ヴィッツ(3代目1000cc)自動車比較・辛口評価と評論

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2018年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵)

ヴィッツ(1000cc)試乗「1」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2017年式の1000ccモデルで、グレード「1.0Fセーフティエディション」。ちょっと乗れば割高感強し!ゆっくり乗れば魅力高し!噛めば噛むほど...な1台です。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.0FセーフティED”
  • 型式:KSP130
  • 車両価格:138万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-1」・概要と特徴
  2. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-2」・乗り心地や静粛性など快適性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-3」・エンジンやミッションなど走行感覚
  4. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-5」・内装(リアシート)
  6. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-6」・試乗してわかった細かな長所短所
  7. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-7」・燃費と比較、評価まとめ

単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較
1300ccモデル!ヴィッツ1.3U試乗レポート
G'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポート

試乗車概要:ヴィッツ(2017年式1.0F)

ヴィッツ(1.0F)エクステリア

今回試乗したのは「2017年式で2018年納車」のヴィッツ。130系として最終モデルになるかもしれません。2010年に登場し、トヨタブランドこそ最大の長所だった3代目ヴィッツも、数回のマイナーチェンジでずいぶんと改良されました。初期モデルとは中身が大きく異なっています。

良くなった分だけお値段も上がっています。特に2014年のビッグマイナーでは大きく値上げされ、ヴィッツの1000ccは競合車の1300ccと同じお値段に。

ボディデザイン斜め後ろそんなヴィッツの長所は、軽自動車と同じ気楽さを持ちながら、より高い衝突安全性を持つ部分。さらにマイチェンを繰り返し進化したポイントは、高速での安定性向上とステアリングフィール向上による走りやすさ向上。
日常の足代わりで真価を発揮し、たまの長距離ドライブにも対応してくれます。

1000ccモデルは特に、イメージ的にこうしたクルマを好むユーザーのハートをがっちりキャッチ。従来からのコンパクトらしさが強く、購入後も期待を裏切りません。

試乗車の概要

試乗車は2017年式で2018年納車のトヨタ・ヴィッツ。グレードは「1.0Fセーフティエディション」。3気筒1000ccエンジンを搭載するグレードで、新車価格は約138万円。

オドメーターが示す走行距離は2000kmで、筆者の身内が所有するクルマです。足回りは馴染み初め、それでいて新車に近いという、もっとも美味しい時期です。

クルマのキャラクター

ボディデザイン・斜め前なんだかんだ言ってもトヨタブランドやボディデザインで選ばれていそうなヴィッツ。仮にそうした理由で選んだとしても、購入後に後悔しないだろう魅力が特長です。

「眺めて満足なボディデザイン」からの
「ディーラー試乗して残念な快適性」からの
「購入後に満足な日常性能」

筆者は現在、この1000ccヴィッツと別の1300ccヴィッツが近くにある状態で生活しています。すると、購入してみなければわからない魅力に気づくわけです。
そうして感じる特徴は、とにかく気楽。昔ながらのコンパクトカー路線で日常生活を快適にしてくれるクルマです。

率直に言って、強力でわかりやすい魅力を持つライバル車ほど、単純な良さは発見できません。上級車的なデミオ、走行性能の高いスイフト、室内が広いフィットetc...

センタークラスターヴィッツが備える日常性能の高さには、高い収納力とか高い利便性など持ちえず、しかも快適性の低さはわかりやすい。それでいて割高な車両価格。つまり非常に難解...。

日々のお供にしてこそ!それがヴィッツの特長です。

液晶表示部はシンプルでも衝突軽減ブレーキ付き

このヴィッツはグレード名に「セーフティエディション」と付く、衝突軽減ブレーキ付きを代表する安全装備が付いたモデル。

一般的には自動ブレーキなどと呼ばれ、トヨタでは「セーフティセンス」と名付けされている。これにもグレードがあり、ヴィッツはコンパクトカー向きのセーフティセンスCが搭載される。

1.0Fメインメーターマルチインフォメーションディスプレイ

画像左:当ページのヴィッツ、画像右:1.3U・1300ccのヴィッツ

当ページのヴィッツ1.0Fは、昔ながらの液晶表示部しか持ちえないのに自動ブレーキ付き。実は購入前、最も疑問を感じていた部分だ。

今まで自動ブレーキの付いた車種には、グラフィカルな液晶表示部もセットかと思っていた。細かい設定もこのディスプレイで行うし、作動時には作動内容に応じた情報が表示される。

このヴィッツでは設定どうするのだろう?と思ったんだけど、そもそも前走車追従型のオートクルーズなどはなかった。つまり最低限の自動ブレーキと踏み間違い防止機能だけなら、設定は必要なさそうな様子。

車線飛び出しアラートや自動ハイビームは、運転席左前の物理スイッチでon-offを切り替える仕組み。

メインメーター下部には3つのプッシュスイッチがあり、左側が時計設定、右側が表示切り替え。夜間には全く表示が見えず間違えやすいからご注意をどうぞ。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

リアのボディデザインに感動

リアのボディデザインが軽視されていそうに感じるクルマって多い。普通は素っ気なさすぎるかコテコテすぎるかどちらかなんじゃないかな?

このヴィッツは、夜間に洒落っ気を感じられる工夫がされていた。

テールライト・昼ナンバー灯・夜間

ナンバー灯を活用するボディデザイン。間接照明のような優雅さで、夜の顔を演出しています。筆者ヒラリー、これには感動しました。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1..0FセーフティED”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成29年式
  • 型式:KSP130
  • 新車時価格:138万円

エンジン概要

  • 排気量:1000cc
  • エンジン型式: 1KR-FE

その他概要

  • ボディサイズ: 3945×1695×1500mm
  • 車重:970kg
  • 発売時期:2010年12月〜
  • 新車時価格帯:107万円〜

車両型式

  • KSP130 - 1000cc 前輪駆動
  • NSP130 - 1300cc 前輪駆動
  • NSP135 - 1300cc 4WD
  • NCP131 - 1500cc 前輪駆動
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

適合バッテリー

ヴィッツのバッテリー適合詳細


ヴィッツ

NSP130 - 1NR-FKE 1300cc 2014年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

競合車と同価格で3気筒エンジン。質感は当然、大幅に劣る

ミッション質感 5段階評価

低排気量車のCVTは長所が目立ち、短所を感じにくい。

足回りの質感 5段階評価

トヨタの末っ子!平らだと思ってた道でコツコツゴトゴト。

内装の質感 5段階評価

もとのデザイン性は低いけど、マイチェンごとに質感が上がっている。

外装の質感 5段階評価

シルエット端正、ディテールこってり、ちょい個性的。それでいて全体的なまとまりに好感。

快適性 5段階評価

きついエンジンノイズと悪い乗り心地で不快感高い。

お買い得度 5段階評価

じっくり乗ってこそ良さがわかる!でもやっぱり、高いものは高い。

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。