自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 フィットハイブリッド
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィット3・ハイブリッド試乗「1」
試乗時の燃費

「間違いいっぱいの自動車選び」。フィット(2019年式)「ハイブリッド」の試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「特徴概要と試乗時の燃費」

ホンダ
  • グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2019年式
  • 車両価格:173万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネフィットの内装

ホンダ・フィット(3代目GP5)「ハイブリッド」の試乗レポートです。


  1. FITハイブリッド「1」試乗時の燃費
  2. FITハイブリッド「2」乗り心地やハンドリング
  3. FITハイブリッド「3」素晴らしいi-DCDの特徴
  4. FITハイブリッド「4」内装と評価総合

関連ページ

  1. フィット3「RS」試乗レポ
  2. フィット3「13G」試乗レポ

試乗車概要:フィットハイブリッド

フィットハイブリッド・特徴概要

”フィット3”とも呼ばれる3代目フィット。小さくても広い、だけじゃない攻めたコンパクトカー。

今回のハイブリッドは小さくて広いにプラスして燃費良好!ガソリンモデルより5〜10km/Lくらい、燃費の上乗せを感じました。

さらに乗り味も、ガソリン(登場初期モデル)と比較すれば、全然良好です。

試乗車概要

エクステリア(フロント)試乗車は2019年式のフィット「ハイブリッド無印」。車両型式はGP5です。

オドメーターが示す走行距離は約3万km。

グレード「ハイブリッド無印」はハイブリッド中で最もベーシックなグレード。この時代のホンダ式ハイブリッドを搭載し、車両価格は173万円。

3代目4代目フィットは「フィット3」「フィット4」とも略します。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

クルマのキャラクター

フィットハイブリッド・ボディデザイン・リア

小さくても広くて燃費だって良くて、内外装だって安っぽくない!次の4代目フィットと比較しても、比較対象になりえるような良さを感じます。

攻めてるフィット

ハイブリッドのバッテリー存在感高い内外装に、特定ユーザーを狙ったようなパワートレーン

リコールなんて想定の範囲内...かどうかは知りませんが、相当に気合入ったモデルだったと思います。

この試乗レポートはフィット4発売後の2022年。
今出してくる事には理由があります。

ガソリンモデルと比較すると印象異なる

同じ3代目フィットでは、デビュー初期の「13G」と「RS」に試乗してます。

フィットRSフィット13G

その2台は乗り心地は気になるし、ハンドリングはクセあって運転しにくいし、ミニバン的な妥協を強いられれるような感覚でした。

2019年式ハイブリッドの魅力

それがこの2019年式ハイブリッドでは印象かわり、乗り心地は良くはないけど悪いってほどじゃないし、ハンドリングも乗りやすくはないけど走りにくいってほどじゃない。

ボディデザイン・リア広いという特徴考えればこのくらい?と思えるようなバランスでした。

熟成が進んだのかハイブリッド優先なのか、そんな印象です。

4代目フィットと比較もできそう

4代目フィット乗り心地の滑らかさではフィット4が1枚も2枚も上手。

助手席のスペースや快適性でも上です。 さらには装備だってもちろん上位。でも...。

内外装はいい勝負?

ボディデザインでいうとフロントマスクの意匠違い。
デビュー時は派手で尖ってるように感じられたフィット3の顔つきも、今見たら全然普通。

落ち着いたフィット4と比較すれば、こっちに新しさを感じたって不思議じゃないです。

フィットハイブリッド・ボディデザイン・サイド

ボディ全体の統一感とか、乗り味との統一感を感じるはフィット4。でも評価って、それだけじゃないと思います。

ボディフロント斜めステアリング

内装だって少なくてもパッと見は、フィット3の方が立派に見えなくもない、かな?

i-DCDの魅力

シフトセレクターフィット3の末期モデルにお乗りの方が、フィット4に乗り換えるかと思えば相当悩むんじゃないかと感じます。

それは前述の内外装に加え、ハイブリッドシステムの違い

フィット3に搭載されるストロングハイブリッドは、「エンジン+モーター+ミッション」という、代わりがないような魅力。

しかもコンパクトで軽量なフィットだと、i-DCDの特徴が強く味わえます。これ気に入っちゃったらもう、乗り続けるしかなさそうです。

試乗時の燃費

フィットハイブリッド・試乗時の燃費

試乗したのは冬の昼〜夜間。外気温は0〜5度くらいが表示されていて、暖房はずっと付けていました。

4代目フィット・ガソリンと比較

この3代目フィット・HVと、4代目フィット・ガソリンモデル、同じ条件で同じコースを走り燃費チェックを行いました。

大人2名乗車、エアコンOFF、暖房ON。交通の流れに左右されにくい夜間に走行しています。

結果は下記の通り。

  • フィット3HV・・・24.1km走って29.0km/L。
  • フィット4GS・・・24.1km走って16.7km/L。

24.1km走って燃費29.0km/L。動画撮影しながら、頭をそっちに使っての走行でしたので、燃費走行に集中したわけではありません。
それでも予想以上!筆者的には十分な燃費だと思っています。

別の日の総合燃費

試乗時は合計で350〜400km走行し、リセットしない区間での燃費はこのくらいでした。

左の写真は燃費24.8km/Lが表示されていて、平均時速はだいたい27km/h。撮影したのは別の時です。ごめんなさい。

この後は都内から山猿を見かけた山道まで走行しまして、車載燃費計で20km/Lを割ることはありませんでした

ずっと暖房使っての燃費です。

車内(夜間)メーター(夜間)

動画:4代目フィットと燃費比較

同じコースを同じ様に走って燃費を比較してみました。クルマはフィット3ハイブリッドとフィット4ハイブリッドです。

ホンダ フィットハイブリッド

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“ハイブリッド無印”
  • ミッション:i-DCD(7速DCT)
  • 年式:2019y
  • 型式:GP5
  • 新車価格:173万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • 型式:LEB

その他概要

  • ボディサイズ:3990×1695×1525mm
  • 車重:1080kg
  • 発売開始時期:2013年9月〜
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 3代目

GP5 - LEB 1500ccHV 2013年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

個性は強い、質感は音や振動がとってもダイレクト。

足回りの質感 5段階評価

ガソリンモデルよりバランス良好!

内装の質感 5段階評価

まるで大きなクルマのよう。ベースグレードから立派感。

外装の質感 5段階評価

好きか嫌いかハッキリしそうなアクの強さ。

快適性 5段階評価

エンジンと外からのノイズ、静粛性がきつい。

パッケージング 5段階評価

やっぱり、fitだね!

自然な乗り味 5段階評価

ガソリンモデルよりバランス良好!

お買い得度 5段階評価

ライバル他車が値上げされたことで相対的にお得感アップ。





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設21年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び