自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
HPヘッダー画像

2015年記事 ホンダ フィット
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィット(3代目)試乗評価「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。ホンダ・フィット(3代目GK3)「13G」の試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「内装質感と使い勝手」

ホンダ
  • グレード:“13G”
  • 型式:GK3
  • 年式:2015年式
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネコクピット2

進化&個性強まった3代目フィット

フィット・フロントマスク・デザイン

”フィット3”とも呼ばれる3代目フィット。ホンダの末っ子ながら、1台で全てをこなせるクルマを目指す意欲作。小さくても広いということでお馴染みですね。

今回のモデルチェンジは気合いが入っているようで、車体もエンジンも新開発とのこと。2代目までの弱点を改善してくれるんじゃないかと、試乗前から期待高まります。

期待に応える進化

大きな進化を期待させてくれる3代目フィット。試乗すればハード的にはとても立派に! フロントやリアのボディ剛性感なんて部分も進化してます。

そしてまた個性が強い!キャラクターは運動性能重視に振られているよう。ボディデザインだってアクが強いという表現がピッタリです。

試乗車概要

エクステリア(フロント)試乗車は2015年式のフィット「13G」。車両形式はGK3で駆動方式は前輪駆動、ミッションはCVT

オドメーターが示す走行距離は約1万km。

グレードは最もベーシックなグレード。1300ccエンジンを搭載し、車両価格は約130万円。

エアコンがマニュアルタイプになるのが目立つ特徴。なお3代目フィットは以下、フィット3とも略します。

FITらしさそのまま、FITらしい弱点改善

ホンダ・フィットといえば、「全て1台で事足りるコンパクトカー」とか「なんでも対応できるコンパクトカー」を目指しているというイメージが。

エクステリア(フロントハーフ)また初代フィットのデビュー時から、軽自動車と比較できる価格をキープ。

なので正確には「100万円少々で全てがまかなえるクルマ」

コンセプトに忠実

フィットは初代から中国製パーツを多く使用すると聞きます。想像以上に一生懸命作られているのでしょう。さらにホンダ初だったかカヤバ製ショックアブソーバーとか、おなじみセンタータンクレイアウトとか。

パーツに妥協しても、コンセプトに妥協せず。素晴らしいじゃないですか!

弱点改善、しかし新たな弱点も

日産ノート(2代目)の登場まで、車内スペースの魅力でライバルなし。しかし走行感覚や乗り味にクセがあり、不快な方向での特徴あり。
初代〜2代目フィットに試乗すると、フィットらしい弱点が目立ちます。

3代目フィットは、らしい弱点は普通になって運転しやすく。しかしバランスはより走行安定性に振られ、新たな弱点を持ってきたw

もうほんとね、1台でなんでもカバーできるって、サーキット走行までカバーできるって意味かも。そんなフィットの特徴・長所短所をチェックしていきます。


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:内装チェック

内装を見ます。インパネやセンタークラスターの印象から。

ボリューム感やサイズ感で、一クラス上の質感

エアコン操作部はセンタークラスターに大きくデザインされる。だから視覚的な質感に及ぼす影響も大。「13G」はダイヤル式だから、ここはコンパクトカーらしい印象。

ダッシュボード内装(フィット13)シフトセクレクター

しかしそれ以外、インパネ全体では立派! 広い左右シート間の距離、ボリュームあるインパネ、高い開放感、さらには後述する立派なシートなど、イメージでより大きなクルマに乗っていることを想像させてくれる。

高いボリューム感、その分大味

細部の質感やおしゃれな造形といえば今一つ。フィットは相変わらず無骨な感がある。筆者の主観ではデミオやスイフトの方が立派に見える。

でもね、立派なクルマに乗っているという凄さは断然フィット細かいシボとか、手を触れる部分の剛性感とか、立派な色を組み合わせるデザイン性とか、それはぶっちゃけクルママニアの評価基準w 「高級には見えないけど大きなクルマみたいよね」、フィットの魅力はそこ。単純にデミオやスイフトに負けているわけじゃない。

女性とか女の子とか、子供とか、さあどっちを評価するだろうか?? でかい広い大きいが立派というのもわかりやすくていいでしょ

フィットファミリーならこちらも上級車的

内装(フィット13)シフトセクレクターコンパクトな3列シートミニバンが、ホンダのフリード。

フィットファミリーだけどこちらもボリューム感強く、ミドルクラスミニバンのような質感が魅力です。

リッチでシャープな部分

内装(フィット13)メインメータードアトリム

フィットの内装で嬉しいのは、ベーシックなグレードでも差別化が少ない点

メインメーターはタコメーターが装備され、大きな液晶部も装備。上級グレードとそう変わらないほど。満足感高いです。

ドアトリム(ドアの内装)も、デザインがシャープで塗装部分もあり、質感に不満ありません。

タッチ操作が苦手なら「13G」

「13G」というグレードはダイヤル式のマニュアルエアコン。上位グレードはタッチパネル式のオートエアコンになるので、タッチパネルがニガテなら必然的にこのグレードに。

このダイヤル式スイッチはどちらかといえば少数派だろうから、そのあたりも含めた印象で続けていきます。

上級グレードのセンタークラスター

内装(フィットRS)こちらの写真はフィットRS

エアコン操作がタッチパネル方式になる。ナビ下のブラックアウトしている部分がそこ。

ナビゲージョンは大きなディスプレイで魅力。表示される文字もデカイ。「大きい」と言うより「デカイ!」。

ツルツル・テカテカなパネルが大きな面積を有し、ハザードスイッチの表面もテカテカ。これはね、反射が気になる時があった。

相変わらず凄い「フロントシート」

フィットの内装では、フロントシートのボリューム感が印象的!シートサイズは初代フィットから大きく、継続される特徴になっています。

当時のホンダは他メーカーよりチープなシートが当たり前。それもあって初代フィットのインパクトは凄かったものです。

フロントシート1フロントシート2

フロントシートは2代目、3代目となってもやっぱりフィットの魅力

3代目はホールド感が強まり、単純な大きさより、形状が立派になりました。特に座面は”適切”サイズ”だよね。どちらかといえばまだ男性向けサイズ。

3代目フィットのフロントシート

今までよりタイトといっても、成人男性が必要なだけのサイズもボリューム感もある。

「シートが小さくなった」とか「チープになった」という評価も多いようけど、座り心地の悪さが問題かもね。たしかに、このサイズのシートから想像出来るだけの座り心地ではないかな。

フィットの内装は、ボリューム感高いインパネとか、このシートサイズもあわさり、大きなクルマのような印象を乗員に与える。
大きさや座り心地なら子供でもわかる=家族から評価される。「質感」という評価軸以外で立派。車両130万円でこの満足感。素敵です。

参考:歴代フィットのシート

初代フィットフィット&レカロシート

写真は左の画像は初代フィット。
右の画像は初代フィットにシビックタイプRのレカロシートを付けた時。

2代目フィット2代目フィットシャトル

写真は左の画像が2代目フィット。
右の画像が同モデルのフィットシャトル。

メーター(昼間)メーター(夜間)

13Gの価格は大きな魅力

評価の前に価格が重要!フィットは車両価格が130万円〜と安い!ライバル車と比較して高い競争力を感じます。

内装(フィット13)ボディ後ろこの価格は、2013年のデビュー時から3万円のアップのみ。マイナーチェンジの度に価格が上昇するのは当たり前だし、同じフィットでもRSは13万円アップしている。

初代フィットと価格を比較すれば、2001年のデビュー時は107万円。およそ22万円の値上げとなっている。これ、調べたワケじゃないけど為替相場の変化などによる輸入パーツの値上げを予想すれば、同価格のような感覚をうける。

人気分野は値上げされても仕方ないし、燃費が良いんだから一緒でしょ?そんな風潮の中でフィット13Gの価格にはとても好感がもてる。質感高いクルマが欲しければ上位車種があるんだしね。

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“13G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 型式:GK3
  • 新車価格:130万円

エンジン概要

  • 排気量:1300cc
  • 型式:L13B

その他概要

  • ボディサイズ:3955×1695×1525mm
  • 車重:1020kg
  • 発売開始時期:2013年9月〜

FITモデル別の違いやマイナーチェンジ
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 3代目

GK3 - L13B 1300cc 2013年〜
確認中

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

個性は強い、質感は音や振動がとってもダイレクト。

足回りの質感 5段階評価

単純に動きません。

内装の質感 5段階評価

まるで大きなクルマのように感じる。だからベースグレードから立派感。

外装の質感 5段階評価

好きか嫌いかハッキリしそうなアクの強さ。

快適性 5段階評価

音、振動、衝撃、様々な要素がダイレクト。スポーティカーのノリ。

パッケージング 5段階評価

やっぱり、fitだね!

自然な乗り味 5段階評価

やっぱり、fitだね!

お買い得度 5段階評価

ライバル他車が値上げされたことで相対的にお得感アップ。




ベースグレードでもメインメーターは上級グレードと大差ない。タコメーターだってちゃんと付いてる。


内装(フィットRS)
ナビゲーションを多用するなら、できればメーカーオプションのナビが使いやすい。画面大きいからね。周辺とのマッチングもいい。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です