自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 フィットハイブリッド
 & 

フィット3・ハイブリッド試乗評価
「3」i-DCDと乗り味

間違いいっぱいの自動車選び。フィット(2019年式)の試乗レポート。

3ページ目です。

「ハイブリッド・i-DCDの特徴と乗り味」

ホンダ
  • グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2019年式
  • 車両価格:173万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネフィットの内装

ホンダ・フィット(3代目GP5)グレード「ハイブリッド無印」です。


  1. FITハイブリッド「1」試乗時の燃費
  2. FITハイブリッド「2」乗り心地やハンドリング
  3. FITハイブリッド「3」素晴らしいi-DCDの特徴
  4. FITハイブリッド「4」内装と評価総合

関連ページ

  1. フィット「RS」試乗レポ
  2. フィット「13G」試乗レポ

i-DCD(ホンダ式ハイブリッド)

フィットハイブリッド・i-DCD

クルマ好きならワクワクしちゃう!その分、ミッションって何?って方にはオススメしにくい、そんなホンダ式ハイブリッドシステムがi-DCDです。

7速DCT、いわゆるデュアルクラッチの自動変速MTみたいな構造物を搭載するストロングハイブリッドです。
ストロングハイブリッドつまり、エンジン停止で走行できます。

乗り味的な部分

強いダイレクト感

メインメーター完全なMTよりはラフな操作も許容してくれるけど、それでも強いダイレクト感。

ダイレクト感=ギクシャク感でもあるから、ここが万人向けじゃないと思うポイント。

ギクシャクを楽しむか、ギクシャクさせない操作を楽しむか
どっちにしても、マゾい快感w

また同システムを搭載するシャトルやヴェゼルと比較すると、より軽量コンパクトなフィットが最も、ダイレクト感を感じます

可能ならパドルシフトが付いた上級グレードだと、ダイレクト感を良い方向で満喫できると思います。

シフトアップが気持ちいい

シフトセレクターシフトアップは早かったり早くなかったり。印象が一定ではないのですが総合すればシームレスという感覚じゃない気がします。

どんな時かは忘れちゃいましたが、駆動抜けと感じた時もありました。

でもこれが良いです!
エンジン音だけじゃなくて、身体全体でシフトチェンジが感じられます。

停止からの発進時、ゆっくり加速より勢いよく加速したほうが、気持ちよく滑らかに加速してくれるところが、システムの特徴を表しています。

フィットハイブリッド・内装・夜間

通好みと感じるのは以下、このあたりです。文中の「DCT」は総称です。

シフトダウンは苦手

巡航からの再加速はちょっと苦手。シフトダウンに時間がかかります

ボディデザイン・フロント斜めこれはDCT全般に言えるんだけど、複数段のシフトダウンしてからの強い加速時は、2秒もしくは3秒待たされてから加速を始める感覚です。

山道走行中は、アクセル全開からのブレーキングとなりますが、この時は減速中に自動でシフトダウンしてくれます。
けっこう豪快な回転数に、ブォ〜ンとシフトダウンします。

低速走行も苦手

ペダルレイアウト渋滞中は苦手です。ギクシャク感が強いです。アクセル微調整すればギコガコと変速を始め、クセを掴まないと予想と違う挙動がでます。

加速、一定、減速、これが想像通りにいかなかったり、難しさがあります。
そしてこの難しさが楽しさでもあります。

なお1速発進と思われる時と、2速発進と思われる時がありました。2速発進の時は極低速時に速度コントロールしても、ギクシャクしにくかったように思います。

エンジン始動時

海とフィット停止中にエンジン始動すると、音は豪快です。いきなり大きな音量でかかります。

これは充電効率もあるでしょうし、振動周波数的な部分で気になる振動を出す回転数を避けているのだと思います。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

i-DCD:燃費的な部分

フィットハイブリッド・シフトセレクター

燃費も良好です。
ガソリンモデルと比較して5〜10km/Lの上乗せでした。

試乗時は暖房使いながら350kmほど走行して、22km/Lを割ることはありませんでした(車載燃費計)。

試乗時の燃費総合してトヨタ式ハイブリッドには負ける燃費と感じましたし、また乗り方次第で燃費に差が出やすいシステムとも言われています。

でもその分、スポーツハイブリッドと呼ばれるだけの、マニアックな魅力を味わえつつ、十分と思える高燃費。変態的魅力のあるシステムですね!

様子は燃費のコーナーに記載しています。

i-DCD:仕組み的な部分

フィットハイブリッド・バッテリー

エンジン+モーター+リチウム系バッテリー。これにプラスしてミッションも搭載されます。

他のハイブリッドがCVTと呼んでよいかという問題は置いておいて、i-DCDは7速DCTです。

エンジンフードオープナートランクのバッテリー

運転してもハッキリ、7速DCT。このミッションにモーターが組み合わされます。

1速3速が遊星歯車

1速はモーターと一体化され、3速も兼ねるそう。そしてこのギヤが遊星歯車になっていて、閉じたり開いたりで変速を行うらしいです。

エンジンルームボディデザイン・リア斜め

このあたりから6速DCTと呼ぶ方もいらっしゃるようです。正式には7速と呼んでいます。

充電は3速以上の様子

ステアリングバッテリーが充電されるはギヤにして3速以上、速度にして20km以上みたい。つまり、時速1〜20kmの間は充電されない?

この間を連続して多用するとヤバいというハナシもありました。

※i-DCDオーナー様のネット情報です。

快適性では、発進直後にエンジンが掛からないので、ブルブルした振動が気にならず、不快な印象を受けません。

マイナーチェンジでギヤ比が変わる

ボディデザイン・サイド最終減速比ではなく、ミッションのステップ比、i-DCD全体の前期後期でギヤ比に違いがあります。

つまりミッション部分が新しいものに変わったと考えられます。

i-DCD全体での前期後期ということしかわからなかったので、フィットで何年式からというのはわかりませんでした。

車種による最終減速比の違い

調べれば、車種によって減速比が大きめに変わっている様子。

  • 4.842・・・フィット、シャトル、グレイス
  • 5.588・・・ヴェゼル、ジェイド
  • 5.937・・・フリード

車重もしくは乗車人数によって変更されていると思われます。
数値が小さい方が高速寄りもしくは燃費重視という傾向があります。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」

車内(夜間)メーター(夜間)

動画:i-DCDの魅力

フィット3のハイブリッドに試乗し、改めてi-DCDの変態的魅力を感じました。万人受けはではないんでしょうが、そこがまた良い!と思えます!

ホンダ フィットハイブリッド

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“ハイブリッド無印”
  • ミッション:i-DCD(7速DCT)
  • 年式:2019y
  • 型式:GP5
  • 新車価格:173万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc
  • 型式:LEB

その他概要

  • ボディサイズ:3990×1695×1525mm
  • 車重:1080kg
  • 発売開始時期:2013年9月〜
試乗レポ・ライター

「元お車整備士「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社