自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

2018年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵

ヴィッツ(1000cc)試乗評価「2」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。3代目ヴィッツ(130系)。2017年1000ccモデルの試乗レポート。

当ページは2ページ目です。

「乗り心地や静粛性など快適性」を掲載

トヨタ
  • グレード:“1.0FセーフティED”
  • 年式:2017年式
  • 型式:KSP130
  • 車両価格:138万円
  • デビュー年:2010年12月〜
ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2

ちょっと乗れば割高感強し!ゆっくり乗れば魅力高し!噛めば噛むほど...な1台です。


  1. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「1」概要と特徴
  2. ここ - ヴィッツ試乗(1.0F)「2」乗り心地や静粛性など快適性
  3. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「3」エンジンやミッションなど走行感覚
  4. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「5」内装(リアシート)
  6. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「6」試乗してわかった細かな長所短所
  7. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「7」燃費と比較、評価まとめ

関連ページ

  1. 単純明快な比較!2019コンパクトカー比較
  2. 1300ccモデル!ヴィッツ1.3U試乗レポート
  3. G'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポート

試乗:快適性(乗り心地)

ヴィッツ1.0F(乗り心地と静粛性)

乗り心地や静粛性といった快適性はヴィッツ最大の弱点。立派なボディスタイルからは想像しにくいレベルの快適性です。

現実的に考えればトヨタ車中で最も安価な車種の、最も安価なグレード。乗り心地など悪くても仕方ありませんね。

最大の弱点は乗り心地の悪さ

このヴィッツに試乗すればすぐに気になるのが乗り心地。他車と比較してというのではなく、他車を運転したことがなくても気になりそうなレベルで乗り心地が悪い。

トヨタのピラミッドでヴィッツはどこ??と考えれば仕方なし。分かっちゃいるけど...みたいなね。

乗り心地の傾向と印象

ボディデザイン・サイドサスペンションは柔らかい。でもゴツゴツ強い

走行中「この道ってこんなにゴツゴツしてたっけ?」と考えてしまう。今まで平らだと思ってた道でゴツゴツしているというか、だいたいどこを走っても終始ゴツゴツしてます。

これはトヨタ車的乗り心地で、ヴィッツは車重が軽いから特に目立つわけです。サスペンションダンパーの質の悪さを感じます。

逆に、如何にもな段差での乗り心地はそこまで悪くない。目に見える路面の凹みとかでは柔らかいサスペンションが活きて、常識的な乗り心地で超えていきます。

軽自動車と比較すると一長一短

軽自動車に乗ると、単純な上下方向の乗り心地は質感高いと感じる事がよくある。

実は軽自動車のフロントサスペンションって、良いサスペンションダンパーが使われている事が多かったり。このヴィッツと比較すると、ヴィッツの方が質感低く、柔らかいけどゴツゴツが目立つ乗り心地

しかし走行中は、上下方向以外、前後左右に揺すられるのも乗り心地に関わってくるポイント。軽自動車との比較ではヴィッツは横方向の揺れに関する部分でリード

  • ヴィッツの勝ち:前後左右に揺れにくい。雑なドライバーも許容。
  • ヴィッツの負け:単純な上下方向の衝撃吸収性。常にゴツゴツ。

軽自動車は運転が丁寧なドライバーでない限りは、相当に揺すられます。さらに自分が運転していれば前後方向の揺れだって気になります。

快適性低いからこそ、気楽な一面も

リアタイヤ大きい段差とか、跳ね上がりそうなウネリとか、ガタガタの道とか、さらには擦りそうな踏切とか、避けたいと思ったりしません??

筆者の場合、このヴィッツに乗っている時はあまり気になりませんでした。いつもゴツゴツなのと、絶対的には柔らかく、シャシーやボディ各部からガチャガチャ音が目立たない。

性格的なこともあり、普通のペースでというよりは減速します。それでも余計な事を考える労力は最小限。運転が気楽です。


※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

シートのクッション性が残念

フロントシート乗り心地の悪さには、シートがチープなのも影響しているだろう。シート座面のクッション性が低く、体重62kgの筆者が座るとペカペカな印象を受ける。

触ると固くないんだけど、座ると固い。材質的にも特別な材質は使われてなさそうだ。

フラットに見える路面での細かなゴツゴツは、タイヤやシートが補うわけで、タイヤが柔らかそうなヴィッツでは、シートの質が不足しているということに。

最近の軽自動車(特にホンダや日産)では、シートの質が小型車以上だったりする。これによって細かな衝撃を軽減し、乗員の快適性に貢献しているのがわかる。

従来の1000ccモデルと比較すれば硬派に

今回試乗しているヴィッツは、デビュー初期モデルからの乗り換えで購入したもの。今なら筆者も初期モデルの記憶が残っている。

初期のヴィッツ(2012年式あたりの1000cc)は、とにかく柔らかなサスペンションで。4人乗車したらそれはそれはフワフワ。

今度の2017年モデルはそこまで柔らかくはなく、同時にステアリングフィールやブレーキフィールも変わり、走りやすい方向に変化している。

どっちが良い?と比較すればそれは普段のペースによって。時速40km前後がメインなら初期モデル。時速60km以上がメインならば今度のモデル。中古車で価格がお得で条件一致すれば、初期モデルもあり。

試乗:快適性(静粛性)

カーナビと音楽このヴィッツで乗り心地の次に弱点といえば、静粛性の悪さだと思う。静粛性に定評のあるトヨタ車とはいえ、これも厳しいのは仕方なし。

フロントシートでは不快でヴォリューム大きなエンジンノイズが目立ち、リアシートではボヘボヘとした排気音が目立つ。

静粛性が乗り心地の次にというのは、籠もった低周波(低い音)ノイズが目立たないから。輸入車などで低周波ノイズが目立つことがある。迫力ある反面、長時間運転していると疲れる原因になる。疲れればどんな快音も只のうるさいノイズでしかない。

3気筒らしいエンジンノイズ

エンジンルームヴィッツの1000ccエンジンは3気筒エンジン。簡単にいえば軽自動車と一緒で、同じような音がする。

快適性を気にするユーザーにとってこの音は、お世辞にも気持ち良いと言えないのはご存知の通り。ガラガラ、ボヘボヘ、実用車の中の実用車という感じが強く印象付けられる。

ここが気に入らなければ4気筒の1300ccエンジン搭載グレードを選ぶしかない。2014年のビッグマイナー後なら、ライバルと比較できる質感を備えた新型エンジンになっています。

エンジンルームからの透過音がいろいろ

インパネ・ハンドルエンジンルームから聞こえてくるのは、エンジンノイズだけじゃありません。

アクセルを多めに踏めば、エンジンマウント辺りが共振しているようなノイズも聞こえてくる。

その他、ハンドル回せばパワステの音が目立つなど、やはり気にするユーザーには不快だろう。

クルマの割にエンジンが小さいとエンジンの主張が弱まる。わけだけど、このヴィッツには当てはまらず

なお、アクアなどハイブリッド車で聞こえる、ピーピーギャーギャーした電子ノイズほど不快じゃないのでご安心を。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

足回りからのコトコト音は気にならず

タイヤコンパクトカーや軽自動車では新車時から、下回りのどこかからコトコトとしたノイズが聞こえてくる車種がある。サスペンションが伸び縮みした時のノイズだけど、これによって実際よりも乗り心地が悪く感じるもの。

加えて品質感の悪さだって、非常にわかりやすく記憶に残る。

ヴィッツはこのノイズが気にならない。内装からのミシミシとしたノイズも気にならず、ここも気楽に走れる要因のひとつになっていると思う。

クルマが古くなりノイズを発生するようになったら追記します。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1..0FセーフティED”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2017年式
  • 型式:KSP130
  • 新車価格:138万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です