自動車の・試乗レポート(日産)

2021年記事 日産ノート
著:ヒラリー男爵

日産ノート試乗「1」
e-POWERの特徴・魅力

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは2021年式・ノート

当ページは1ページ目です。

「e-POWERの加速感など印象」

日産
  • グレード:“S”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:203万円
  • デビュー年:2020年12月〜
ノートの内装インパネ1ノートの内装インパネ2・乗車時

日産・ノート(グレードS・型式E13)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ノート試乗「1」e-POWER印象とノートの魅力
  2. ノート試乗「2」ハンドリングなど運転感覚
  3. ノート試乗「3」燃費、乗り心地など快適性
  4. ノート試乗「4」内装(フロントシート)
  5. ノート試乗「5」内装(リアシート)
  6. ノート試乗「6」小さな長所短所、評価総合

試乗車概要:日産ノート

ノート・ボディデザイン・夜間

2020年12月発売の3代目ノート。日産のコンパクトカーといえばやっぱりノートでしょう!
ハイブリッドシステムのe-POWERを搭載し、高燃費がウリ。プラス、ドライバーが走りやすいだろうという運転感覚が魅力です。

試乗したノート

ノート・ボディリア斜め試乗したのは2021年式ノート。グレードは「S」。オドメーターが示す走行距離は1500km

オーラなど多くのバリーエーションが用意されるノートの中で、最もベーシックなグレードです。
車両価格は203万円で、パワーユニットはハイブリッドのe-POWERです。

このノートに約300km試乗。ハンドリングに魅力を感じるノートなので、山道方面を中心に、市街地等バランス良く試乗してきました。

クルマのキャラクター

ノート・ボディデザイン・リア

加速も減速も、ハンドリングも、丁寧に走らせやすい!ジェントルに大人っぽい良さは、正統派と表現したくなる運転感覚。

e-POWERという魅力

エンジンルームパワーユニットはもうお馴染み、日産式ハイブリッドのe-POWER。電気自動車に近い加速フィールが特徴です。

性能は先代より向上し、燃費はトヨタ式ハイブリッドと勝負できるくらいになったと思いました。

e-POWER以外も魅力

ステアリングノートで最も良いと感じたのは、上質なハンドリング

滑らかに走らせやすい上に、丁寧な操作にもアグレッシブな操作にも応えてくれます。

筆者の運転には、ハンドルを戻す操作も感覚にあっていました。

価格はちょっと割高

「スマートキーもLEDヘッドライトもいらないよ」と仰っしゃれば、203万円〜ラインナップされます。

でもそれなりの装備が必要なら、上位グレードの「X」にオプション追加することに。上級コンパクトカーというイメージ通りの価格になります。

上級グレードでも便利装備はオプションで追加していく感じです。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:加速と減速の質感

ノート

シフトセレクターは上がリバース、下がドライブ、ボタンでパーキング。操作はまるで、電気自動車への布石。

エンジンノイズも響いてきますが、アクセル操作に対する反応は電気自動車的です。

上品な味付けが好印象!

ダイレクト感強め

メーター1踏めば高い瞬発力、戻せば強い減速力。まるでMT車の2速ホールドみたいな感じです。

足の指にチカラを入れるか入れないか、そうした細かい操作にも応えてくれます。

ギクシャクしにくく調教されてます

メーター2といってもご心配なく!
ラフなペダル操作をしても、ギクシャクする事はありません

他車では、思い通りの加速/減速を得るのに神経を使うクルマは普通にありますし、予想外の挙動に唐突感と格闘みたいなクルマだってあります。

話題にはなりにくいけど、良いよね

元気で豪快なフィーリングも良いものですが、滑らかに走りやすい上品なフィーリングも良いものです。

ハンドリングもそうですが、正統派っていうとちょっと地味な印象受けません?

味が濃い方が話題になるという事実。でも乗りやすいのはだいたい、正統派って言われるクルマだと思います。

加速感は電気自動車的

踏んだ瞬間にグッと来て、そこから伸びがない感覚は、まさにモーター的加速感。
(e-POWERはエンジンで発電してモーターで加速)

音はモーター音よりエンジンノイズが目立ちます。でも、低速時だけでなく、時速100km近い速度でも同じように加速してくれます。

踏んだ瞬間の質も高い

ボディフロントガクンと加速せず、ジワッとグッと加速する感覚が良いです。

こうしたタメを、ドライバーがコントロールしなくてもクルマがコントロールしてくれます。

純粋な電気自動車と比較すると、瞬発力は弱めで少しだけガソリン車的。そうした感覚も、長年ガソリン車に慣れてきた体に馴染みます。

グッと加速、しない時もある

ボディリアおそらくバッテリー残量か、エンジンの始動状態によるのでしょうが、グッと加速してくれない時もあります。

アクセル踏んで、あれ?っと思ったら、もう一度踏み直してみてください。

エンジン始動時の振動が気にならず

音は気になりますが振動が気になりません
アピールされていませんが優れた長所だと思います。

トヨタ式ハイブリッドなどで、クルマが発進直後に始動すると、エンジンの始動する振動が気になりやすいです。

発電用エンジンの回り方がユニーク

状況によって回り方が変わり、印象は様々です。

ロードノイズを感知してそれに合わせるなど、細かな制御がされているようですが、静粛性的には逆効果のようにも感じました

詳しくは静粛性のページに記載します。

差が明確!3つの走行モード

ノート・ドライブセレクター

選べるモードは3種類(+D/Bレンジ)
Dレンジのままでもドライブモードを変更すると、加速感・減速感は大きく変わります。

試乗したノートだと、始動直後は常にエコモードになる様子でした。

それぞれの特徴

下にいくほど、電気自動車らしさが強調されます。

ノーマルモード

通常のCVT車のように回生ブレーキが弱い。
アクセルOFFでスーっとクルマが転がります。

エコモード

回生ブレーキが強い。停止直前を除き、ワンペダルみたいな感覚。

スポーツモード

回生ブレーキが最も強い。停止直前を除き、ほぼワンペダルで走行可能。
スロットル特性が敏感になり、ゆっくり踏み込んでいっても元気に加速。

クリープ付きのワンペダル走行

ドライブモードどの走行モードでも、時速10kmくらいまでワンペダルで減速できます。

時速10kmまで減速すると、そこからはクリープが効くのでゆっくり前進します。

ノートのメーター(夜)ノートのメーター

セットオプションで価格上昇

ボディサイドグレード体系が絶妙と感じることは多々ありますが、ノートはオプション設定が悩ましすぎます。

アレコレ欲しいユーザーにはお得!要らなきゃ高い!そんなイメージです。

運転支援まで欲しいとすると、フィットやヤリスより高くなります。
「X」219万円にLEDヘッドライト10万円、本革ステアリング8万円、ナビ付きプロパイロット44万円。

乗ればね、Cセグメントクラスと同じように走れ、とても魅力的なんですが、価格もCセグメントクラスと言えなくもありません。

日産 ノート

ニッサン

NOTE (ノート)

  • グレード:“S”
  • 型式:E13
  • 年式:2021年式
  • システム:ハイブリッド
  • 車両価格:203万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:HR12DE

その他概要

  • ボディサイズ:4045×1695×1505mm
  • 車重:1220kg
  • 発売時期:2020年15月〜
  • 新車時価格帯:203万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

ノート

E13 - HR12DE 1200cc 2021年〜
ハイブリッド

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
加減速の質感 5段階評価

ゆったりにも、豪快にも、ドライバーがコントロールできる加速と減速

ハンドリング質感 5段階評価

修正舵が少ないハンドリングは正統派と思える良さ。ここに惹かれたら割高な価格も納得

足回りの質感 5段階評価

乗り心地は、悪くはないという感じ。ドライバーの運転しやすさ優先のイメージ

内装の質感 5段階評価

メーターやナビ周辺はグイグイ推してきます

外装の質感 5段階評価

リア周りはボリューム感あって立派な印象

お買い得度 5段階評価

203万円という価格に魅力はあれど、装備面を考慮すると厳しい






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び