トヨタ・ラッシュ比較評価・試乗レポート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2014年記事 トヨタ ラッシュ
著:ヒラリー男爵)

トヨタ・ラッシュ試乗「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはトヨタ・ラッシュ(J200E)グレード「Xスマートエディション」2012年モデル。2WD仕様です。

当ページは1ページ目です。「概要とエンジン質感」など掲載。

トヨタ
  • グレード:“X スマートED”
  • 年式:2012年式
  • 型式:J200E
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2010年07月〜
ラッシュの内装1ラッシュの内装2

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

希少な後輪駆動が魅力だけど、単純に後輪駆動だから良いってわけじゃない。筆者ヒラリー男爵、久々に楽しいって思えるクルマに出会えました。


  1. ここ - ラッシュ試乗「1-1」内装・車内からの見切り評価
  2. 分割 - ラッシュ試乗「1-2」エンジンとミッション・ハンドリング
  3. 分割 - ラッシュ試乗「1-3」乗り心地と静粛性
  4. 分割 - ラッシュ試乗「1-4」リアシートやラゲッジスペース、総評

試乗車概要:ラッシュ

ラッシュ01

トヨタ・ラッシュはSUVライクなエクステリアかつ、使える4WDで本格派なクロカン的内容も持ち合わせた1台。4WDモデルを選択すれば”センターデフ付きフルタイム4WD”が付いてきます。

BセグサイズのSUV

ラッシュのボディサイズは全長4m、全幅は5ナンバーサイズ。コンパクトでヴィッツやフィットと同じサイズ。日産ノートと比較すれば10cm短いほど。

このサイズで中身は縦置きフロントエンジンの後輪駆動。つまりFRだね。そしてミッションは4AT。ビックリです。知名度低く地味な存在というか、筆者も完全にノーマークでした。

一般的なトヨタ車と異なる魅力

特異な特徴はまだある。トヨタ・ラッシュはダイハツ・ビーゴと兄弟車。クルマ自体はダイハツ製であると思われ、エンジンも内装部品も、さらには車両形式さえダイハツらしさ満点。

だから普通のトヨタ車とは違った長所を持ってる。

新車時の価格は170万円。他の1500ccエンジン搭載コンパクトカーと比較しても高くない。特にベースグレードなら割高感はありません。

試乗したトヨタ・ラッシュ

エクステリア・フロント試乗車は2012年式(平成24年)トヨタ・ラッシュ。グレードは「X」2WD。ミッションは4AT。オドメーターに表示される総走行距離は約2万km。

市街地やワインディング、深夜の空いた郊外を試乗したり、ホームセンターショッピングに出かけたり、人気のスイーツショップを訪れたり、そんな日常的走行での使用感をまとめます。

テスターやアシスタントはドライバー含め一般人が3人。プロの評論家より率直な言葉で長所短所をお伝えできるよう心がけています。

日常での走行がとても楽しい、走りやすい!

最近のコンパクトカーって、「なんだかつまらない」とか「なんだか重ったるい」とか感じたことありませんか?

質感が上がり、ジェットコースターのように機械優先で走り、移動の道具としてのレベルは向上。その代わりちょっと動かすのが面倒。筆者はそう感じる事があります。

従来の日本車らしい楽しさ!

シフトセレクター道や制限速度は変わってないのに、必要なダルさを消し、走りにくいほどのカッチリ感が評価される。特にホンダやマツダは質感高い=高速走行向き、なんて方向性。

そんな中でラッシュは異質な存在。何しろ、制限速度内で走るだけで運転が楽しい!運転がラク!

何も後輪駆動だからイイってわけじゃない。ラッシュは接地感が感じられるだけの大きなタイヤを履くから意味がある。ステアフィールを楽しめる。

後輪駆動らしさは低速から感じられ、挙動変化の大きさは操っているワクワク感が満載。ダルなハンドリンクはダラッと走れ、さらにレスポンスいいエンジンで、思った通りの加速がイージーに。

ラッシュは上級コンパクトとしては非常にチープ。安っぽい乗り味は完全に昔ながら。しかしそのチープさを生かしたような乗り味が実にいい感じに。

乗ればわかるこの良さ。常に一台はこういったモデルが販売されていて欲しい!

同じような魅力を持つトールやルーミー

トヨタ

ラッシュの後(2017年)にデビューしたトヨタ/ダイハツ車のルーミー。単なる実用車のようでいて、実はラッシュと同じような魅力を持っている。

乗り心地はハード、静粛性など快適性は低く、内装質感も最低レベル。

そのかわりハンドリングとブレーキは走りやすく仕上がっていて、気持ちよく、無駄な神経使わずにラクラク運転が可能。あまりにも余裕がなく一生懸命なエンジンを除けば、十分に運転を楽しめます。

インテリア(内装)

内装1このラッシュはダイハツ・ビーゴの姉妹車。どっちがお姉さんかと問われれば、それはビーゴがお姉さん。

だからダイハツらしさを強く持つ。普通にダイハツ車って感じ。

そんな感じだからラッシュの内装、造形的にも材質的にも質感は軽自動車レベル。これは実車でなく写真でわかっちゃうね。ノッペリで奥行きのない造形、そこに派手で反射が強いメッキで加飾し、ミラの上級タイプと部品を共用してるような部分もあってそんなのが目立つ。

比較対象は軽トラック。ガマンできない場合はビニールシートで覆うこと推奨。

無駄に凝ってる余裕

内装2試乗したスタッフ皆が敏感に反応したのがエアコン吹き出し口の機構。無駄に凝っていて操作が面倒。

Bセグメントコンパクトカーだと質実剛健なコストダウンが基本。こんな部分もリッチな軽自動車を感じちゃう。旧世代的です。

そんな室内でも、場違いのように良いモノ感を感じるのがシート。グッド&クルマに合ってる。

シートが立派!

フロントシートだけでなくリアシートまで、一クラス上のシートがおごられている。柔らかなフカフカ系なんだけど、これがほどよく「面で体と接触」してくれる。
また少し運転したくらいでは、沈み込みつぶれすぎで乗り心地が悪化するなんて感じなかった。

背もたれの中央には弾力のあるランバーサポートみたいなものが前後シート共に入っているし、問題は高さ不足だけ。

表地のモケットが滑りにくい

クルマに合っていると思える部分、それはシート表地。植毛されているようなモケットタイプで、滑らず体をホールド。安定感低く挙動変化も大きいクルマだから、滑りにくいシートが特に役立つ。

サイズも大きめ。コンパクトカーでこうしたシートを採用するということは、有意義と無駄が紙一重。どうしても車内スペースは不足気味だから。

ドライビングポジションは欠点

シート運転が楽しいと言うことに関してはほとんどべた褒めのラッシュ、実はドライビングポジションに大きな欠点を抱えている。メーカーは百も承知だろうから、きっと妥協だね。

欠点といっても、街中を走るようなリラックスしたポジションだとなんら問題無い。近くに座るのは外から見てカッコ悪いと感じる方も、問題無い。

真面目な姿勢には座りにくい

問題は、優等生的まじめドラポジを取る場合。足を基本にドラポジを決める。繊細なペダル操作ができる位置にね。
そうすると、ハンドルが遠い。シートバックを目一杯まで起こしても遠い

ワインディングを走れないほど遠いから、妥協してシートを前に出すしかない。でもこれじゃタクシードライバー。

個人的には、プラス1万円でもテレスコピックが欲しいところ。あ、リアシートスペースとの兼ね合いかな。前に座れってことですね。

ラッシュのメーター(昼)ラッシュのメーター(夜)

視界・見切りは最良レベル

立ってるAピラー、近いフロントガラス、スクエアなボディデザイン、さらには水平貴重なインパネ上部と、取り回しで大事なポイントが全て揃ってる

Aピラー1Aピラー2

ついでに乗車位置が高いから、見晴らしもいい。弱々しく古ぼかしいエクステリアのメリットは見切り良さにあった。

実際に運転すればリアに背負ったタイヤが気になるときもある。リアウインドーから出っ張ってますから。でもそんなの些細な問題。狭い場所で優れた取り回し性、ボディやタイヤ位置の見切りの良さ、これでこそコンパクトカーの意味がある。

助手席側に付けられたサブミラー、試乗時、これの意味を見つけることは出来なかった。なんちゃってはカッコ悪い。取り回し性が優れているから許しますw。

トヨタ ラッシュ

トヨタ

Rush (ラッシュ)

  • 試乗グレード:“X スマートED”
  • ミッション:4AT
  • 年式:2012y
  • 型式:J200E
  • 新車価格:170万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式:3SZ-VE

その他概要

  • ボディサイズ:4005×1695×1690mm
  • 車重:1160kg
  • 発売時期:2010年07月〜
  • 新車価格帯:165万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ラッシュ

J200E - 3SZ-VE 1500cc 2012年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

燃費重視系エンジンにはないレスポンス。

駆動系質感 5段階評価

4AT、エンジンブレーキがリアに掛かるだけで全然印象が異なる。

足回りの質感 5段階評価

柔らかめではあるんだけどね。

内装の質感 5段階評価

平面的な造形で安っぽいデザイン。

外装の質感 5段階評価

SUVやクロカンぽさを考えてみる。

お買い得度 5段階評価

コダワリのメカニズム、目立つコストダウン、個性派だから気にしない。



見切りも取り回し性も合格点。コレでこそコンパクトカー!



ドアハンドルはもう少し剛性があるとクロカンぽさを感じられる。


リアシートの収納はダブルフォールディングタイプ。前方に倒して、さらに倒して固定する。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です