自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2021年記事 トヨタ・ヤリスクロス
著:ヒラリー男爵

ヤリスクロス・ハイブリッド「1」
試乗レポ・ボディデザイン

「間違いいっぱいの自動車選び」。ヤリスクロス(2021年式)ハイブリッドの試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「感じる印象、ボディデザイン」等

トヨタ
  • グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:228万円
  • デビュー年:2020年8月
ヤリスクロスの内装・インパネ1ヤリスクロスの内装・インパネ2

試乗車概要:ヤリスクロス・ハイブリッド

ヤリスクロス・ハイブリッド・ボディフロント

2020年8月発売のヤリスクロス。ジャンルはネーミングそのまま、トヨタのコンパクトSUVですよね。

同ジャンル内ではライズ/ロッキーがありますが、プラス10万円位から選べ、ボディサイズや排気量は1クラスアップ。価格的なお得感も感じます。

ハイブリッドモデルは絶大な燃費性能を誇り、SUV最高の燃費かもしれないモデルです。

試乗したヤリスクロス

ボディデザイン・フロント試乗車は2021年式のヤリスクロス。グレードは「ハイブリッド・X」
オドメーターが示す総走行距離は200kmです。

グレード「X」は、事実上のエントリーグレード。2021年現在の価格は228万円です。
安価なグレードですがセーフティセンスは標準装備されます。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

クルマのキャラクター

ヤリスクロス・ハイブリッド・ボディ夜間

最初に感じたのは、「TNGAらしくない運転感覚」もしくは「優しいTNGA」。2021年現在の今感じる、TNGAらしくない感覚。

特別なコダワリとかなければ、この方が好まれそうな気もします。
具体的にはどんな感じ??後述します!

価格的な特徴

センタークラスターヤリスクロスで基準と思われる「ハイブリッドX」の価格は、228万円。

月1000km乗られる方なら、間違いなくハイブリッド!

内装や乗り心地などからすれば、安いと思える価格じゃないんだけど、ランニング含めればクルマにかかるコストは安くなります。

元が取れるくらいの価格と燃費

最高燃費それはもちろん燃費の良さ。モーターで走れる時間が長く、条件次第で驚異的な燃費を出します。

15km走って燃費50km/L超とか、信じられます??
もうアクアとか選ばなくたって、SUVで燃費も文句なしですね!

乗り味の特徴

ボディサイドヤリスクロス・ハイブリッドの乗り味、お詳しい方にはこの一言で伝わると思います。
「TNGAらしさが弱い」

TNGAって最近のトヨタ車って事ですが、どこでもべた褒めされてますよね。

でも実際は、敏感すぎたり硬すぎたり高速向きだったり。長所が光る反面、尖りすぎていると感じる時もありました。

きっと改良されていくよね?と思っていましたが、ヤリスクロスのハイブリッドは、優しいTNGAです。

マイルドという特徴

ボディフロントヤリスクロスは、カッコよく言えば「幅広い層」、率直に言えば「国産車らしさの延長線」。そんな印象を受けます。

同じヤリスクロスでもガソリンモデルはまた異なります。マイルドなのはハイブリッドです!

ボディデザインに感じること

ヤリスクロスハイブリッド・ボディリア

ヤリスクロスのボディサイズは全長4180mm、全幅1765mm
5ナンバーサイズだった素のヤリスより拡大した分はすべて、張り出したフェンダーに使われてそうなイメージ。

ボディデザイン1個性的な部分はココだけじゃないです。
ヘッドライトの形状やボディとの関係だって個性的。

でも最も強いインパクトを出しているのはフェンダーの盛り上がり

ボディデザイン2ボディデザイン3

撮影中も、どの角度から撮るにしても常にフェンダーの存在が強く、そこをどう見せるかがすべて。

ボディデザイン4ボディデザイン5

フューエルリッドなんて、改造してボディキット付けました!なんてイメージ。

そして好みがわかれるフロントマスクに対して、誰に聞いても好評なのが、リア周りのボディデザイン

ボディデザイン・リアボディデザイン・ハリアー

筆者的には思わず、ハリアーを連想しちゃいます。

赤いボディのヤリスクロス

ヤリスクロス・赤いボディカラー

ヤリスクロスの赤いボディカラーが素敵でした。

フロントフェンダー(赤)コントラスト(陰影)も強く、フェンダーの張り出しが美しく光ります。

シルバーの未来的なイメージも捨てがたいですが、起伏豊かなボディデザインを活かすのであれば、濃いめの色が良いかもしれませんね!

Zグレードにはパワーシート付き

フロントシートヤリスクロスのZグレードにはパワーシートが標準装備されます。

ハイブリッドZ 258万円。
ガソリンZ 221万円。

ハイブリッドはともかく、ガソリンの221万円でパワーシート付きはなかなかの豪華装備。数年後は軽自動車にもパワーシートかも、ですねw

ヤリスクロスのメインメーターヤリスクロス運転席

動画:ヤリスクロスの試乗動画

ただいま準備中です。

トヨタ ヤリスクロス

トヨタ

yarisCross (ヤリスクロス)

  • 試乗グレード:“ハイブリッドX”
  • 型式:MXPJ10
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:228万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • エンジン型式:M15A-FXE

その他概要

  • 車重:1160kg
  • ボディサイズ:4180×1765×1590mm
  • 発売開始:2020年8月
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

ヤリスクロス

MXPJ10 - M15A-FXE 2020年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
動力質感 評価2

厳しい部分がありつつ、思ったより良かった部分もあり。

静粛性 評価2

車体からのカチャカチャ音が目立つ。

足回りの質感 評価3

乗り味が悪いわけじゃないです。でも、質はちょっと低め。

内装の質感 評価2

ベーシックカーというイメージ

外装の質感 評価1

張り出した前後フェンダーが立派!

乗り味の優しさ 評価5

質より優しさ!意外と貴重な特徴。

お買い得度 評価4

SUVとしてはお得感あり、コンパクトカーとしてはちょっとお高め。






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び