自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2022年記事 トヨタ
 & 

ヤリス・ハイブリッド試乗「4」
内装の質感

間違いいっぱいの自動車選び。2021年式ヤリスの試乗レビュー。

4ページ目です!

「内装(フロント&リアシート)」

トヨタ
  • グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:200万円
  • デビュー年:2020年2月〜
ヤリス・内装1(昼)ヤリス・内装2インパネ(昼)

内装:フロントシート

ヤリスハイブリッド・フロントシート

見えないところにお金かかって、見えるところはクラスなり。そんな印象を受けるヤリスの内装です。

インパネ1ハザードスイッチ

ハンドル握った時の魅力は、小さいからこその魅力があって、高価で大きなクルマと好みで選べるようになりました。同格に選べるとさえ思えるくらいです。

逆に内装は、トヨタのピラミッド構造をしっかり感じさせる部分。カローラなど上位クラスとの差は大きく、クラスを感じさせます。

インパネ2夜間

先代モデルとなるヴィッツと比較すれば、造形的に凝ってますし、大味な造形は影を潜めました。
でもやっぱり、内装パネル表面の質感はそれなりです。

良いのは夜間のインパネ。細かく光るステアリングスイッチなどイルミネーションが良い感じ!細かく=大味の反対。これがトヨタの上級車種と同じようなイメージですから、安っぽさを感じにくいです。

メインメーターの形状

メインメーターはオーソドックスな二眼式タイプ(画像はページ下部にて)。

メーター1メーター2

グレードによっては独自形状の二眼タイプに変わります。下の画像はヤリスのガソリンモデルとヤリスクロスのハイブリッド。

メーター3メーター4

個性的でスタイリッシュなのでしょうけど、映り込みが気になります。光が当たると白っぽく光りますので、敏感な方ですと気になりそうです。
筆者は気になってダメでした。ヤリスハイブリッドのオーソドックスなメーターが好みです。

フロントシート

ハイブリッドXのフロントシートは、モノフォルムタイプと呼ばれるヘッドレスト一体型。シート表地もコストの限界を感じさせる、なかなかに微妙な質感です。

フロントシート1フロントシート2

率直に言ってチープな見た目ですし、着座感としても滑りやすいです。

その代わり、スルッと滑るように座れ、問題を感じない位置に体が収まります。もしかしてコレが狙い??

フロントシート3

見た目にはチープでも、調整機能はしっかり。ハイトアジャスターはしっかり機能しますし、チルト&テレスコピックも付いてます。

見た目より機能性!このあたりがヤリスの特徴をハッキリさせてます

上位グレードまたはオプションで、一般的なシートに変わります。

ステアリングスイッチ

ステアリングスイッチ左ステアリングスイッチ右

ステアリングスイッチ左側は各種設定に使用するスイッチ。上下左右と決定・戻るといったあたり。

ステアリングスイッチ右側はADAS系。クルーズコントロールに関する機能がメインです。

ドアトリムと小物入れ

ドアトリムドアハンドル

ドアトリム(ドア内張り)は、シンプルな中にドアハンドル周辺だけは凝った作り。

でもここの作りが美しい!曲線美とボリューム感が良いです。
ドアハンドルの握る位置を、迷っちゃう時もあるけどねw

小物置き

センタークラスター下部は小物置き。定番のデザインですね。

クッション性のある滑り止めでも置けば、便利に使えそうです。

インパネからドアへの造形

インパネサイド

ここは初めて見た時からずっと気になってました。

難しくコストに左右されるといわれる部分であるからこそ、気になっちゃう部分。

ヤリスの弱点が内装質感というのはよく言われるポイント。ですから、ワイドボディのグレードとか、欧州仕様のヤリスとか、もしくはマイナーチェンジで形状変更されるか、気になります。

 


※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

内装:助手席

ヤリスハイブリッド・助手席

助手席に座った時の印象は、フロントシート優先であろうという印象。それが一番強いです。

助手席1助手席2

シートは前後のスライド量が大きく、ギリギリ座れるくらいから、後ろの方までスライドします。

着座感も、シートを最も後ろに下げて、背もたれを寝かせ気味にして、そうして座った時が一番しっくりきました。

マツダ2・助手席左の画像はマツダ2の助手席。
もしかしたらマツダ2の方が後ろまで下がり、足を投げ出して座れるかもしれません。

でもヤリスだって、窮屈とは感じない着座姿勢で座れます。

あと、アップライトに座るタイプより、傘を置くのも置きやすいと思います。

内装:リアシート

ヤリスハイブリッド・リアシート

広くないし圧迫感強いし、座面とシートバックの角度はチグハグだし...。でも乗り心地は悪くないヤリスのリアシート。

リアシート1リアシート2

スペースに関しては座ればすぐわかるので、「広くない」という点だけお伝えさせて下さい。

気にしてご確認頂きたいのは、乗り降りに関する部分。筆者ですと足抜くはキツく感じました。この部分、ヤリスクロスの方がラクに乗り降りできました。

そして圧迫感に関する部分。
このグレードだとフロントシートがモノフォルムシートなので、リアシートの圧迫感は強いです。

ヤリス・シートバック1ヤリス・シートバックリアシート

逆に好印象だったのは、座面と背もたれのくびれ。乗員が座る部分がはっきり凹んでいます。

座り心地がどうこうというわけじゃないけど、視覚的に立派に見えます。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。一部の画像は拡大します。

ヤリス・メーター1(昼)ヤリス・メーター(夜)

ラゲッジスペース

ヤリス・ラゲッジスペースラゲッジスペース・ダンボール積載

ラゲッジ底面のスペースは手寸で、奥行きで60cm強、幅で100cm

ラゲッジスペースに関しては、ヤリス・ガソリンモデルの試乗レポートに記載しています。

トヨタ ヤリス・ハイブリッド

トヨタ

yaris (ヤリス)

  • 試乗グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年
  • 型式:MXPH10
  • 新車価格:200万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式: M15A-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:3940×1695×1500mm
  • 車重:1050kg
  • 発売時期:2020年2月〜
  • 新車価格帯:140万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社