ヴィッツ(3代目1000cc)P4/内装(フロント)

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2018年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵)

ヴィッツ(1000cc)試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選び。当ページ試乗レポートは3代目ヴィッツ(130系)。2017年式の1000ccモデルで、グレード「1.0Fセーフティエディション」

当ページは4ページ目です。「内装(フロントシート)」を掲載中。

ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2
トヨタ
  • グレード:“1.0FセーフティED”
  • 型式:KSP130
  • 車両価格:138万円
  • デビュー年:2010年12月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-1」・概要と特徴
  2. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-2」・乗り心地や静粛性など快適性
  3. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-3」・エンジンやミッションなど走行感覚
  4. このpage - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-5」・内装(リアシート)
  6. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-6」・試乗してわかった細かな長所短所
  7. 分割page - ヴィッツ試乗(1000cc)「1-7」・燃費と比較、評価まとめ

単純明快な比較!2016〜17コンパクト比較
1300ccモデル!ヴィッツ1.3U試乗レポート
G'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポート

内装:フロントシート周辺

ヴィッツ(1.0F)内装

マイチェンごとに洗練される内装の質感。デビュー直後のモデルは驚くほどチープで、今回もインパネなど基本形状は一緒、そこに「目立つ加飾」と「さり気ない加飾」を組み合わせて質感が向上している。

デビュー当初のモデルでは、無理矢理とも感じられる個性の強さで全く魅力を感じられませんでした。マイチェンの度に改良され、インパネだけでなくあちこち個性的だったデザインも変わり、今では相応に立派な室内になっています。

兄弟車のアクアもそうだけど、基本骨格が変わらないインパネなどで大きな違いを感じさせているのは、流石トヨタだと思います。

ライバルは質感高し!ヴィッツは使いやすさで勝負

インパネ1インパネ2

とはいっても、後からデビューしたライバル車達はもっと強力。例えばフィット、デミオ、スイフト。見た目の質感ではやっぱりかないません。如何に効果的な改良といえど、基本安っぽいのは変わらず。食い下がってる位の印象です。

それでもヴィッツに良い部分はあります。内装が普通に見られるようになり、改めて感じた長所。それは好ましいナビやスイッチのレイアウトと、スイッチ類の操作性の良さ。必要なスイッチはドライバーの近くにレイアウトされ、ダイヤル式のエアコン操作部だってライバル車より滑らかな操作感を持ちます。

この、ナビの位置は筆者的に好ましい位置だと感じます(スイッチは後述)。流行のダッシュボード上ではなくセンタークラスターに収められることでボディ見切りの邪魔になりません。初期モデルではセンターからオフセットしている事がやけに目立ちましたが、今ではそれが気になりにくく、メリットが目立ちます。

シンプルすぎて旧世代的なメインメーター

メインメーター夜間

まさに質実剛健なメインメーター。写真では赤い色合いも見えるけど、実際はオレンジ一色の照明に感じられる。

10年前のイメージだけど、内装に飾り気があるヴィッツだから疑問も。この方が落ち着くユーザーも多いのかな。ユーザーアンケートの結果かもしれないし、敢えてグレード感の差を強調しているのかもしれない。

エアコン操作部の操作性

インパネ3エアコン操作部

グレード1.0Fのエアコンはマニュアルタイプ。オートタイプは希望温度だけ設定するのに対して、マニュアルタイプは風の温度と風の量、吹出口を乗員が設定する。
乗車時に強、落ち着いたら弱、といったように操作する回数はオートタイプより多くなる。

すると最も期待したいのは、単純明快な操作性

このヴィッツは少々わかりにくい。筆者は何度も運転しているクルマだけど、それでも試乗中、何回か間違えた。間違えるのは風量の調整。中央ダイヤル内側の小さなツマミで調整する。ダイヤル外周は内気外気の切り替え。それから、ACスイッチとリアデフォッガースイッチ、位置が反対でも良い気がする。

さり気なく質感を感じる部分

見た目も機能も、効果的な布張り

ドアトリム1

ヴィッツのフロント・ドアトリム(内装内張り)。

見た目の質感だけでなく機能的な効果も兼ね備え、質感向上に貢献している部分がある。

場所はドライバーの肘を置ける部分、ここが布張りになっている。ソフトって言うほどソフトじゃないんだけど、その代わり暑苦しくもない。もちろん硬いプラスティックとの差は絶大。夏季の半袖で運転する時、この良さを感じられる。

さり気なくきらびやか、ドア内装の生地

昼間見たら全く地味で印象にも残らないヴィッツのドアトリム。しかし夜間に光が当たると表情を変える。布張りの部分が柔らかくキラキラと美しさを演出。

ドアトリム2ドアトリム3

布張りの部分がきめ細やかに反射する。写真はフラッシュを当てたわけではなく、普通に外光が反射しているだけ。キラキラといってもさり気ないキラキラだから目障りにはならず。

同様の手法はレヴォーグでも使われていた。あのクラスなら驚くこともないんだけど、ヴィッツなら凄い!さらにヴィッツでは、取っ手の下側も同じようにツブツブ状に反射する加工がされている。

さり気ない光沢、シート表皮

運転席シート助手席シート

シート表皮には光沢糸が使用されている様子で、派手すぎない光沢がさり気なく質感をアピール

カラフルな色使いで上質感を出している車種も多いんだけど、ヴィッツは少し大人の上質感。実車は写真で見るよりキレイです。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

大きく上下するシートリフター

シートリフター

こんなに大きく動いたっけ??今までのヴィッツとの比較がちょっと思い出せないんだけど、このヴィッツは大きく上下するシートリフターを備える。

ベースグレードでは省かれることも多く、あるだけでありがたいわけで。それが大きく動くとなればさらにありがたい。

身長172cmの筆者の場合、最も下げるとペダルと足裏の角度が合わず。インパネの高さからすると下げる方向に大きく動く印象。高い包まれ感を感じたいユーザーも納得じゃないかな。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1..0FセーフティED”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2017年式
  • 型式:KSP130
  • 新車時価格:138万円

試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します。
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。