自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 ホンダ
 & 

フィット(ガソリン)試乗評価
「1」特徴概要とボディデザイン

間違いいっぱいの自動車選び。フィット(2021y)の試乗レポート。

1ページ目です!

「特徴概要とボディデザイン印象」

ホンダ
  • グレード:“ベーシック”
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:156万円
  • デビュー年:2020年2月〜
フィットの内装インパネフィットの内装2

試乗車概要:ホンダ・フィット

4代目フィット・ボディデザイン夜間

2020年デビュー、”フィット4”とも呼ばれる4代目フィット。小さくて広い!というコンセプトはそのまま、乗り味は快適さ重視という方向に大変身!

ボディリア斜め装備や用意されるオプションを見れば、ホンダが売りたいのはハイブリッド(e:HEV)なんだろうなと予想できます。

それでも、価格と快適性のバランスではガソリンモデルの魅力も高い!振動少なく滑らかなエンジンを味わいながらドライブできます。
(開始価格はガソリンベーシック:156万円、e:HEVベーシック:200万円)

試乗車概要

ボディフロント試乗車は2021年式のフィット「ベーシック」。車両型式はGR1、駆動方式は前輪駆動、ミッションはCVT

オドメーターが示す走行距離は6000kmほか2台に試乗

グレードは最廉価モデル。1300ccエンジンを搭載し、車両価格は156万円。

4代目フィットは以下、フィット4とも略します。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

クルマのキャラクター

4代目フィット・内装夜間

重視されたであろうシチュエーションは市街地。それも、市街地特化でしょ!?って感じるレベルでブレなく特化

オリジナルかつオンリーワン

リアシート乗り心地重視、リアシート重視のBセグコンパクトはフィットだけになってきました。 スペース系コンパクトのオリジナルであり、結局フィットだけという現状。

以前は日産ノートが車内スペースで競っていました。E12型ノートの時代ですね。

そんなフィット、特徴明確で変わらぬスペース優先。最大のコンセプトは変わらず、4代目はその長所が活きるだろうキャラクターに変身しています。

市街地やクルージングに特化型

内装・インパネ親しみやすいボディデザインに、お部屋みたいな内装イメージ、時速40〜80kmくらいで快適な乗り心地。

ご近所〜郊外のお買い物とか、コンパクトカーに最も重視して欲しいシチュエーションにピッタリ。

現在では軽自動車の得意領域ですが、ワンランク上のコンパクトカーでワンランク上の都市型最適化!そんなクルマです。

想像通りという魅力

見た目と乗り味にブレがないのも魅力。優しいボディデザインから想像通りの優しい快適性。

内装・ボディ見切り エンジンも振動が気にならないですし、クォ〜ンと可愛い音質で聞かせてくれます。

で、一つだけ、想像通りに思えない部分もあります。

「ボディ見切りがわかりにくい」。小さいので困りにくいのは事実ですが、前方や斜め前方は感覚が取りにくいです。
市街地特化の中でここは、早くも次期型に期待します。

今までとは違います!

今までのフィットは、「クセが強かったり」「ハンドリング優先だったり」「不快だったり」広いけどそう、何を優先しているのかわかりにくいクルマでした。

キャッチフレーズだって「1台でなんでもこなすコンパクト!」というもの。

フィットRSフィット13G

今度は明確!誰に乗って欲しいクルマかっていうのが、すぐわかります
おすすめもしやすいです。
実際に購入してその特徴にピッタリハマれば、良い買い物したね!って笑顔になれるハズです。

乗り心地重視の反面もある?

両立したら大きくて高価なクルマ。乗り心地良くてハンドリングも良いコンパクトカーってほんとわずか。

ハンドリングということでこのフィットは、コーナーでの曲がる感触が苦手科目

交差点なら気になりませんが、コーナーではフロントの揺れ、ロール、そしてこの感覚に少し、気持ちよくないような違和感を感じます。

割安感ある価格とボディデザイン

4代目フィット・フロントマスク

4代目フィット・ボディデザインリア

コンセプトに合った、乗り味と統一感ある優れたデザイン!
一方で「乗ると良いクルマ」って言われちゃう事実。人畜無害みたいなボディデザインのクルマで、よく使われる言葉です。そしてこの4代目フィットでも言われいます。

やっぱり、もったいない!

凄くもったいない!とか思いつつ、筆者的にも、ラー油とかタバスコを掛けたくなるようなデザインだと感じています。

シルエット的には、スマートでスタイリッシュ!
特徴的なAピラーだって溶け込んでいます。
でも実際にお金出すなら、わかりやすいスパイスが欲しくなるってものです(筆者の趣味ね)。

市場ニーズは「親しみやすさ」より「切れ味」とか「アク」。ほんとに購入される方の気持ちを反映しているのが、販売台数というわけです。

4代目フィット・ボディデザインサイド

この角度で見れば、スマート(知的)で都会的、そんなイメージを受けません??

でもやっぱり、顔が重要、なのかな。

SNS見ていると、フロントマスクをなんとかして!ってハナシが多いです。

ボディデザインの印象まとめます

スマートで親しみやすく、快適な乗り味を表現した形状・デザイン

造り手からしたら最上の仕上がりかもしれません。一方で、優れた形状、受け入れられるかは別問題。というジレンマ

筆者達はイラストなど各種デザインを行っているんですが、規模違えどやっぱり一緒。

「美しい!」「コンセプトにピッタリ!」
でも売れない。そうした事がよくあります。

形状=好み。無理矢理にでも個性強める事が正解だったりする世界だと、身を持って体験しています。

フィットのデザイン、お好みでしたら、「コンセプトに忠実で素晴らしい」と思います。

黒だとこんな感じです

4代目フィット・HVデザイン1

4代目フィット・HVデザイン2

写真でもそうですし実車見ても、イメージ変わります!

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

メーター(昼間)メーター(夜間)

動画:フィット試乗レポート

フィットに試乗した時の動画を流しながら、フィットで感じた魅力や特徴をまとめました。長所とか短所とか関係なく、「特徴をわかりやすく」がモットーです。
よろしくお願いします!

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“ベーシック”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2021年式
  • 型式:GR1
  • 新車価格:156万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • 型式:L13B

その他概要

  • ボディサイズ:3995×1695×1515mm
  • 車重:1070kg
  • 発売開始時期:2020年2月〜

FITモデル別の違いやマイナーチェンジ
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ・ライター

「元お車整備士」「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 4代目

GR1 - L13B 1300cc 2020年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

振動が気にならない4気筒エンジン。音は目立つが滑らか。

足回りの質感 5段階評価

柔らかいだけでなく質も良好。良さは乗り心地に現れる。

内装の質感 5段階評価

親しみやすくて道具感覚。

外装の質感 5段階評価

親しみやすいけど高級感とは違うかな。

快適性 5段階評価

乗り心地最優先はガソリンモデルでも変わらず。静粛性はHVに魅力。

パッケージング 5段階評価

やっぱり、fitだね!

ハンドリング 5段階評価

乗り心地に対する負の部分。頭上が揺れる感覚が気持ちよくない。

お買い得度 5段階評価

快適なクルマをお探しの方には、かなりのお得感。






試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社