自動車の・試乗レポート(日産)

2021年記事 日産ノート
著:ヒラリー男爵

日産ノート試乗「5」
内装(リアシート)

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは2021年式・ノート

当ページは5ページ目です。

「リアシートとラゲッジスペース」

日産
  • グレード:“S”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:203万円
  • デビュー年:2020年12月〜
ノートの内装インパネ1ノートの内装インパネ2・乗車時

日産・ノート(グレードS・型式E13)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ノート試乗「1」e-POWER印象とノートの魅力
  2. ノート試乗「2」ハンドリングなど運転感覚
  3. ノート試乗「3」燃費、乗り心地など快適性
  4. ノート試乗「4」内装(フロントシート)
  5. ノート試乗「5」内装(リアシート)
  6. ノート試乗「6」小さな長所短所、評価総合

内装:リアシート

ノート・リアシート

ノートのリアシートで感じた点と、先代からボディが小さくなって変わった点など。

リアシートのスペースと内装質感

リアシート1

リアシートは広さをウリにしているフィットと比較しても遜色ないスペースと感じました。
特に、深く座るのなら狭さを感じないスペースだと思いました。

足も問題なく置けるので、座っている間は快適です。

ん?座ってる間は?? 乗降性は降りにくい、かもです。

足を置く位置

リアシート2リアシート3

写真左:しっかり座ると、足は置きたい位置に置けます。
トヨタ車等ではシートレールが邪魔になり、広くても座りにくかったりしますので、これは良いです(センタートンネルは大きめ)。

写真右:フロントシート下には構造物。足を伸ばして座ろうとすると、つま先が構造物にあたります。

リアシートの内装質感

リアシート周辺の内装は節約・差別化されやすい場所なので、質感低いくらいが普通だと思います。

リアシート4リアシート5

このグレード「S」だと特にかもしれませんが、素材感というかデザイン的にちょっと安っぽい感はあります。

ノートの価格を考えれば寂しくはあります。評価はライバル車との関係が大事だと思うので、2代目アクアと比較してみたいです。

リアシート乗り心地

今回リアシートには試乗できなかったので、内容は最低限です。

リアシート6リアシート7

運転していてもわかるのは、リアサスペンションの硬さです。フロントと比較すれば、縮む方向だけでなく伸びる方向も、リアが硬めだと思いました。

それでもリアシート座面は柔らかく、柔らかさで乗り心地を稼いでいそうです。クッション性的に、長時間は沈み込んでしまうかもしれません。

ヘッドレストの形状から、圧迫感は低いです。シート間のスペースも開放的で精神的にラクです。
クルマ酔いしにくいかもしれませんし、乗り心地にも良い方向に効いてくると思います。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

全長が短くなって気になる部分

ノート・リアシート視界

先代ノートからモデルチェンジして、ボディ全長は短くなりました。リアシートスペースでなにか変わった?変わったかもしれない部分など。

シートバックに不満なし

リアシート8リアシート9

筆者の身長(172cm)だと、シートバック(背もたれ)に不満はありません。

ここの大きさが小さかったり、角度を立ててスペースを稼ぐ事もあったりしますが、ノートではサイズも角度も、普通に座れます。

足元も不満なし

リアシート10

膝前は狭くなっているかもしれませんが、しっかり深く腰掛ければ問題ありません。

同様に深く腰掛ければ、足元も左右の空間的に足が置きやすく、足の置き場は良好です。

足抜きがたいへん〜

リアシート11

気になったのは、乗降性の悪さ。正確には降りる時の、足抜きの悪さ

画像でご覧頂きたいのは足の姿勢。高く足を上げて、それでもつま先がドアに当たり、カカトがステップに当たります。

このあたりが旧型との違いかも(比較はしてないです)

いろんな姿勢で何度も試しましたが、ラクに降りれる方法はわかりませんでした。
敢えていえば、頭から降りれば足抜きはきっとラク(試してません)。

内装:ラゲッジスペース

ノート・ラゲッジスペース

ボディ全長4000mm前後のBセグメント車において、標準的なラゲッジスペースが確保されています。

ラゲッジスペース1

寸法をチェックすれば、奥行きはヤリスと同程度で、フィットやマツダ2と比較すると、短めです。

ボディ形状は異なりますが、ライズ/ロッキーですと見てわかるだけ奥行きがあります。

ラゲッジスペース2ラゲッジスペース3

またカタログ容積でいうと、ノート2WDが340L、ノート4WDが260Lと違いが大きいので、フロア高など構造的な違いが考えられます。

ラゲッジスペース4

試乗したノートでの、テールゲートの開閉感。

開ける時は反発感が高いものの、ギスギスやガタツキの少ない、品の良い開け心地でした。

閉める時は普通に重いです。

特別な構造は見受けられなかったので、車体の個体差による違いが大きい可能性があります。

ノートのメーター(夜)ノートのメーター

暖かい照明色

車内照明車内の照明は、アンバーというか電球色というか、オレンジっぽい色合い
車体中央のリアシート前も同じ色です。

実際はLEDっぽい輝度ですが、カバーの吸収、拡散も含め、優しく光ります。

LEDの強い照明が一般的で、確かにね、そのほうがカッコいいけどね、眩しさを感じにくいのはこっちかと思います。

日産 ノート

ニッサン

NOTE (ノート)

  • グレード:“S”
  • 型式:E13
  • 年式:2021年式
  • システム:ハイブリッド
  • 車両価格:203万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:HR12DE

その他概要

  • ボディサイズ:4045×1695×1505mm
  • 車重:1220kg
  • 発売時期:2020年15月〜
  • 新車時価格帯:203万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び