自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2022年記事
著:ヒラリー男爵&もと車整備士

ヤリス・ハイブリッド試乗「1」
特徴概要とハイブリッドシステム

「間違いいっぱいの自動車選び」。2021年式ヤリス「ハイブリッドX」の試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「加速などハイブリッドの印象」等

トヨタ
  • グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:200万円
  • デビュー年:2020年2月〜
ヤリス・内装1(昼)ヤリス・内装2インパネ(昼)

試乗車概要:ヤリス(2021年式ハイブリッドX)

ヤリスハイブリッド・ボディフロント

2021年式のヤリス、ガソリンモデルに続きハイブリッドモデルに試乗しました!

車名も中身も大変身!

車名が新しくなり、プラットフォームも新しく。新世代が強くアピール。

車体はコンパクト用TNGA(GA-B)、エンジンは新しい3気筒1500cc、ハイブリッドはTHS2。バッテリーはリチウム系と言われています。

車体も動力系も新しい

内装プラットフォームとエンジンが同時に新しくなることは稀で、車名まで新しくなっているのですから大変身!

このあたり、しばらくは大きく変わらない可能性。
つまり、とってもお得です!多分!

実際は、新プラットフォームの分だけ、車両価格が上がっていると思われます。

試乗したヤリス

ボディデザイン・フロント斜め

試乗車は2021年式のトヨタ・ヤリス。グレードは「ハイブリッドX」

3気筒1500ccエンジン+モーターで駆動するTHSのバージョン2。THSはトヨタ・ハイブリッド・システムの略だそうで、実はそのまんまw
新車価格は約200万円です。

オドメーターが示す走行距離は10000km。新車から各部が馴染んで、サスペンションの動きが美味しい時期だと思います。

 


※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

クルマのキャラクター

ヤリスハイブリッド・ボディデザインリア

安っぽくなくてスタイリッシュなボディデザインに、最強を争う燃費性能。価格は200万円スタートと安くはないけれど、燃料代の安さが武器。

ハイブリッド分の価格は30〜40万円

ヤリス・ガソリンモデルガソリンモデルの1500ccエンジン搭載車は160万円〜なので、差額は40万円。

また1000ccエンジン搭載車の中心価格は145万円と、差額は55万円。
(実際は減税により差は縮まります)

ガソリン価格が高ければ元が取れちゃうけど、安ければ難しいという絶妙な価格設定。

乗り味にも違いあり

そんなヤリスハイブリッド、ガソリンモデルよりマイルドな乗り味で、ここにも特徴を感じます。
筆者が試乗したヤリスクロス、ヤリスクロスHV含め、最も好印象だったのはこのヤリスハイブリッド

以下、こうした部分を始めとする試乗レポートをまとめていきます。

ハイブリッドシステム

ヤリスハイブリッド・エンジンルーム

エンジン型式は「M15A-FXE」。ダイナミックフォースエンジンと新しいエンジンの3気筒1500cc版です。

今も進化中のトヨタ式ハイブリッドシステム

モーターも出力向上が図られ、駆動用バッテリーも新開発のリチウム系とのこと。充放電特性の優れたバッテリーこそ、システムを活かす重要ポイント。
乗れば力強さもEV走行時間も素晴らしいと感じられます。

モーターを活かすも殺すも、バッテリー次第ですからね。もちろん、電子制御系も進化していると思います。

エンジンの質感・音

エンジンルーム爆発間隔の長い3気筒に、圧縮比が高そうな粒の強さ。ゆるさはなくてキッチリした音が聞こえてきます。

「ボボボボボ」ではなく「ボッボッボッボッ」という力強い音。お好きな方でしたら気持ち良いでしょうし、そうでなくても力強さを感じさせます。

エンジンの質感・振動

ボディデザイン・フロントただ質感でいうと、目立つ振動は気になります。停止中や低速走行中にエンジン始動すると、背中や腰、フロアにペダルに、振動が響いてきます。

このあたり、エンジンの主張が強いです。ハイブリッドって静か?スムーズ?そんなの妄想と感じるくらい、クルマらしい感触です。

ハイブリッドシステムの加速感

シフトセレクター一方で加速感はハイブリッドの恩恵がハッキリ得られます。
以前みたいに、ハイブリッドは遅い!なんて感じません。

特に踏んだ瞬間、モーターの存在が感じられ、加速力がグッと立ち上がります。アクセルペダル踏力が半分なら0.5秒後、全開なら1秒後、しっかりした加速を始めてくれます
びっくりするような瞬発力はないけど、走行中ありがたいレベルの瞬発力。

またトヨタ式ハイブリッドの長所である、伸びもしっかり。時速100kmまで、弱まりを感じることなく、むしろ伸びるように加速します。

EVらしさ弱め

ボディデザイン・サイド純ガソリンエンジンの魅力は、違和感を感じにくいジワッと立ち上がる加速感。

ヤリスのハイブリッドはEVらしさは弱めで、ガソリン車の延長線的に運転できるバランスです。他のトヨタ車と同じ感覚ですね。

3種類の走行モード

ドライブセレクター

ドライブモードはエコ・ノーマル・パワーと一般的な3種類。

ノーマルを基準にすると、パワーモードは踏んだ瞬間のモーターアシストが強く感じられます。「ハイブリッド車に乗ってる!」という感覚がいつでも味わえて笑顔です。

エコモードは差が大きく、スロットル特性が大きく変化。実走行での燃費も開きが大きいです。
ノーマルとパワーモードでアクセルが早開き、ちょっと踏んだだけで出過ぎちゃうと感じたらエコモードが走りやすいです。

なおディーラーでの試乗時は、パワーとエコを試されると、短時間でも違いがわかりやすいと思います。

THS2の魅力

ボディデザイン・リアエンジンが駆動も発電も柔軟に行う「シリーズパラレル式もしくはスプリット式」と呼ばれるハイブリッド。

発電用モーターと駆動用モーターの2つを持ち、特徴的な動力分割機構を介して駆動します。走行しながら充電もこなし、最適解にミックスされる、高度なシステムと言われます。

THS2と呼ばれる最近の世代では、高い速度でもエンジンが停止するようになり、従来より柔軟に制御されているように感じられます。

またヤリスクロスHVで試したところ、バッテリー残量が多い時にはEV比率70%オーバー!を確認してます。走行時間の7割が、バッテリーのみで走行したということになります。

ヤリス・メーター1(昼)ヤリス・メーター(夜)

ヤリスの試乗動画

ヤリスハイブリッドに試乗して感じた印象をまとめました。全体的な印象、乗り味、内装、ちょっと気になる部分などです。

トヨタ ヤリス・ハイブリッド

トヨタ

yaris (ヤリス)

  • 試乗グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年
  • 型式:MXPH10
  • 新車価格:200万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式: M15A-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:3940×1695×1500mm
  • 車重:1050kg
  • 発売時期:2020年2月〜
  • 新車価格帯:140万円〜

車両型式

  • KSP210 - 1000cc FF
  • MXPA10 - 1500cc FF
  • MXPH10 - 1500ccHV FF
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

ヴィッツ・ヤリスのバッテリー適合詳細


ヤリス

MXPH10 - M15A-FXE 1500cc 2020年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
動力系質感 5段階評価

質感より実用性能重視!

足回りの質感 5段階評価

TNGAらしいリアサスの動きかつ、ノイズも少ない。

内装の質感 5段階評価

走り優先、その分内装は、上級クラスとの差別化はしっかり。

外装の質感 5段階評価

パーソナル感強くてかっこいい。

曲がりやすさ 5段階評価

フィールは人工的。でも、舵角が一発で決まる

お買い得度 5段階評価

アクアデビューで立場厳しいかも。



試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設21年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び