自動車の・試乗レポート(日産)

2021年記事 日産ノート
著:ヒラリー男爵

日産ノート試乗「2」
ハンドリング・ステアフィール

間違いいっぱいの自動車選び。試乗レポートは2021年式・ノート

当ページは2ページ目です。

「修正舵が少ないハンドリング」

日産
  • グレード:“S”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:203万円
  • デビュー年:2020年12月〜
ノートの内装インパネ1ノートの内装インパネ2・乗車時

日産・ノート(グレードS・型式E13)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. ノート試乗「1」e-POWER印象とノートの魅力
  2. ノート試乗「2」ハンドリングなど運転感覚
  3. ノート試乗「3」燃費、乗り心地など快適性
  4. ノート試乗「4」内装(フロントシート)
  5. ノート試乗「5」内装(リアシート)
  6. ノート試乗「6」小さな長所短所、評価総合

試乗:ハンドリング

ノート・ハンドリング・ステアリング

地味に凄い!ノートのハンドリング。合わせてアクセルもブレーキも、唐突感なくて走行フィール全体がお上品です。

修正が少ないハンドリング

ハンドリング1

マイルドだけど反応は適度に良好。
日常での交差点から山道まで、修正舵の少なさにはびっくりしちゃいました。

ハンドルを回す量だけでなく回す速度などにも応えてくれて、丁寧に操作すればより滑らかにクルマは曲がります。

また筆者の乗り方だと、ハンドル戻すのも、道が真っ直ぐになったらハンドルも勝手に中心、みたいな感覚でした。

直進性も高い

ハンドリング2

この修正舵が少なくてすむハンドリングは、直進していても同じ傾向です。撮影してきた動画を見ても、修正が少ないです。

ベクタリングコントロールがされているのか、ハンドルを取られる感覚も小さいんですよね。

コンパクトカーとして考えても、それ以上と比較しても、これならいいよねと感じました。

その分、ちょっと豪快に走りたくなるような感覚は薄めです。
こうした部分を楽しさと捉えるのでしたら、ライズのターボエンジン搭載車ですとか、スイフトのベーシックグレードが良いかと思います。

滑らかに揺れにくく、走りやすい

ボディフロント

ハンドルが敏感すぎず、曖昧すぎず、尖ったところがありません
クイックで繊細なクルマも多いから、正確にはマイルドといった方が的確でしょうか。

多少ダランと運転しても挙動変化は落ち着いていて、スムーズに走りやすいです。

敏感とかダルいとかで表すと、そこまで締まってはいません。やっぱりマイルド。

地味で聞こえが悪いかもしれませんが、これが良いです!何も考えずにスィースィーっと気持ちよく曲がれます。

コンパクトで高性能、そこに価値あり!

ボディリアさらに、コンパクトボディで高性能だから、大きいクルマより滑らかな走行ラインで走れます。

急な部分を緩和できるので、なおさらスムーズ。

きっと同乗者も快適かと思います。

本革巻きステアリングが欲しい!

ハンドル表面のグリップ力でハンドリングの印象は変わります。けっこう大きく変わる傾向だと思うので、こうしたノートには本革ステアリングが欲しいです。

実際は上級の「X」でもオプション装備です。

元気よく操作すれば、クルマは揺れる

普通に走ってる分には左右の揺れは気にならないけど、ちょっと元気よくアクセル踏もうと思うと、それなりに揺れます。

フロントタイヤ1グラグラするわけじゃなくて、ジワッとですが、フロントサスペンションの少し抜けているところで、車体が動きます

ダンパーがちょっと伸びやすい感じで、アグレッシブに乗ろうとすると、アクセルOn-Offやハンドルで伸びたり縮んだり。

ここにワクワク感を感じれば良いですが、もっと減衰力が欲しいと感じたら、オーテックとかオーラとかニスモとか、味付けが変わっているかもしれませんね。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

運転感覚に惹かれたらこそ、ノート!

ノート・ボディデザイン

「S」が203万円、「X」が219万円。価格だけ見ると、高いけど許容範囲内。そうしたイメージを受けます。
でも装備は「X」でも最小限。これで良ければ良いんだけど、そんな装備内容です。

安くも買えるけど、普通は高くなりそう

欲しい装備はだいたいオプション

「S」には、スマートキーやLEDヘッドライトがオプション。「X」でも実用装備は似たような感じ。

リアタイヤプロパイロットは「X」に装着可能なので、「X」にプロパイロット、LEDヘッドライト、本皮ステアリングをつけると、オプション価格60万円。

筆者は初めてノート見た時、これならリーフかエクストレイル...なんて思っちゃいました。

小さくて立派は凄い事ですが、お金稼ぐのは大変、ですよね!

走行フィールに惹かれたらこその価格

フロントタイヤ2もしね、e-POWERだけしか特徴がなかったら、ノートの価格にはクエスチョンマークがいっぱい。
ヤリスHVやフィットHV、後出しでライバルに勝てない価格ですからね。

ノートはe-POWERにプラス、このハンドリングとかブレーキフィールとか、こうした車体の良さに惹かれたらこその価格だと思います。

筆者的には、「走りやすいと感じたら買い」「普通と感じたら見送り」だと思いました。

ボディ見切りと車両感覚

ノート・ボディリア

ボディの隅がわかればスペースをギリギリまで使えます。
タイヤの位置が感じやすければ、あらゆる走行が楽ちんです。

そんな、ボディ見切りと車両感覚の取りやすさについて。

左右のAピラー

ピラー1ピラー2

インパネ奥行きが長い割に、意外に近く感じるAピラー。思ったほど邪魔になりません。付け根はそれなりに前方といったくらいで、太さも細めです。

全く邪魔にならないわけじゃないけど、そこまで邪魔には感じませんでした。
左側を寄せるのも、なんとなく感覚が取れましたし、車両感覚は取りやすくはないけど許容範囲、くらいの印象です。

死角の少ないドアミラー周辺

ピラー3

市街地で効いてくるのはここの隙間。三角窓の周辺です。

ノートではドアミラーのフローティング構造がしっかり機能していて好印象です。
右タイヤの位置も感覚的に掴みやすいです。

多くのコンパクトカーで死角の大きかった場所ですが、こうした部分も徐々に進化していると思います。

前方/左前はカンで勝負

ピラー4ピラー5

前方は視認できないのでカンです。カメラを前に出してご覧の通り。

前方を寄せる時、ノートならパーキングサポートブレーキが使えます!滑らかでショックなく停止するので、ゆっくり寄せて自動で停止すると、けっこう良い位置まで寄れます。
寄る距離も設定可能です。

その他の特徴

ピラー6ピラー7

インパネの奥行きは長いです。実際より大きなクルマの感覚を得られますし、同じ長いにしても、一世代前の車種と比較すれば、車両感覚も取りやすくなっています。

好みも含め好ましいと感じたのは、ナビモニターのレイアウト

しっかり存在を主張してるのに、視覚的に邪魔になりませんし、圧迫感も最小限。欲いえば、パネルがつや消し処理だったら最高かも?試してみたいですね。

動画:ハンドリングと価格考察

修正が少ないと感じるノートのハンドリング。運転感覚は素晴らしいのですがすると、良ければ高いの?と疑問が湧いちゃいます

ハンドリングの印象と価格考察の動画です。こちらもよろしくお願いします!

ノートのメーター(夜)ノートのメーター

カクンとしにくいブレーキ

ワンペダルで減速して、
時速10kmになったらブレーキペダルに足乗せて、
停止したらグッと踏み込む。

ブレーキペダルこれだけで、何もなかったように停止して、ブレーキホールドで停止し続けます

ハイブリッドなのに神経質じゃないブレーキ。最高です。

2代目アクア等わかりませんが、ノートなら簡単に、カクンとしないブレーキがやりやすいです(ここ、動画にします)。

日産 ノート

ニッサン

NOTE (ノート)

  • グレード:“S”
  • 型式:E13
  • 年式:2021年式
  • システム:ハイブリッド
  • 車両価格:203万円

エンジン概要

  • 排気量:1200cc
  • エンジン型式:HR12DE

その他概要

  • ボディサイズ:4045×1695×1505mm
  • 車重:1220kg
  • 発売時期:2020年15月〜
  • 新車時価格帯:203万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び