ホンダ・メーカー別の特徴と自動車評価

2021年記事 ホンダ・シャトル
著:ヒラリー男爵

シャトル試乗レポート「1」
納得のお得感・特徴

「間違いいっぱいの自動車選び」。2018年式シャトル・ハイブリッドの試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「フィットでは物足らない方へ高いお得感」

ホンダ
  • グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2018年式
  • 車両価格:208万円
  • デビュー年:2015年5月
シャトルのインパネ01シャトルのインパネ02

ホンダ・シャトル(グレード:ハイブリッド無印・型式GP7)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. シャトル試乗「1」特徴概要とお得感
  2. シャトル試乗「2」エンジンやミッション加速感
  3. シャトル試乗「3」乗り心地と静粛性
  4. シャトル試乗「4」内装(フロント・リア)
  5. シャトル試乗「5」フィットと比較
  6. シャトル試乗「6」乗ってわかった小さな長所短所

関連ページ

  1. 元のフィット(13G)
  2. 元のフィット(RS)

試乗車概要:ホンダ・シャトル

シャトル・

フィット・シャトル改めホンダ・シャトル。ちょっと名称が変わっただけで一気に未来的なイメージになりました。

中身は3代目フィットのワゴン版。ボディ全長は40cmほども延長され、確実に1クラス分は立派になっています。

試乗したシャトル

ボディフロント試乗したのは2018年式ホンダ・シャトル(型式GP7)。グレードは「ハイブリッド無印」

車両価格は208万円、ボディサイズは4400×1695×1545mm

このクルマに2日間700kmを試乗してきました。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

クルマのキャラクター

シャトル・

フィットをストレッチして1クラス上のボディ全長に。多少の価格アップ(35万円程)の代わりにグッと立派になっています。

立派に変化したのは見た目だけじゃありません。
ラゲッジ容量はもちろん、快適性も体感できるだけ立派に。またクセの強い乗り心地も、このグレードでは改良されています。

個性ハッキリの走行フィール

エンジンルーム「i-DCD」と呼ばれる「7速DCT+モーターのハイブリッドシステム」を初め、この世代のホンダ車らしい個性が満載です。

加速感に減速感から、ゆっくり交差点を曲がる感覚まで、これに慣れたら普通のクルマじゃ物足りなくなっちゃいそうです。

※「i-DCD」はホンダの名称、「DCT」はデュアルクラッチミッションの総称です。

リアシート優先の車内

リアシートご存知センタータンクレイアウト。

意外かもしれませんが、助手席の足元は狭めです。つま先だけなくカカトも引っかかります。

その代わりリアシートは広いです!広いだけなら軽自動車だって広いですが、シャトルはシートの大きさや着座姿勢が優れています。

絶妙な価格と質感、ボディデザイン

シャトル・

フィットやフリード、ヴェゼルという身内ライバルや、カローラツーリングと併売されるフィールダー、それらと比較してお得感を感じるのがシャトルです。

そう感じるポイントはボディデザイン。全長は4400mmとCセグメントサイズで、素のフィットから40cmも延長

ボディデザイン・フロントボディデザイン・サイド

実車を見れば、角度によって伸びやか、角度によってズングリ。でも総評としては立派!という印象を受けます。

ガソリンモデルなら180万円。その価格から想像するよりも全然立派だと思います。

ボディデザイン・リアボディデザイン・リア斜め

ちなみに同じような内容のフリードだと200万円〜。初代ヴェゼルだと210万円〜

ライバルのフィールダーは併売モデルながら、ガソリン170万円。ハイブリッドだとシャトルハイブリッドより20万円高い228万円です。

(ガソリンのフィールダーは静粛性が高く、乗るととても良いです。このまま併売し続けて欲しいと思います)

動画:シャトル試乗レポ

準備中です。

シャトルのメーター(昼)シャトルのメーター(夜間)

ホンダらしさが十分

ステアリングスイッチ

趣味的なクルマ選びに求めたい要素のひとつは、個性の強さ。

この時代のホンダ車にはどれも、らしさを感じます。

乗り味だけでなくスイッチレイアウトなどもそう。例えば画像にあるステアリングスイッチなど、慣れればとても使いやすいです。

ホンダ シャトル

ホンダ

shuttle
(シャトル)

  • 試乗グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2018年
  • 型式:GP7
  • 新車時価格:208万円

概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • ボディサイズ:4400×1695×1545mm
  • 車重:1190kg
  • 発売開始時期:2015年5月
  • 新車時価格帯:181万円〜

車両型式

  • GP7 - 2WD FF
  • GP8 - 4WD
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

-

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

エンジンは普通。PUとみれば気持ち良い加速感。

駆動系質感 5段階評価

独自性の強いi-DCDが魅力。素晴らしいけど扱いにくい部分も少し。

足回りの質感 5段階評価

ワゴン的に使用しないと空車感あり。クセもわずかに。

内装の質感 5段階評価

不満ありません。

外装の質感 5段階評価

見る角度によって立派。

快適性 5段階評価

良いんだけどこの時代のホンダ車的なクセは相変わらず。

お買い得度 5段階評価

サイズ、雰囲気、車格などから絶妙な価格設定。他車考えれば納得価格。





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び