自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2022年記事
著:ヒラリー男爵&もと車整備士

ヤリス・ハイブリッド試乗「6」
燃費と比較、評価総合

「間違いいっぱいの自動車選び」。2021年式ヤリス「ハイブリッドX」の試乗レポート。

当ページは6ページ目です。

「燃費、ノート&フィットと簡単比較」

トヨタ
  • グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:200万円
  • デビュー年:2020年2月〜
ヤリス・内装1(昼)ヤリス・内装2インパネ(昼)

試乗時の燃費

ヤリスハイブリッド・試乗時の燃費

2021年式のヤリス・ハイブリッド、燃費良いのは当たり前。でも冬場はどうだろう?暖房使うと燃費下がる?
今回の燃費チェックは、外気温が低い時期となりました。

暖房使うと燃費悪い?

エアコン操作部2クルマの暖房はエンジンの熱を利用しています。冷却水から熱を取り出してるそうです。

純ガソリン車だったら燃費に影響しませんが、ハイブリッドだとどうでしょう?

エンジン停止中は水温は下がります。燃焼効率は悪そうですし、金属やゴムパーツの抵抗も変わることが予想されます。

パターン定めて走ってみました

  1. (行き)一般道をノーマルモードで普通に走ります。
  2. (途中)山道をスポーツモードで走ります。
  3. (戻り)一般道をエコモードで燃費優先で走ります。
パターン1の燃費

エアコンOFF、暖房を27度設定で二目盛り。この状態で走りました。

燃費1

ドライブセレクターはノーマルモード。一般道を普通に走りました。

エンジンは頻繁に始動します。

結果は、15.9km走って26.0km/Lでした。

パターン2の燃費

燃費2

ドライブセレクターはスポーツモード。山道を走りました。

エンジンは下り坂以外、だいたい稼働しています。

結果は、14.1km走って29.8km/Lでした。

ええ!って感じですよね。エンジンやタイヤを始め、各部の適正温度とか、そうした理由でしょうか?
踏めるだけ踏んだわけじゃないですが、少しは踏んでます。

楽しく走って、暖房の効きも良くて、驚異の燃費です。

パターン3の燃費

燃費3

ドライブセレクターはエコモード。一般道を燃費重視で走りました。

コースはパターン1の戻り区間。EV比率は60〜65%でした。

結果は、15.9km走って37.1km/Lでした。

素晴らしい燃費ですが、もっと伸びてくれる予想だったので、悩んじゃいました。EV比率は70〜75%が目標だったのですが難しかったです。

やっぱり外気温とか暖房かな。あとはエンジン始動時間長いのに、バッテリー残量は中心付近を指し続けました。う〜ん難しいです。

普通に走った時の燃費

燃費4

このまま朝まで走行し、朝の渋滞にさしかかってきたあたりの燃費です。

表示されている燃費は18.3km/L

暑さとか寒さには弱いハイブリッドですが、渋滞には強いですね!

暖房使わないときの燃費

ヤリスクロス・ハイブリッドで同じコースを、暖房を使わずに走った時の燃費です。

ヤリスクロス

バッテリーの細かな種類や銘柄は違いがあるかもしれません。
1500ccエンジンとモーターその他ハイブリッドシステムはヤリスハイブリッドと同等と思われます。

エアコン・ACともにOFF。その他条件一緒。同じコースを同じ様に走った時の燃費はこんな感じでした。

  • (パターン1)一般道をノーマルモード。26.1km/L
  • (パターン2)山道をスポーツモード。21.2km/L
  • (パターン3)一般道をエコモードで燃費優先。54.0km/L

多少なりとも条件悪いであろうヤリスクロスで、同じような燃費です。発進停止が少なくければ車両重量の差はでにくいので、気温の差で相殺されるのでしょう。

エコランした時の燃費は、大きな差があります。
エンジン始動を極限まで減らそうと走れば、暖房の差が顕著に出る、と結論付けさせて下さい。

ヤリスハイブリッドと近い関係の2代目アクア、試乗時の燃費を下記ページに記載しています。

動画:ハイブリッドの印象と燃費

エンジンなどハイブリッドシステムの加速感や質感、印象。またテーマを決めた燃費チェックをまとめた動画です。

 

競合車と簡単比較

日産ノートと簡単比較

ノート

2020年12月登場の日産ノート。おなじみe-Powerのハイブリッド車です。

ヤリスとは同クラスかと思いますが、総合的な乗り味は一クラス上みたいに良くできたクルマです。その分お値段も20万円ほど高いスタートで、装備揃えるともう少し高くなります。

印象はもはや、小さな高級車。オーラでなくてもそう。それくらい走行に関する質感、特にハンドリングやブレーキに関する質感が高いです。

逆に燃費は、トヨタのハイブリッドに分がある様子。イニシャルもランニングコストも上がりますから、そこをどう捉えるかによって、魅力は変わってきそうです。

4代目フィットと簡単比較

フィット

2020年2月登場の4代目フィット。e:HEVと呼ばれるハイブリッドシステムをウリにしているクルマです。

このフィットは価格も装備も、ガチでヤリスと勝負している様子。スターティングプライスは200万円〜。

違いはキャラクターと優先事項。フィットはボディデザインから内装イメージ、車内スペース特性など、ファミリー感が重視されているのは、見ればすぐわかります。

そして市街地レベルから乗り心地が優先され、柔らかくてしっとりしたサスペンションで、ゆっくり走る時の快適性が高いです。その代わりハンドリングは苦手科目。コーナーではハイトワゴンにも似た感触があります。

パーソナル感強く、コーナーフィールに魅力を感じるヤリスとは正反対の魅力が特徴です。

 


※内容は辛口評価です。試乗時のチェックポイントを重視!

ヤリスHVの特徴10秒チェック

ヤリスハイブリッド・ボディリア

単純明快・簡潔に。長所短所をまとめました。
お手数ですが意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • 躍動感と塊感、パーソナル感覚が強いボディデザイン。
  • ガソリンが劣化しちゃう!くらいの高燃費。
  • カッチリした操縦性がわかりやすいステアリング周り。
  • 乗り心地は良好、でもエマージェンシー的なリアシート。
  • 外からの音も、エンジンからの音も、ノイズが目立つ静粛性。
  • 車格ピラミッドを感じる内装質感。
ヤリス・メーター1(昼)ヤリス・メーター(夜)

ヤリスHV評価総合

ボディデザイン・フロント立派に見えてパーソナル感強いボディデザイン、立派すぎとも思えるステアリング周りの質感。
そしてヤリスシリーズNo1と思える乗り心地と操縦性のバランス。

逆に内装質感と静粛性はそれなりで、価格は200万円スタート。装備考えたら少し割高かもしれないけれど、メリハリある特徴が魅力です。長所短所ハッキリ!

燃費はもちろんスペシャル!ベーシックカーとして重視したい走りやすさとエコノミーに関する部分がハイレベルな印象。

ゆっくり走るだけならもっと緩くて良いんだけど...という部分、重点を置かれた部分と価格の関係がありますから、ココを気に入ったらこそ、積極的に選びたいクルマだと思います。

トヨタ ヤリス・ハイブリッド

トヨタ

yaris (ヤリス)

  • 試乗グレード:“ハイブリッドX”
  • 年式:2021年
  • 型式:MXPH10
  • 新車価格:200万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • エンジン型式: M15A-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:3940×1695×1500mm
  • 車重:1050kg
  • 発売時期:2020年2月〜
  • 新車価格帯:140万円〜

車両型式

  • KSP210 - 1000cc FF
  • MXPA10 - 1500cc FF
  • MXPH10 - 1500ccHV FF
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」「もと車整備士」がお届けします
ヒラリー男爵元自動車整備士

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設21年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び