「ソリオ」試乗レポートP1/辛口評価と評論

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2014年記事 スズキ ソリオ
著:ヒラリー男爵&桃花)

スズキ・ソリオ試乗「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はソリオ。軽自動車以上コンパクト未満という独特のポジションが魅力。スズキ・ソリオ(MA15S)。グレードは「Gリミテッド」(特別仕様車)

軽自動車プラスちょっとのボディサイズで、想像しがたいほど広い室内空間の持ち主。お値段だって常識的な範囲内。そんな特徴を持つソリオの試乗感想文です。

ソリオ内装1ソリオ内装2
スズキ
  • グレード:“XG”
  • 型式:ZC72S
  • 車両価格:124万円
  • デビュー年:2010年9月

※内容は辛口評価です。試乗時にチェックしたいポイントを掲載!

  1. このpage - ソリオ「1-1」概要と内装、エンジン、ミッション
  2. 分割page - ソリオ「1-2」乗り心地や静粛性、コーナーリング特性
  3. 分割page - ソリオ「1-3」リアシート居住性と快適性
  4. 分割page - ソリオ「1-4」運転しやすさ、コストパフォーマンスと評価総合

試乗車概要

フロントマスク

スズキのワゴンRの兄貴分的存在がこのソリオ。以前はワゴンRの名を使っていましたが、先代からネーミング的に独立。今回はプラットフォームも別になったといわれます。

ワゴンRの印象を強く持つソリオは、軽自動車とコンパクトカーの中間的なボディサイズで、驚くほど広い車内スペースを特長とするクルマ。エンジン排気量は全グレードで1200cc、ミッションはCVT

ボディサイズと車内空間のバランスは、現時点では驚異的なレベル。スペース効率の高さは最高クラスです。また後席ドアは両側スライドドアという特長も持ち、左側は電動スライドドアが標準装備。

ソリオなら小さいクルマだって狭いのはイヤ、便利でラクな移動手段が欲しいという希望に応えてくれます。

試乗車は総走行距離8000km。平成25年式のソリオ・Gリミテッド。Gリミテッドは特別仕様車で、ベースグレードの「G」にエアロ風フロントバンパー、サイドステップ、専用シート表皮などが追加されています。

室内広い!そして絶妙なポジショニング

「車内が広い」というのがソリオ最大の長所。ボディサイズ全長は「全長3710mm」で、これは標準的なコンパクトカーと比較すれば約20cmほど短く、同世代のスイフトと比較すれば14cmほど短い数値。とにかくショートな訳です。
しかし室内スペースは異なります。スイフトが四畳半個室だとすればソリオは十畳リビング。スイフトみたいな窮屈さはありません。

ソリオのボディサイズ横幅は「全幅1620mm」。標準的なコンパクトカーと比較しておよそ8cm狭い。でも横方向の狭さは感じさせません。車内は前後でウォークスルーが実用的に利用できるし、リアシートでも幅の狭さが気になるのは最小限。外側の足が窮屈なフィットより印象イイくらい。

ボディサイド

全長3710mm、全幅1620mmというボディサイズは、軽自動車以上コンパクト未満。内容的にも軽自動車以上コンパクト未満というまさに絶妙なポジショニング

車両価格は138万円〜となっていて、ベースグレードを狙えばワゴンRやパレットなど軽自動車と比較して割高感を感じにくい価格。138万円の車両価格で、軽自動車からみれば別格といえる走行感覚だって大いに魅力
逆に主流のコンパクトカーからみれば、同価格帯で内容は一段劣るわけだけど、そこは電動スライドドアの魅力でカバー。

本当はスイフト並みの走行質感を持っていれば最高だけど、これで商品として納得。パレットのお客さんを取っちゃうだけの魅力は十分!試乗してどんな感じかは以下じっくりと。

試乗・内装、インパネ質感

内装1内装2

試乗ということでドアを開け、車内を覗きつつ乗り込んでみる。わかりやすい良さを持ったクルマだと、この時点でおお!と、心がときめく。
しかしソリオにそんなときめきはない。普通に軽ハイトワゴンの延長線上といった感じ。

これは質感が低いといってる訳じゃない。よく見れば全然立派。素材感がイイ!

インパネ周辺の内装パネルには、どこもシボ(模様)が付いている。梨地部分はハザードスイッチくらいとかわずかな部分。造形デザインは多少なりとも立体感が表現され、ノッペリ感をそこまで感じない。
メーターパネルはワゴンRなどでお馴染みのタイプ。十分立派。メーターはそもそも軽自動車がリッチ過ぎ。

スクエアに近いボディタイプは見切りの良さに期待

走行中の見切りを考えると、大きくそして角度が立ったフロントウインドは運転のしやすさが想像出来るし、着座位置も考えれば速度感低くゆったりした走行感覚が想像出来る。

こういったクルマ、気軽に運転出来て好ましいと思います。どっちがセカンドカー?状態になるかも。神経使うクルマって出番少なくなりがち。

そんな良さがある分、着座位置とインパネの関係は一般的な感覚と異なる。例えばメーターやエアコン操作部への視線移動が大きめ。試乗時にはチェックをぜひ!視界や速度感、リアシートについての話題は後述。

試乗・エンジン質感と動力性能

ソリオの車重はベースグレードで1000kg。ミニバンルックな外見から想像するより軽量と感じますが如何です? エンジン排気量は1200ccでミッションはCVT。

加速感はこんな感じ

ソリオは着座位置が高く、フロントガラスが大きい。そして車内の静粛性もスイフトより重視されている印象で、速度感が弱い。つまり実際の速度より遅く感じやすいクルマ。ゆったり感強く、加速感は低い。

速度メーターをチェックしながら加速減速してみれば、パワーに余裕がなく回転数変化が慌ただしい。どれくらいかといえば軽ターボくらいの感覚。

ソリオの車重1000kgというのは、一般的なコンパクトカーと同レベル。それを考えると発進からもうちょっと元気に走って欲しいところ。またCVTのキャラクターが強く燃費重視なセッティングで、走行中からの再加速も穏やかでパワー感はない。

エンジン長所短所

エンジンルーム

エンジンのフィーリングで長所は、電子制御スロットルの欠点が気になりにくい点。アクセル操作に対する反応が丁度いい。それからタコメーターのレスポンスが良く、小さな動きにも反応。これが実際以上に気持ち良いエンジンを演出してくれる。

例えばフィット1500ccなど良いエンジンといわれるクルマが、動きの鈍いタコメーターで損をしている事が多くある。

それから、特に車外で聞こえるエンジンノイズがマイルドな点も長所。夜間に走行される方には重要なポイントでしょう。ソリオならご近所さんフレンドリー。

エンジンのフィーリングで欠点は、低回転トルクが予想以上に小さく感じる点。有効トルクは2500回転あたりから。CVTがトルクの薄い領域を使おうとするから気になる。ソリオの「K20B」というエンジンが悪いのか、CVTの特長なのか、他車1300ccとの差を感じられるのが残念。

ミッション(CVT)の印象

シフトセレクター

ソリオのミッションはCVTという無段階変速機。CVTってどんなモノ?といえば、実際には200段変速とか超細かいステップで変速するミッションらしい。超多段だからドライバーの感覚的に無段階。

CVTの特徴は超多段化によるワイドレンジを始め、エンジンパワーが有効に使え変速ショックも小さい。欠点としての特長にはドライバビリティの悪さが挙げられる。ソリオもこの特徴をだいたいそのまま持っている。

長所と短所

まずワイドレンジ。低速からの加速で力強さはそのままに、高速巡航中のエンジン回転数を下げる事ができる。ソリオの巡航エンジン回転数は低く、市街地では1200回転巡航などを可能に。排気量からすればギリギリの低回転だというのが想像出来る。燃費と静粛性に貢献。

次に変速ショック。ソリオでは昔の4ATみたいに「ガコン!」というショックはない(良く出来たトヨタのCVTと比較すれば「コックン」という感触はどこからか)。

そしてドライバビリティ。速度上昇とエンジン回転数の上昇がリンクせず、アクセルペダル開度ともリンクしないため、踏み込む量、速度、回転数に神経を使う。
ソリオでは停止からの日常加速は、速度と回転数がリンクして上昇。トルク感ないけどドライバビリティはイイ。

アクセル開度によって変わる変速

巡航中からの軽い加速では、第一段階で回転数が上がり、第二段階で加速を始める。回転上昇と体感する加速感に差が生じるから、加速不良とか加速しすぎといった事が起きる。

アクセル全開にすれば5000回転〜6000回転をキープして最大加速。エンジンパワーは生かせるけど気持ち良くはない。

CVTの味付け(プログラム)はモデルによっていろいろ。試乗時に気にならなければ後は慣れちゃうから大丈夫だと思う。試乗時に気になったら、もう一回試乗して見た方がいいと思います

ソリオのメーター(夜間)ソリオのメーター(昼)

CVTの「Sモード」は走りにくい、LレンジでGo!

ソリオのCVT、前進モードは計4つ。この「G」というグレードにホールドモードはなし。「D」と「L」それぞれでSモードに移行できる。スイッチはシフトレバーの親指部分
クネクネが続く道とアップダウンがある道で「Dレンジ一般」以外のモードを試してみた。今回は短時間だけね。以下、簡単に走りやすさをチェック。

  • Dレンジ
  • Dレンジ・Sモード
  • Lレンジ
  • Lレンジ・Sモード

結果、筆者ヒラリーが走りやすかったのはLレンジ。有効トルクを発生するエンジン回転数をキープしようとしてくれ、回転数の変化も穏やか。逆に走りにくかったのはSモード。変速スピードが上がっているようだけど、アクセル緩めた際の挙動が唐突すぎて気持ち良くない。う〜ん、試乗中余裕があったら試してみてね。

スズキ ソリオ

スズキ自動車

SOLIO(ソリオ) 試乗モデル

  • グレード:“Gリミテッド”
  • 型式:MA15S 年2012年式
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:140万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:K12B

その他概要

  • ボディサイズ:3710×1620×1765mm
  • 車重:1000kg
  • 登場 : 2011年1月
  • 新車価格帯:138万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」と「桃花」がお届けします。
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ソリオ

MA15S - K12B 1200cc 2011年〜
46B24L

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

タコメーターのレスポンスがいい。これだって重要な部分。

駆動系質感 5段階評価

CVT、たまにイヤな感触が出る。

足回りの質感 5段階評価

F普通、Rダメダメ。平均すれば星2つ。

内装の質感 5段階評価

梨地ではなく、目に付く多くの部分がシボ加工されている。

外装の質感 5段階評価

背が高いと立派に見えちゃう。

快適性 5段階評価

静粛性やや良、乗り心地普通、揺すられ感強い。

お買い得度 5段階評価

ベースグレード限定で、軽自動車よりお得感高いと思う。



試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。