HPヘッダー画像
公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

2019コンパクトカー比較「1」

当ページは1ページ目です!

比較評価/ボディ見切りと車両感覚

2019コンパクト比較2019年版のコンパクトカー比較。人気の売れ筋、ベーシックグレードを比較と評価。

「間違いいっぱいの自動車選び」まとめページです。

2019コンパクトカー比較

「1ページ目・ボディサイズや取り回し」

  1. 今ここ!ボディサイズや取り回し
  2. 内装・質感と使いやすさ、車内スペース
  3. 走行感覚(ハンドリングなど運転感覚)
  4. 快適性(乗り心地、静粛性)
  5. 比較まとめ・長所と短所

※2019年夏・執筆。筆者:ヒラリー男爵

比較中、フィットとデミオは初期モデルで、ヴィッツ、キューブ、スイフトはマイナーチェンジを経たモデルです。

比較対象車はこんな感じ

Bセグメントと呼ばれる「全長4000mm前後」クラスから、ヴィッツ、フィット、キューブ、デミオ、スイフトを比較。

ヴィッツ(130系)1.0F 1000cc
価格:約140万円(133万〜)

エンジン変更などビッグマイナーで魅力をキープするヴィッツ。王道的コンパクトは日常で使用すると長所がよくわかる。

レビュー!:ヴィッツ1000cc / ヴィッツ1300cc

フィット(GK系)13G 1300cc
価格:約127万円(127万〜)

一台でなんでもこなせる...がコンセプト。広いは当たり前の時代、割安感ある価格設定に惹かれます。

レビュー!:フィット13G / フィットRS

デミオ(DJ系)ガソリン13C 1300cc
価格:約135万円(135万〜)

ディーゼルモデルが話題のデミオだけど、試乗して好ましいのはガソリンエンジン搭載車。優雅な内外装でクセなく普通に。

レビュー!:デミオ(ガソリン) / デミオ(ディーゼル)

キューブ(12系)15X 1500cc
価格:約178万円(150万〜)

2列シート&スイングドア。個性的かつ嫌味のないボディデザインに惹かれるキューブ。ボディ見切りも良好。

レビュー!:キューブ試乗レポート

スイフト(ZC83S)XL 1200cc
価格:約146万円(134万〜)

2017年デビューの4代目スイフト。エンジンとミッションに多くの組み合わせをラインナップし、お好みで選べる仕様も魅力。

レビュー!:スイフト試乗レポ / スイスポ試乗レポ

ボディサイズ比較

モデル・グレード ヴィッツ フィット デミオ キューブ スイフト
1.0F 13G X-S 15X XL
全長 3945mm 3955mm 4060mm 3890mm 3840mm
全幅 1695mm 1695mm 1695mm 1695mm 1695mm
全高 1500mm 1525mm 1500mm 1650mm 1500mm
ホイールベース 2510mm 2530mm 2570mm 2530mm 2450mm
車重 970kg 1020kg 1030kg 1200kg 860kg
タイヤ 165/70R14 175/70R14 185/65R15 175/65R15 185/55R16

※外寸、車重などグレードによる違いやマイナーチェンジで変更される場合があります。

ボディ見切り、車両感覚、取り回しを比較

実用性を重視したクルマに期待したい事は、ボディ見切りの良さと車両感覚の取りやすさ。小さいクルマは運転がラクというイメージをそのまま具現化できていればベスト。余計な神経使わず緊張しなければ、それこそが安全につながると信じています。

コンパクトカーでは車体”後方”の感覚はどれも取りやすい。3列シートでもドライバーから後ろは短く、バンパーなども切り詰められている。

違いは、フロントのボディ見切りや車両感覚の取りやすさに差がある。それでもボディが小さい分の余裕からぶつけにくいというのは共通点。

ラインナップした車種で比較

見切りも車両感覚も取りやすいキューブ

5車種の中で圧倒的に優れているのはキューブ。

キューブ視界 Aピラーキューブ視界 左前方

ほんとにスクエアなボディ形状で、助手席側の先端が視認できる感覚。ダッシュボードもフラットで感覚が取りやすいのも大きい。

さらに、短く立っているAピラー、ドライバーに近いフロントウインドーなど見切りに関しては長所ばかり。ボディ隅を把握して取り回しできる。
通常走行中の車両感覚も取りやすいから、車線内で自車位置もわかりやすい。

コンパクトクラスでここまで優れている車種は少ないと思えるから貴重です。

どちらかと言えば良いスイフト

見切りは並だけど、クラス内で比較すれば優れているのがスイフト。

スイフト見切り1スイフト見切り2

スイフトのフロントガラスは比較的立っていて、Aピラーはドライバーの近くにあるなど、見切りの条件的には良さげ。なんだけど試乗感としては普通。

理由はAピラー、思ったより太さがあって根本付近はゴツさがある。ただ、Aピラー傾斜が寝ていて遠く伸び、さらに3角窓の付いたタイプと比較すれば、スイフトの方が運転しやすい。

死角が気になるフィット

車内が広いといわれるフィットだけど、運転席は意外と圧迫感が強い。長いAピラーが頭上に迫ってくる感じで、太いサブピラーと目の前にくるドアミラーは視覚的に気になる。

フィット見切り1フィット見切り2

圧迫感というだけならフィットに限ったことじゃないけど、走行中の死角が目立つ。
ドアミラーがフローティングされているのに機能していないのが理由の一つ。

写真ではなくドライバー目線では、ボディとドアミラーの間に隙間がない。

試乗時は、信号待ちでドアミラー奥の歩行者が見えずに神経を使った。ドライバーに対するドアミラーの位置はクーペのように高く、太いサブピラーも合わせ死角になっていた。

車線変更の時はドアミラー位置が高いほうが見やすいから、一長一短かな。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

評価評論・比較レビューの「間違いいっぱいの自動車選び」。独断と偏見による5段階評価を続けています。
エンジン質感・駆動系質感・足回り質感・内外装質感・快適性・コストパフォーマンス

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。
意見ハッキリ、辛口評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
サイト開設18年!最新記事が最良です https://mistake-car.com/