真価を発揮

スイスポの凄さを感じたのは、急なレーンチェンジを試した後だ。リアの付いてくる感じが素晴らしい。それからタイトコーナーでハイグリップタイヤを感じられるほどに切り込んでいった際。やはりリアの感触が気持ちいい。

ともすれば「雑だ!危険だ!」こう思われるほど無造作にハンドルを切り込んだ時にこそ、スイスポの良さを味わえる。

イタリアのFIAT500もそうだった。丁寧な操作では重厚な運転感覚。ガシッっと切ればピタピタした反応。リアのブルンブルンも上手くまとめれば不快じゃない。よりハイレベルなアバルト500はこの特徴がもっと明確で、切れ味だけじゃない感覚の部分で安心感高い。

とにかく、ビシバシという運転が好ましいかという問題は置いておいて、こうした運転をしなければスイスポの良さは半分も味わえない。そう考えさせるほどリアが気持ちいい。

試乗:エンジンと加速感

搭載されるエンジンは「K14C」という型式。1400ccのターボ加給エンジンで、カタログスペックは140馬力、23.4kgm。

扱いやすくしかもパワフルなターボ付きエンジン

エンジンルームスイスポの特徴の中で、最もお手軽に味わえる魅力はこのエンジンだろう。強めの加速を試しただけで魅力が伝わってくるし、それどころか高速道路での高速巡航だって良さが伝わってくる

趣味性の高さや官能性能ならNA高回転型エンジンなのだろう。しかし「そんなエンジンは時代遅れだよ」と訴えかけてくるようだ。気持ちよさより加速力、趣味性より実用性。しびれる高回転が好きな筆者も、それは時代遅れだと認識するほど。それくらいスイスポのターボエンジンは欠点がない。

十分すぎる扱いやすさ

優れているのはまず扱いやすさ。よく言われるターボラグは低回転から小さく、ユーザーによっては気にならないレベルといえる。正確に表現すると、ごく低回転から大きくアクセル開けた際、一定のアクセル開度でも加速力が強まるポイントは確かにある。しかしその強まりは小さい。
急に加速力が変わる=アクセルレスポンスが変わるポイントは3000回転弱。市街地ではそれより低い回転数でも加速力はあるからポイントが目立たず、アクティブに走行する時は2500回転超をキープすれば目立たない。

過敏すぎないスロットル特性が高感度高い

また扱いやすさで重要なのは、ターボラグだけではなくスロットル特性。スイスポのスロットル特性はアクセル開度30%あたりまでがものすごく緩やかで、その先だってレスポンスを強調したタイプじゃない。多少ラフに踏んだくらいではジワッと加速。筆者は試乗初日はドライビングスニーカーを履いていったが、翌日からは普通のシューズに履き替えた。これで全然ギクシャクしない。

次に優れているのはパワー感。扱いやすい上にコーナー立ち上がりではタイヤを容易にブレイクされるパワー感がある。これは瞬発力が優れているということ。特性としても確かに上は詰まるけど、5000回転近くまでは高まりがある。

良くも悪くも存在感が薄い

この優れたエンジンを「素晴らしい」ではなく「欠点がない」と上で書いたのは、存在感が薄いから。実用車なら素晴らしいんだけど、スイスポはクルマ好きが指名買いする車種だと思っている。すると、速いエンジンを搭載しているコンパクトカーというだけでは、ちょっと寂しい。

扱いやすさの他にも例えばエンジンノイズ。静かな上に回転数による差が小さい。端的に表せば2000回転と3000回転に差がない。それから振動。極端に盛り上がるポイントがなく、常に少し。エンジンと対話する情報が希薄で、ドライバーはタコメーター頼りになりがち。

高い静粛性はターボの魅力のひとつ

質感という言葉で評価すると、コンパクトカー用エンジンとしてはビックリの上質感。このクラスでも良いエンジンを望むユーザーに向けたであろう新世代のエンジン、静粛性の高さも魅力。3000回転キープで巡航しても静かなコンパクトカーなんて今まであった?? 静かで振動少なく、扱いやすく、燃費も上々。日常での実用性だって高いからこそ、やっぱり新世代と思えるエンジンになっている。

絶対的な加速力

フロントマスクスイスポは速いのか?と問われば確かに速い。特に適正なギヤを選択肢ている状態でアクセルを踏み込んだ時、ドライバーが感じる瞬発力はやっぱりターボだからこそ。ちょっと踏んでアクセル戻す乗り方なら、相当速く感じるタイプだろう。

2速3速での高回転域はどうだろう。およそ最大出力を発揮し、最大の加速力が得られる場面だと思う。この時の加速力は体感的に2000ccエンジンくらいの感覚。気軽な加速力だけどよくよく考えれば2クラス上と同じに加速ということもできる。

これらから総合的な加速力はかなり高いのではないかと予想できる。一部スポーティなモデルを除けば、1つ2つ上のクラスとも絶対的な加速力で良い勝負ができると感じた。

鈍いタコメーターが残念すぎる

タコメーターエンジン回転を素早く上げると、タコメーターの針が付いてきません。せっかく経が大きくダイナミックに指針が動くタコメーターなのに、これはもったいない。

もっとも、タコメーターの動きは多くの車種で多少なりとも鈍いもの。このスイスポに限った話じゃない。ただちょっと、大きく遅れるというだけ。例えばライバル車のフィットRSもタコメーターが鈍かった。

スイフトスポーツ、メーター(夜間)スイフトスポーツ(インパネ)

ミッション、6MTは趣味性低い実用系タイプ

シフトノブ一口にMT(マニュアルトランスミッション)と言っても色々なタイプがある。単にギヤが変わればいい実用的MTから、シフトチェンジの度に喜びを感じられる趣味的MTまで。

スイスポのマニュアルミッションは実用的マニュアル。シフトチェンジに楽しみが感じられない反面、誰でも緊張せずに運転できるMTというのが特徴。

先代から質感が改善されたと宣伝されるが、根本的な部分は変わっていない。回転数合わせたらスッと入るとか、吸い込まれるとか、メカニカルな感触を味わえるとかそうした楽しみはなく、ギヤを変えるという義務的作業になりがち。

いつでも好きなギヤを選べるとか、高いダイレクト感という長所は確かにあるけど、それなら現在の多段ATだって素晴らしい。

イージーでMT不慣れな方にも最適

一方で、簡単に操作できてギクシャクしないという長所がある。慣れもコツも必要ない。アクセルやクラッチは相当ラフに扱わなければガッコンといかないし、クルマと対話など必要なく何速だってギヤが入る。さらにペダルやシフトの操作は驚くほど軽い。

筆者としてはおもちゃ感が強いMTとして残念に感じるものの、スイスポの入門的ポジションを考えれば、こうしたMTが望まれているのかもしれないね。

スズキ スイフトスポーツ
スズキ自動車

swift(スイフトスポーツ)試乗モデル

  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 年式:2017y
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:184万円

エンジン概要

  • 排気量:1400cc
  • エンジン型式:K14C

その他概要

  • ボディサイズ: 3890×1735×1500mm
  • 車重:970kg
  • 登場:2017年9月
  • 新車時価格帯:184〜199万円(スポーツ)
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

スイフト

ZC33S - K14C 1400cc 2017年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 評価5

スイフト用としては相当パワフル、しかも扱いやすい。さらに静粛性も高い。

駆動系質感 評価1

あちこちイージードライブ優先。6MTのフィールその他は趣味とは言えないレベル。

足回りの質感 評価3

バネ固めにショック柔らかめは好ましい。ただドカドカが強く質感としてはそれなり。

内装の質感 評価3

加飾少なめな一方で、パネル表面のシボは同クラス他車より立派。

外装の質感 評価1

先代で完成されたであろうデザインの面影を残して変化。感じるのはチグハクな未完成感

快適性 評価2

ターボ付きエンジンの静粛性は高い。

お買い得度 評価4

ライバルより惹かれる専用装備に立派なエンジン。安いというより割高に感じない価格。


乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。