自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

2018年記事 トヨタ ヴィッツ
著:ヒラリー男爵

ヴィッツ(1000cc)試乗評価「6」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。3代目ヴィッツ(130系)。2017年1000ccモデルの試乗レポート。

当ページは6ページ目です。

「試乗してわかった長所短所」を掲載

トヨタ
  • グレード:“1.0FセーフティED”
  • 年式:2017年式
  • 型式:KSP130
  • 車両価格:138万円
  • デビュー年:2010年12月〜
ヴィッツ内装1ヴィッツ内装2

ちょっと乗れば割高感強し!ゆっくり乗れば魅力高し!噛めば噛むほど...な1台です。


  1. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「1」概要と特徴
  2. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「2」乗り心地や静粛性など快適性
  3. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「3」エンジンやミッションなど走行感覚
  4. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「5」内装(リアシート)
  6. ここ - ヴィッツ試乗(1.0F)「6」試乗してわかった細かな長所短所
  7. 分割 - ヴィッツ試乗(1.0F)「7」燃費と比較、評価まとめ

関連ページ

  1. 単純明快な比較!2019コンパクトカー比較
  2. 1300ccモデル!ヴィッツ1.3U試乗レポート
  3. G'sも掲載中!ヴィッツRS-G's試乗レポート

視界と見切り

ヴィッツ(1.0F)リア・エクステリア

試乗車は2017年式で2018年納車のヴィッツ。購入してわかった長所短所など。

運転席からの見切り(正面)

ヴィッツのボディ見切りは前方向が悪く、後ろ方向は良好。同クラス他車と比較評価すれば評価は「並」。見切りは悪いんだけど、競合車と比較すれば妥協も必要です。

ボディ見切り1ボディ見切り2

画像左:ドライバー目線での左前。インパネ&Aピラー先端が高く寄せにくい。ただインパネ上にナビが飛び出る車種と比較すると、多少シートを下げ目にセットしても感覚が取りやすい。

画像右:正面の見切りは悪いです。慣れてカンで寄せるしかありません。このクラスはどれも一緒。

運転席からの見切り(斜め前方)

斜め前方はまずまず良好。ドライバーから遠く傾斜も強いAピラーは邪魔になりやすいけど、サイドウインドーの3角窓がよく機能している。

ボディ見切り3ボディ見切り4

写真左:助手席側の斜め前方。普通です。

写真右:運転席側の斜め前方。Aピラーは邪魔だけど3角窓が機能的で、視界に神経使う場面は回り込んだ右コーナーくらいと少なめ。交差点などで困る場面には遭遇してません。

気になる時もある光沢パネル

内装・光沢パネル助手席側内装・光沢パネル運転席側

相当に広い面積で使用される光沢パネル。反射が眩しそうに思えるけど、気になる場面は限定的だった。

テカテカが気になったのは日差しが気になる時間の、ドアミラー確認時。評価はユーザーが日常的な車線変更の頻度によると思う。

他車では気になる事もある光沢パネルのテカリ。ヴィッツはなんでだろう?? 着座位置が高いから、ドライバー目線では低めの位置。それかインパネ上面がテカりにくいからかな。

試乗中アシスタントで助手席に座ってもらった、小学1年生、座高の関係から気になったと思う。


※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

スイッチの使いやさ、場所と物理スイッチ

頻繁に利用するスイッチや、素早く利用したいスイッチはドライバーの近くにレイアウトして欲しい。そんな部分、ヴィッツは良好です。

ハザードスイッチはセンタークラスターの見た目を犠牲にしても便利な位置にレイアウト。またこのグレードでは右手側の先に2つのスイッチが追加されています。

ハザードスイッチオートハイビーム

右手側にレイアウトされる2つのスイッチは「車線逸脱警報」「オートハイビーム」のon-off切り替え。

車線逸脱警報はまだ不完全な機能で使いにくさが目立つ。ヴィッツに限らずカットしたい場面も多い。

またオートハイビームはクルマによって制御が異なる様子で、このヴィッツでは走行中の切り替え回数が多いのと、低速時はロービーム固定になるといった部分が気になった。
ヘッドライトがLEDではなくハロゲンタイプというのもあり、頻繁な自動切り替えはバルブ寿命が不安。そんな思惑も重なり、走行中にon-offを切り替える必要があった。

夜間の使い勝手も良好

照明付きの物理スイッチだから、夜間の操作だって迷うことなく簡単に押せます。

ハザードスイッチ・夜間オートハイビーム・夜間

ハザードスイッチはハンドルから手を離さなくても押せる。オートハイビームのスイッチも高い場所にあるから、夜間でも凄く使いやすい。

適正なドラポジを保っているなら、どちらのスイッチもシートから体を起こさずに押せます。

グラフィカルなタイプより単純明快

アクアのディスプレイ

これはアクアのメインメーター内ディスプレイ。

こうしたグラフィカルなメーターが付くクルマだと、各種設定もここで行うことに。先進的だけど面倒だし時間がかかる。

設定に関する部分は階層が深く、目的まで何度もスイッチを押さなければならないから大変。

細かな長所短所

身内が購入し、所有してわかった細かな長所短所など。

サイドブレーキはオフセットして配置

サイドブレーキ

サイドブレーキは手で引くタイプ。

優れていると感じたのは位置。中央ではなく、運転席シートから離れている位置にデザインされている。右ハンドルに最適化されているのがウレシイ。

未使用ベルトのノイズが発生しにくいデザイン

シートベルト

使っていない助手席側シートベルトからノイズが出にくい設計。Bピラー(センターピラー)内装との間に隙間がある。ただし隙間は小さく完璧ではない。

こんなの当たり前のようだけど、走行中カチャカチャ鳴り続けるクルマが普通にあります。

機能しているフローティングタイプのドアミラー

三角窓

ニョキッとドアから伸びるドアミラー。フローティングと呼ばれるこのタイプは、死角を減らすという機能構造。

しかし、機能していない車種が多い!デザインのためのデザインなんて言葉があるけど、ほんとそれ。

ヴィッツなら安心です。身長172cmの筆者がきちんとしたドラポジを取ると、三角窓が活用でき、市街地でもくねくね道でもここの視界を頼りにすることがあります。

隠れた収納場所

収納

助手席前のテカテカパネル、実は開きます。中は小物入れ。

奥行きが10cmほどと短く、若干使いにくいんだけど、見られたくないモノを入れておいたりするのに最適かもw

静電気が不安なメッキドアハンドル

メッキドアハンドル

ドアのアウターハンドルはメッキ加工。見栄えは良いんだろうけど、筆者はこれが苦手。

理由は静電気でバチッとくることがあるから。ドアを閉める時についここを触っちゃうんだよね。

ヴィッツメーター1(昼)ヴィッツメーター2(夜間)

立体感強いトヨタエンブレム

フロントエンブレム

大きくなっていく一方のメーカーエンブレム。チープに目立つHマークとかスリーダイヤモンドとか、気になる車種も多くなってきました。

しかしトヨタ車はちょっと違います。大きくなってもキレイに見せる車種が多いです。

末っ子ヴィッツだってご覧のように立派なデザイン。奥行きあってブラックアウトされ、強い立体感で掴ん向上に貢献しています。質感とはコダワリ。コダワリとは無駄に立派なこと。オーナーが気に入ればそれは、無駄じゃなくて必需です。

トヨタ ヴィッツ

トヨタ

vitz (ヴィッツ)

  • 試乗グレード:“1..0FセーフティED”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2017年式
  • 型式:KSP130
  • 新車価格:138万円
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です