自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2021年記事
著:ヒラリー男爵

ライズ試乗レポ「2WD/1」
特徴概要とFFモデルの魅力

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車は2021年式・ライズ「X・2WD」

当ページは1ページ目です。

「運転が楽しい!ワクワクする特徴」

トヨタ
  • グレード:“X 2WD”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:約168万円
  • デビュー年:2019年11月
ライズ内装1インパネライズ内装2インパネ

トヨタ・ライズ(グレードX・2WD・型式A200A)の試乗レポートです。

4WDのGに続き、2WDのXです。一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ライズ(2WD)「1」運転が楽しい!ワクワクする特徴
  2. ライズ(2WD)「2」乗り心地や加速、走行フィール
  3. ライズ(2WD)「3」2WDと4WDで異なる印象

関連ページ

  1. ライズ(G・4WD)の試乗レポート

 

簡単な試乗による簡単なレポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視で一般的な表現を心がけています。

試乗車概要:ライズ

ライズのボディデザイン(リア)

ライズはコンパクトなSUVタイプ。ダイハツ・ロッキーの兄弟車であり、トヨタディーラーで販売されているのがライズです。

前回試乗した4WDモデルに続いての2WDモデルの試乗レポートです。
グレード「G・4WD」の試乗レポートは別記事としてアップしています。

試乗したライズ

ヘッドライト試乗したのは2021年式トヨタ・ライズ。グレード「X 2WD」

車両価格は168万円で、最も安価なグレードの、前輪駆動(FF)モデルです。

オドメーターが示す走行距離は約4000km。クルマとして最も美味しい時期にある走行距離だと思います。

 


簡単試乗レポート

クルマのキャラクター

ライズのボディデザイン(リア)

この2WDモデルに試乗し、ライズに関する考え方が変わりました!

ヤンチャ!それが楽しい!

ボディデザインのイメージ4WDモデルは金額が高いこともあり(25万円高)、一つ上のクラスを買ったほうが良いんじゃない?と思っていました。

でも、2WDモデルに試乗し、今はこうです!
ライズって楽しい!以上!

このライズからは、上位クラスでは得られない魅力を感じます!楽しみを味わえます!

楽しさに極振り的ステータス

筆者達が思った感想はこうです。

  • 「質感」とか「立派」とか、「滑らか」といった基準で評価すると、残念。
  • 「ワクワク」とか「トキメキ」とか、「豪快」といった基準で評価すると、凄い楽しい。

もしかしたら、この価格で立派なクルマを作るのは無理。だったら楽しいクルマにしよう。そんな企画でできたクルマかもしれません。

そうだったら素晴らしすぎます!中途半端な高級感より、よほど魅力的。と思いました。

試乗:こんな運転感覚にワクワク

ライズのボディデザイン(リア)

何よりも元気いっぱいなのが、ライズ2WDの特徴だと思います。ハンドル握れば、細かいこと気にせず運転したくなっちゃう。そんなクルマ。
ジェントルに運転したくなるクルマの反対かな。

理屈じゃない楽しさ

具体的には、乗り心地は跳ねるし伸び上がるし、エンジンはターボらしさが強いし、CVTは勢い重視のセッティング。

メインメーターこれら言葉変えると、高燃費運転しにくいセッティング。
もうね、理屈じゃないよね。本能に訴えかける楽しさ。

普通に考えれば時代に逆行してますよね。でもそれだからこその楽しさがたまりません。

ロードスターと比較したってOK!

マツダ誤解を恐れず表現すれば、この楽しさはロードスター(4代目ND)の対極、そんな楽しさです。

楽しいのはどっちも一緒!ベクトルが違うだけです。
「意のままに」を楽しむか、「荒さ」を楽しむか。どっちも欲しくなっちゃいます。

先代ラッシュも楽しかった!

実質的な先代モデルと思われるのがトヨタ・ラッシュ/ダイハツ・ビーゴ。

トヨタラッシュはFRだったりワイヤー制御タイプのスロットルだったり、素晴らしいけど逆にね、厳しい制約の上で出来たクルマだろうと想像もしちゃいました。

試乗すれば、運転が楽しい!

決してスポーツタイプのクルマじゃないし、レベルの高い走りじゃないんだけど、そんな事は無問題!っていうくらいワクワクしちゃうクルマでした。

動画:ライズ試乗レポート

試乗して感じた特徴や、2WDモデルと4WDモデルで感じる事。その他、内装などで取り上げたい点をまとめています。
エンジンやミッションに関する動画は別にアップしています。

 


簡単試乗レポート

エンジンルームメインメーター・タコメーター(夜間)

試乗時の参考燃費

参考燃費

試乗時の燃費は、夜間の幹線道路で19km/L

燃費計リセットし、 深夜ドライブ(23〜4時)開始。
4時で13.8km/L。そのまま朝6時まで走って表示された燃費は11.3km/L

排気量やクラスからすると、もう少し燃費が良いと想像してました。
想像ほど良くなかった理由は、高燃費運転をしようと思わない楽しさと、高燃費運転がしにくい特性かなと。クルマ自体の燃費が悪いわけじゃないかと思います。

トヨタ ライズ(2WD)

トヨタ

RAIZE (ライズ)

  • 試乗グレード:“ X 2WD”
  • 型式:A200A
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:約168万円

概要

  • 排気量:1000ccターボ
  • エンジン型式:1KR-VET
  • 車重:970kg
  • ボディサイズ:3995×1695×1620mm
  • 発売開始:2019年11月
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

ライズ

A200A - 1KR-VET 1000cc 2019年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
動力質感 評価2

楽しさは満点!振動が目立つのは残念。

駆動系質感 評価2

古典的ターボのフィールに元気の良いCVTの組み合わせ。

快適性 評価2

質感はそれなりでも、4WDモデルよりは乗り心地よく感じました。

足回りの質感 評価3

アラっぽさが逆に、SUVらしさを強調する印象。さらにライズの楽しさにもつながる。

内装の質感 評価2

ほどほどの質感です。

外装の質感 評価1

大きく見え、人気のSUVタイプという魅力。

運転しやすさ 評価5

見切りよく、取り回し性能に優れる。

お買い得度 評価4

この廉価グレードはお得感あり!

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び