自動車の・試乗レポート(日産)

2021年記事 日産ノート
著:ヒラリー男爵

日産ノート試乗「4」
内装(フロント)

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは2021年式・ノート

当ページは4ページ目です。

「インパネなど内装、メーターの視認性」等

日産
  • グレード:“S”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:203万円
  • デビュー年:2020年12月〜
ノートの内装インパネ1ノートの内装インパネ2・乗車時

日産・ノート(グレードS・型式E13)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ノート試乗「1」e-POWER印象とノートの魅力
  2. ノート試乗「2」ハンドリングなど運転感覚
  3. ノート試乗「3」燃費、乗り心地など快適性
  4. ノート試乗「4」内装(フロントシート)
  5. ノート試乗「5」内装(リアシート)
  6. ノート試乗「6」小さな長所短所、評価総合

内装:フロントシート

ノート・内装1

試乗したノートはベーシックグレードの「S」。インパネ〜センターコンソールの特徴的な造形が、一度見たら忘れられないだけのインパクトを感じます。

ドライバー前の押し出し感が凄い!

内装1内装2

液晶タブレットを2個並べたような形状は、新しさを感じさせるもの。ツヤツヤな面積が大きいですし、全体が液晶メーターというのもあります。
機能も豊富で、切り替えながら様々な情報を表示できます。

内装3

この部分、高級車とか輸入車とか、実験的なホンダeとかなら、インパクトを感じるほどではないです。

でもこの、多くの販売台数が予想できるノートだからというのが凄い!と思います。

視認性の部分

反射は気になりません。代わりに、映り込みは気になります

メーター1メーター2

バックライトの輝度、漏れ、ムラetc. 協力に反射を抑える表面処理をしながら美しく見せるのは難しいのでしょう。

昼間はそれなりの美しさ、夜間は美しく感じました。

こうしたメーターが一般的になっていくかもしれませんが、液晶パネルはまだまだ進化してくでしょうし、美しさの進化が楽しみです。

内装の質感など

ノート・内装2フロントシート

メインメーターのインパクトに目を奪われますが、全体的な造形も特徴的です。ただこのグレードですと、内装表面の質感はコンパクトクラスらしい質感です。

内装4上位グレードの「X」では、この造形に見合っただけの質感と思えるくらいに、変更が大きいと感じます。

ご覧いただいている写真は、質感高く見えるように撮っています。当サイトでもそうですし、他のサイトでもカメラマンなら皆様そうですよね。

立派に見せようと撮っても、例えばグレーの色調ですとか、安っぽさが目立ちます。

エアコンはオートエアコン

内装6内装7

場所変わってエアコン、こちらの液晶表示部は最小限の表示。機能はインジケーターで判断するタイプです。

これならメインメーターに統合しても...なんて気もしますが、助手席の同乗者も簡単に操作できないエアコンは不便です。
以前所有したトヨタSAIがそんな感じでした。

記憶に残っているのは、ロータリースイッチの回し心地。回し心地は硬いのですがガタツキがなく、目的の位置にしっかり合わせられます

使いやすいドリンクホルダー

ドリンクホルダー1ドリンクホルダー2

ドリンクホルダーは、収納式です。

収納時は存在が目立たず、全体の質感に貢献。開けると、ガタツキ少なく安心してドリンクが置けます

円形、四角形、どちらのパックでも置けます。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

内装:助手席

ノート・内装3助手席

助手席側もインパネ上部に特徴があります。スパッと切り込んだように斬新な造形は、筆者のお気に入りポイントです。

助手席内装1助手席内装2

写真左:足を前に出したときのスペースは余裕です。膝の後ろが浮いてしまうことなく座れるだけの奥行きがあります。

写真右:カカトの部分は構造的に盛り上がっています。
ちょうどホンダの、センタータンクレイアウトと同じような感じです。座っている時は邪魔になりにくいですが、乗り降りの際に気になる時もあります。

ここが良い!すごく良い!

助手席内装3

助手席のドアを開けた時、「さあどうぞ〜」っておもてなしを感じました

このインパネ形状で、「お入りください〜」という気持ちが伝わってくるようです。

こうした内装のクルマ、他にあったっけ?ちょっと思い出せません。ノートがオリジナルだったら素晴らしすぎます。

ノートのオートハイビーム

ノート・オートハイビーム

日産ノート「S」のオートハイビームを使ってみました。ハロゲンヘッドライトのタイプです。
なお、オプションのLEDヘッドライトはアダプティブタイプみたいです。

非常に慎重なシステム

ヘッドライト

使ってみると、なかなかハイビームに変わってくれません
というか、ほとんどロービームのまま。

同じ年式のトヨタ・ハリアーで試した道と同じ道を走ったのですが、差は大きかったです。

Hi-Lo2段切り替えのヘッドライトはもう進化させないのかな?
アダプティブタイプが主流になってきていますしね。

オートヘッドライトはGOOD!

オートヘッドライトはシステム始動直後は消えていて、走り出すと点灯します。

始動した瞬間に点灯するシステムと比較すると、周囲への迷惑が気になりません。必要なら手動で点灯も可能です。

動画:オートハイビームを試してみました

日産ノート・グレード「S」、Hi-Lo2段切り替え式のオートハイビームを試してみました!

ノートのメーター(夜)ノートのメーター

スタートスイッチの位置

スタートスイッチ

ノートのスタートスイッチはシフトセクレター横に位置しています。
サイズはちょっと小さめですが、初めて試乗されてもわかりにくいことはないと思います。

標準的な位置はどこになるのかな?

スタートスイッチはドライバー左側に位置することが一般的になってきました。

筆者的には、各スイッチが集中するより分離している方がわかりやすいし、どのクルマに乗っても同じ位置にあって欲しいと思います。

スマホのホームボタン、バラバラだったら嫌になっちゃいません?皆様は如何でしょうか?

日産 ノート

ニッサン

NOTE (ノート)

  • グレード:“S”
  • 型式:E13
  • 年式:2021年式
  • システム:ハイブリッド
  • 車両価格:203万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:HR12DE

その他概要

  • ボディサイズ:4045×1695×1505mm
  • 車重:1220kg
  • 発売時期:2020年15月〜
  • 新車時価格帯:203万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び