スイフト試乗P1/辛口評価と比較

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2018年記事 スズキ スイフト
著:ヒラリー男爵)

スイフト(4代目)試乗レポ「1」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。スズキのスイフト(ZC83S)、2017年デビューの4代目スイフトです。グレードは「XL・CVTモデル」。豊富なラインナップの中で1200ccエンジンとCVTが組み合わされるベーシックタイプの装備充実グレード。

スイフト内装(インパネ)スイフト内装(乗り込む時)
スズキ
  • グレード:“XL”
  • 型式:ZC83S
  • 車両価格:146万円
  • デビュー年:2017年1月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - スイフトスポーツ「1-1」・概要とエンジン
  2. 分割page - スイフトスポーツ「1-2」・ドライビングフィール
  3. 分割page - スイフトスポーツ「1-3」・乗り心地や静粛性など快適性
  4. 分割page - スイフトスポーツ「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - スイフトスポーツ「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - スイフトスポーツ「1-6」・細かな長所短所
  7. 分割page - スイフトスポーツ「1-7」・他車比較と評価総合

試乗車概要:スイフト

スイフト・2017年モデル・内装

2017年に登場した4代目スイフト。スズキの代表的な普通小型車で、かつスズキの上級車種として存在するクルマ。エンジン&ミッションには豊富なバリエーションが用意され、様々なユーザーに対応していると同時に選ぶ楽しさを与えてくれている。さらに今回はバレーノ&イグニスという近い存在のモデルも用意されているので、このスイフトがどんなクルマか興味をお持ちの方も多いと思います。

ボディフロント斜め試乗してみれば、知ってるスイフトじゃないですw 先代スイフトとは真逆の特徴を持っていて、同じのは車名だけといっても過言じゃない。

先代スイフトは柔らかく超が付くほどマッタリしながらも、走りやすさまで気配られたようなクルマだった。内装デザイン含め上級志向。
今度のスイフトは山道でのキビキビ感が長所。一般道では固くハンドリングも多少のクセは目をつぶり、その分スポーティグレードかと間違えるほどの特徴を持つ。全体のイメージも軽快で身軽なイメージ。

新しくなったという車体はハード的に進化しているのハッキリ感じられる。スズキの上級車種として装備も充実。にも関わらず車両価格はライバル車より抑えめ。さらには軽自動車と比較しても、一時期は追いつかれそうだった質感の差を、また離した感じ。

味付けはベーシックというほどベーシックじゃない。でもこの乗り味が気に入ればとっても魅力的です。

試乗車の概要

試乗したのは2017年式スイフト。グレード「XL」。ベーシックグレードの装備充実版で、人気だろうと予想できるグレード。エンジンは通常の1200cc、ミッションはCVTで車両価格は146万円。最廉価グレードの「XG」から装備の優れるスイフトだから、この「XL」はかなりの充実装備。装備からするコスパは高い。

オドメーターが示す走行距離は約5000km。最近のクルマとしては最も美味しいところと思われる。このスイフトで開けた幹線道路を中心に高速道路、市街地、田舎のクネクネ道を走行してきました。

特徴は超キビキビ系コンパクト

ボディリア斜め試乗して最も強く感じるのは”超”キビキビ系という乗り味。先代スイフトが”超”コンフォート志向だったのからみればまさに真逆。

「味が濃い」という特徴は変わらずも、ほんとビックリするほどの方向転換。なにしろ試乗したのはミッションがCVTの普通のグレード。この上にはRSはあるしスイスポはあるし、ミッションだって自動MTのAGSはあるしステップ6ATはあるし。もっと普通におばちゃん向けで良いような気もするほど、ターゲットを絞っているように感じられる。

新しく立派になったボディやシャシーは、立派になった分を走行性能に割り当てられた感じ。タイヤは16インチと大きいしサスペンションも固い。一昔前だったらスポーティグレードでしょ?みたいな。お味は妙に軽く、妙にカッチリ。素晴らしい場面もあれば、雨の日風の日は過敏がよく目立つ

エンジンとミッションは先代同様と思え、CVTの変速フィールなどは旧世代感らしさが強い。率直に言って加速フィールや変速フィールは他のグレードで期待したい。
約40万円ほど高価なスイフトスポーツ(通称スイスポ)と比較すれば、スイスポは1400ccターボ付きエンジン。速さだけでなく質や快適性でも大きな差がある。快適性やハンドリングはスポーティという方向は一緒でも、味は全く異なる。乗り始めから走りやすく、常にイージードライブなのはスイスポの方。

そうはいってもこのスイフト、クネクネ道での身のこなしはすばやく、走行ラインはスポーティグレードと同じに考えて走った。ステアリングでの緊急回避能力も高い。チョイノリでのスポーティ感はもしかしたらスイスポ以上かもしれないし、比較の対称となる事にビックリでしょう。

試乗:エンジンと加速感

エンジンルーム搭載されるエンジンは「K12C」という型式。排気量1200ccで、カタログスペックは91馬力、12.4kgm。先代スイフトに搭載されていた「K12B」と出力スペックは同数値で、圧縮比が12.0から12.5に高められている。

従来ながらの加速感

多少の改良が行われたらしいこのエンジン、試乗すれば大きな違いは感じられない。どちらかといえば軽量ボディにより踏み初めのモッサリ感が軽減されたような印象。

先代スイフトの世代では、ライバル車のエンジンが非常にガサツだった関係から、スイフトのエンジンが発する滑らかな音質は質感を感じられた。しかしこの世代ではヴィッツやデミオのエンジンが大きくレベルアップしたことにより、立場逆転。スイフトのエンジンはどことなく旧来的な印象を受ける。
加速力という面でも、フィットは相変わらず力強さを感じさせるから、現時点での評価は低くなる。

振動の高まりは小さい

ステアリング表面質感という評価で重要な「振動」。このスイフトではアイドリング時の微振動が目立つ。一方で通常走行中とか、回転を上げた時に起こる振動の高まりは目立たない

振動の盛り上がりが少ないと快適なのか?路面からの振動と比較してみる。実のところこのスイフトは走行中、路面からの入力でフロアのブルブルが気になる時がある。

しかしこれはドライバーの判断を迷わせるほどじゃない。これがアクセル操作によって振動が盛り上がったり、その振動でどこかが共鳴したりするクルマの場合は、ドライバーがネガティブな判断をしなけらばならなかったりする。アクセル開けるのを控えたり戻したり、逆に一気に踏み込んだり。思い通りに加速できなきゃ疲れちゃう。

ということで、アクセルワークに応じた振動変化が目立つクルマの方が不快感が高いと感じる。

話は戻ってスイフト。アイドリングの微振動は気になる。AC(エアコン)をOnOffしたりシフトポジションを変えてみたりしたけど、満足できるところまでは変わらなかった。国産コンパクトカークラスでは仕方ない部分かもしれないけど、やはり安っぽさを感じる部分。アイドル回転数をほんのちょっとだけ上げてくれれば良さそうなものだけどね。

CVTのフィーリング

シフトセレクター今や加速感といえばエンジンよりCVT次第という時代。CVTの印象で受ける印象は大きく異なる。そしてスイフトのCVTは旧世代的。先代の時と同じ短所が気になるし、全体的なキャラクターもよく似ている。

端的に表現すればちょっと古ぼかしい。だからスイフトの加速全体が古ぼかしくなっちゃうという。

具体的には、回転数の変化=変速が先行するタイプ。第一段階で回転数を上げて、第二段階で加速を開始。という部類なんだけど、そこまで割り切られていない。ゆっく〜り変速をしながら、じわ〜と加速を始める。と、つまるところのどっちつかずになってしまっている。ここに強いモッサリ感がある。

また全開加速中は、低速時は徐々にエンジン回転が上がり、メーター読み100km/hを超えた辺りで6000回転キープで加速するようになる。

特徴というより欠点といえる部分が2つ

加速から巡航に移る時にゆっくり回転が落ちてくるんだけど、その時に「ヒューン」と気になるノイズが聞こえてくる。

それと発進加速時、雑にアクセル踏むとカコンというノイズと共に車体がギクシャクし、前に飛び出るような挙動を出す。なので一瞬クリープで発進してからアクセルを踏むという操作が必要。

なお試乗した車体は新車に近いクルマだったから、メンテナンスに起因する欠点ではなさげ。

総合すれば

先代と変わらないフィーリングは旧世代的。それでも先代の時はどこもかしこもコンフォートな味付けで統一されていたからマッチングの高さが感じられた。

今回はCVTと全体の走行感覚がマッチしていない様子。気になるなら上位グレードに別のミッションが用意されている。バリエーションは豊富にステップ式6ATがあればシングルクラッチ自動MTのAGSもある。

今やミッションがクルマに与える印象はエンジン以上に大きいから、購入後にハマったとならないよう、気にしてみて下さい。

スイフトの内装インパネスイフトメーター(夜間)

スポーティなメーターデザイン

メインメーターメインメーターにはダイナミックなタコメーターと、スタティックなスピードメーターが組み合わされる。

メーターって目盛りが大きいほどダイナミックに上下する。一方で目盛りが細かいほど小さくゆっくり動く。スイフトに当てはめると前者がタコメーターで後者がスピードメーター。タコメーターを見てね!という感じが気分上々。速度より瞬間的、感覚的に即座に認識できる。
筆者が思うのは220kmスケールがスポーティじゃなくて、この視認性の差にスポーティを感じる。

マツダだとデミオなどで、センターにタコメーターがレイアウトされ、デジタルのスピードメーターが組み合わされるデザインがある。比較すればこちらはより個性が強い。好みを省いて評価すればスイフトの2眼式が高級感で一歩上かな。

スズキ スイフト
スズキ自動車

swift(スイフト)試乗モデル

  • グレード:“XL”
  • 型式:ZC83S
  • 年式:2017年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:146万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:K12C

その他概要

  • ボディサイズ:3840×1695×1500mm
  • 車重:860kg
  • 登場:2017年1月
  • 新車時価格帯:134〜168万円
    (スイフトスポーツ除く)
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

スイフト

ZC83S - K12C 1200cc 2017年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 評価2

音質滑らかで振動の盛り上がりも感じないけど、少々古ぼかしい印象。

駆動系質感 評価1

CVTは先代と変わらない特性で古いフィール。特性もクルマに合っていない様子。

足回りの質感 評価3

絶対的に固いから悪い部分が目につく。コーナーでのバランスは高い。

内装の質感 評価4

コンパクトらしい軽快感と高い質感。素の素材感が立派。

外装の質感 評価1

ビューティフルなんとかってCMしてるけど、残念ながら安っぽい。

快適性 評価2

乗り心地や静粛性に得意な部分はあるにせよ、きつい部分がかなり厳しい。

お買い得度 評価5

装備や内容をコスパで評価すれば、現時点での評価は最上級。



乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。