自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
HPヘッダー画像

2018年記事 スズキ スイフト
著:ヒラリー男爵

スイフト(XL)試乗「2」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。スズキ・スイフト(4代目ZC83S)CVTモデルの試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「コーナーリングや直進性など運転感覚」を掲載

スズキ
  • グレード:“XL”
  • 年式:2017年式
  • 型式:ZC83S
  • 車両価格:146万円
  • デビュー年:2017年1月
スイフト内装(インパネ)スイフト内装(乗り込む時)

「XL」は1200ccエンジンとCVTが組み合わされる中で、装備充実グレードです。


  1. 分割 - スイフトXL試乗「1-1」概要とエンジン
  2. ここ - スイフトXL試乗「1-2」ドライビングフィール
  3. 分割 - スイフトXL試乗「1-3」乗り心地や静粛性など快適性
  4. 分割 - スイフトXL試乗「1-4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - スイフトXL試乗「1-5」内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割 - スイフトXL試乗「1-6」細かな長所短所
  7. 分割 - スイフトXL試乗「1-7」他車比較と評価総合

スイスポは別ページ!スイフトスポーツ試乗レポート

比較まとめ!2019コンパクトカー比較

試乗:ドライビングフィール

スイフト・2017年モデル・走行感覚

市街地より郊外、一般道より高速道路、速度が高い時に良さを見せるスイフトのドライビング感覚。コンパクトカーのベーシックグレードとは思えないほどに高速走行時のドライバビリティが重視されている。

軽自動車との違いは明確に

フロントタイヤ初代ヴィッツや初代フィットのデビュー時、コンパクトカーはブームと言えるほど盛り上がり、完全に市民権を得たと思う。

1クラス上と変わらぬ実用性を持つようになり、ボディデザインからも所有満足度を満たしてくれるように。

しかしその後は、軽自動車ブームがやってくる。

フィットがカローラを食べちゃったように、今度は軽自動車に食べられるコンパクトカー。売れれば価格上昇、質感も上昇。軽自動車は立派になり、コンパクトカーの存在意義を考えさせられたほど。

軽じゃなくてスイフト!明確な差!

そして今度の4代目スイフト、軽自動車を引き離すだけの実力を持って登場。軽自動車ではなくスイフトを選ぶだけの魅力があり、大きな差がある。

車体がレベルアップし、キャラクターの方向性もより長距離、より高速な走行に最適化。比較といわずも試乗すれば一目瞭然。良い言葉じゃないけど明確な上下関係。
それでいて車両価格は同価格帯だから、好みを無視しても積極的に選ぶ意味がある。

市街地や雨の日、風の日はちょっと苦手

従来のコンパクトカー的な役割は軽自動車に移っているように思う。特にスズキとホンダはそれが強い。するとコンパクトカーは長距離走行を重視、となるのは必然の流れ。

そこで今回のスイフト。市街地レベルの走行では今ひとつ

どこが?というとクルマがヒョコヒョコしやすい。機敏で正確なハンドリングは好ましい方向性だけど、ハンドルは軽すぎ、フロントサスは減衰力低すぎ、こうなると受ける印象は”過敏”です。

運転中にエアコン操作したい時もあればジュース飲みたい時もある。周囲の安全確認に全力を向ける時だってある。さらに路面の影響。それら総合して過敏な特性。

合わせてブレーキや乗り心地なども、市街地向きではない印象。

雨風に弱い

ヘッドライト「神経質な部分は腕でカバーしてやるぜ!」そんな心意気があれば、天候がいい日は無問題。

だけど実際は、雨の日があれば風の日もある。そんな時はやっぱり過敏。フラフラするしコーナーリング中も影響を受けやすい。

「風が強いから仕事休みます(^o^)v」なんて無理でしょー。日常の足となって欲しいクルマ、様々なユーザーが運転するクルマと考えれば厳しいかなと。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

速度が高い時に良さを感じるハンドリング

ステアリング上位版のスイフトスポーツが「多少のクセはありつつ、どこでも走りやすい」のと比較すると、「クセはないけど走りにくい時がある」のがベーシックなスイフト。

そんなベーシックなスイフトが得意なのは速度を上げて走れる道。意外にも!?ここがスイフトの真骨頂。

速度にして70〜80km/hくらいだろうか、市街地では過敏に感じたハンドリングも反応が抑えられてきて、また沈みやすいフロントサスが適度にダルな反応を示し、運転しやすくなる。

クルマの良さがわかりやすい

フロントサスが動いてから曲がるタイプだと、コーナーでモッサリしちゃう。スイフトではそう感じないバランスが好ましい。
そして「フロント沈みます!」「曲がり始めます!」と挙動をわかりやすく伝えてくれるのが走りやすい要因。ここがやっぱり新世代。

コンパクトカーや軽自動車でよくある、いつの間にかロールしていつの間にか曲がってというダラダラとは違います。

ワインディング(クネクネ道)を走行すると?

シフトせくれたー味付けなど含めて素晴らしいのが、クネクネ道でのコーナーリング感覚。もうね、スポーティグレードのノリ。というかスイスポより分かりやすいスポーティ感かもw

内側を向こうとするチカラが強いのは、例えばコーナーリング中にブレーキを掛けてみるとよくわかる。内側に巻き込むチカラが強いって珍しい。ブレーキ踏んでハンドル切れば「これタイプR?」みたいな感触。

といってもキビキビしすぎのスポーティ感ではないからご安心を。もう少し大人。

S字コーナーでは、中央の切り返しがもっとも神経を使う部分で、通常ドライバーが意図的にタメを作り挙動を抑えて走る。そして車ごとに異なるそのタメに合わせ、ラインや加速減速を考えて進入する。無意識にも誰もが行っていることだと思う。

神経使わず快適な切り返し

ヴィッツやフィット、デミオでは神経を使わなければ滑らかに走れない。それがこのスイフトでは容易に滑らかに走れる

神経使わず、というか予想よりすばやく切り返せてラインを余らせてしまうほど。高いバランス感や固いリアサスによってボディ後部のグラグラを考える必要がないからラク。

普通にコンパクトカー、でも現状ではハイレベル

スイスポと比較すると、スイスポが「フロントかっちり、リア動く」のに対しこちらは「フロント動く、リアかっちり」。アプローチは違えど付いてくるリアが気持ち良いのは一緒。
コンパクトカーとしては異例な、好ましい味付けだと思う。

その分リアシートの乗り心地はハードなんだけど、リアシート使わない人にピッタリじゃないかな。

試乗:ボディ見切りと視界、取り回し

運転席からの左斜め前、右斜め前の視界。スイフトのフロントガラスは比較的立っていて、Aピラーはドライバーの近くにあるなど、見切りや視界の条件的には良さげ。

Aピラー左Aピラー右

※写真はスイスポです。

しかし実際には、そうでもなかった。期待が高すぎたのかもしれない。試乗したあとで冷静に考えれば、コンパクトカー内で比較して、ちょっと良いくらいだろうか、並レベル。

理由は、Aピラーが思ったより太い。特に根本付近はゴツい。それでもAピラーがもっと遠くにあって3角窓の付いたタイプと比較すれば、スイフトの方が運転しやすい

前方と左斜め前の視界と見切り

斜め前の視界1斜め前の視界2

スイスポはここも、まずまず良いねという評価。並です。ボンネットは多少見えるけど、感覚は普通に取りにくい。助手席側前方もドアミラーで寄り具合を確認しながら寄せる事になった。

ワンモーションフォルム(ボンネットからルーフまで一体感が高い)と呼ばれるボディデザインは、見切りが悪い。つまりギリギリまで寄せるには神経を使う。

スイフトはフロントノーズが独立した2BOXタイプの形状。車両感覚の取りやすさは期待したレベルに達していない。ならばもっと洗練されたボディデザインを...なんて思っちゃう。

その他視界に関して

斜め前の視界3

ドラミラー周辺。着座姿勢によっては気になるかもしれないのが、ドアミラーとボディの隙間。せっかくフローティング形状なのに、筆者のドラポジではこの隙間が機能しなかった

フィットでは歩行者が死角に入り不安を感じることがあったが、スイフトではそのような事はなかった。

ただデザインの際は優先して欲しい部分だとは思う。気軽な使いやすさは、実用コンパクトに強く望む部分。

斜め後方の視界1斜め後方の視界2

画像左:車線変更時に目視する時は、問題なく視界が確保されている。写真では助手席シートが邪魔だけど、試乗中に死角が気になることはなかった。

画像右:スイフトでよくいわれる斜め後方の視界の悪さ。Cピラーが太いのが理由らしい。シートのホールド性が高いスイスポでは大きく体をひねることはなかったけど、ベーシックなスイフトでは簡単にここまで視線を向けられる。するとやっぱり、視界は悪い。知らない場所でバックする時に気になるかも。

スイフトの内装インパネスイフトメーター(夜間)

試乗:アクセルやブレーキの操作性

ペダルレイアウトフロア

ペダルのレイアウト、如何にも小さなクルマという窮屈感があった先代からは改善。足とペダルの設置角度が変わったのか、かかとを置く位置が変わったのか、違和感を感じないレベルになった。

フロアのカーペットを触ってみると、窪みのように凹んでいる部分がある。もしかしたらこんな小さな改良で改善したのかもしれない(先代は未確認)。

アクセルやブレーキの特性、アクセルは筆者の好みではなく、好ましいフィーリングではなかった。けどこれはCVTのキャラクターと予想。CVTはイマイチでもスイフトのミッションは豊富に用意されている。

ブレーキの特性もまた、ベーシックグレードで16インチサイズのタイヤという面から期待度は高いけど、フィーリングは並。女性でも軽く踏み込め、スコンと沈み込むノーズでブレーキの反応を伝えるという、よくある一般的なタイプだった。

スズキ スイフト

スズキ自動車

swift(スイフト)試乗モデル

  • グレード:“XL”
  • 型式:ZC83S
  • 年式:2017年式
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:146万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

Aピラー左
Aピラー右

斜め前の視界2
斜め前の視界1

斜め前の視界3

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です