スイフト試乗P3/乗り心地・静粛性

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2018年記事 スズキ スイフト
著:ヒラリー男爵)

4代目・スイフト試乗「3」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。スズキのスイフト(ZC83S)、グレードはベーシックな「XL・CVTモデル」。2017年デビューの4代目スイフトです。

当ページは3ページ目です。「乗り心地・静粛性・快適性」を掲載中。

スイフト内装(インパネ)スイフト内装(乗り込む時)
スズキ
  • グレード:“XL”
  • 型式:ZC83S
  • 車両価格:146万円
  • デビュー年:2017年1月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。
スイスポは別ページに掲載中!スイフトスポーツ試乗レポート

  1. 分割page - スイフトスポーツ「1-1」・概要とエンジン
  2. 分割page - スイフトスポーツ「1-2」・ドライビングフィール
  3. このpage - スイフトスポーツ「1-3」・乗り心地や静粛性など快適性
  4. 分割page - スイフトスポーツ「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - スイフトスポーツ「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - スイフトスポーツ「1-6」・細かな長所短所
  7. 分割page - スイフトスポーツ「1-7」・他車比較と評価総合

試乗:快適性(乗り心地)

スイフト・2017年モデル・快適性

高速走行時の走行性能が優先されていると思われるスイフト、その分というか、乗り心地などの快適性は犠牲になっている部分がある。サスペンションは"固め"というより"固い"。バランスとしてはフロントよりリアが固めのタイプ。フロントシートに座っていると、路面のザラザラなどはキレイに吸収してくれて、段差レベルの入力はガツンと乗員に伝える。

フロントシートの乗り心地

フロントシートスイフトのフロントシートに座って驚くのは、路面のザラザラを上手くシャットアウトしてくれている乗り心地。足回りからのノイズなども含め快適性は高く、ハンドリングとのバランスを考えてもハイレベル。

舗装が古い路面とか少し荒れ始めた路面とか、小さなゴツゴツが続く場面。日本の舗装はとても良好らしいけど、やっぱりそういう舗装もそれなりにある。
そしてココが得意なクルマって全体的な不快感が少ないように感じる。

逆に、中〜大の段差とか、如何にもデコボコと表現したいガツンとくるような場面では、フロントシート乗員への衝撃は強め(リアシートは衝撃強い)。また路面のうねりでは固いのにブワブワが出ることも。
サスペンションは固く、ダンパーの質も特別優れているわけじゃない。寧ろダンパーの質という面では旧型から劣化したように感じられる。なので特にガツガツくるような段差は苦手な場面。乗り心地では優れた部分もイマイチな部分もある。

新車時装着タイヤが進化?

タイヤ装着されているタイヤが柔らかく、これによってクルマの質感を上げているように思う。少し前のエコタイヤって、固いダルいで乗り心地はアラっぽいし操縦性も悪かった。それが最近、新車時装着タイヤレベルでも進化してきているのかもしれない。

このスイフトに装着されるタイヤは16インチサイズと大きく、路面と接する部分は大きい。だから入力も大きいはずなんだけど、前述の通り路面のザラザラが気になりにくい乗り心地を提供してくれている。

交換時にアジアンタイヤなど選ぶにしても、やっぱり柔らかいタイヤが良さげ。固いタイヤを選べばイキナリ荒っぽいクルマになっちゃうかもしれない。

リアシートの乗り心地

リアシートスイフトのリアシートに座っていると、ちょっとしたマンホールさえ「よけてぇ」って声を出したくなる。

フロントシートと比較してもしなくても、リアシートの乗り心地は固い。路面のザラ付きを上手く処理してくれるという傾向はフロントシートと同様ながら、段差で受ける衝撃が強すぎて乗り心地良いとはお世辞にもいえない。一言で評価すれば結局、乗り心地は悪い、となる。

段差で足回りからのガチャガチャ音が出にくいのがせめてもの救い。といってもコレって凄い事。だからこそ余計に、せっかくの高いキャパシティを走行性能に振っちゃうの?って気分。

今度のスイフトにおけるリアシートは先代とは異なり、スペースや着座姿勢的には最低限使えるレベルに進化。なので、乗せたくないし乗りたくないというのは贅沢な話なんだけど、どうしてもならスイスポのリアシート方が優れていると思う場面が多い。快適性特に静粛性が高い。

試乗:快適性(静粛性)

ストラットタワーあちこち優れた先代スイフトで致命的な欠点だったのが、静粛性の低さ。エンジンノイズは気になるし、風切り音も下からの音もうるさく、まさにゴーゴーザーザー。

今度のスイフトではこの中で、下からのゴーゴーするノイズが低減されている。タイヤの進化もあるだろうし、車体のレベルアップにより音質的な不快感も減っているように感じる。試乗中、ものすごく不快にゴーゴーすることはなかった。

エンジンノイズに関しては加速減速が続く場面ではやっぱり気になる。でもこれは排気量が小さいクルマだとどれも50歩100歩。例えば新しいエンジンに代わりエンジンノイズの音質が改善されたヴィッツと比較しても、ちょっとうるさいかな、という程度。

コンパクトカーではグレードにより差がある

風切り音に関しては改善されているように感じるけど、リアシートではやっぱりザワザワと賑やか。リアハッチから侵入してくるノイズも大きい。この辺りは上位グレードになると対策されていて、静粛性からくる質感は大きく上がるだろうと予想。

最近の国産コンパクトカーでは、グレードによる静粛性の差が目立つ。試乗すれば比較するまでもなくハッキリ解るレベルで違いがある。スイフトもスイスポの静粛性は高いし、ターボが付くエンジンはエンジンノイズも絶対的に静か。
コンパクトカーでも高額なお買い物をしてもらえるように良く出来てますw お気をつけ下さい。

スイフトの内装インパネスイフトメーター(夜間)

タイヤは大きめ16インチ

タイヤ16インチ上でちょっと触れたけど、このスイフトは「XL」というベーシックグレード(下から2番目の主力級)からタイヤが大きい!大きなタイヤって上級グレードの贅沢装備じゃなかった??

Cセグメントクラスだって基本は15インチが当たり前。筆者的に基本16インチといえば、それは2000cc超クラスのイメージ。

タイヤが大きければ見た目はカッコいいし、走行性能的な余裕もあるだろうし、ブレーキだって大きいサイズならフィーリング良好。※ブレーキサイズはわかりません。

一方で快適性という面では、厳しくなる面が予想できる。例えレグノという上級コンフォートタイヤを使用しても、路面との接地面積が増えれば、タイヤが発するノイズは大きくなる。

このスイフトではタイヤを含む下からのノイズに関しては、それほど心配はいならい。どっちかというと気になるのはタイヤ交換時の値段かな。高い経済性がウリのクラスで個性ある選択肢だね。なお、体感的にタイヤの減りは、外径が大きいほど減りにくいと感じます。

スズキ スイフト
スズキ自動車

swift(スイフト)試乗モデル

  • グレード:“XL”
  • 型式:ZC83S
  • 年式:2017年式
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:146万円

試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。