フィット(GK3)/乗り心地と静粛性

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2015年記事 ホンダ フィット13G
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

フィット(3代目)・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び。試乗車はグッとレベルアップした3代目フィット(GK3)の試乗レポート。グレードはベーシックな「13G」。約130万円という価格が大いに魅力なこのクルマ、フィットRSに続いての試乗です。

当ページは3ページ目です。 「快適性、乗り心地と静粛性」などを掲載中。


フィットのインパネコクピット2
ホンダ
  • グレード:“13G”
  • 型式:GK3
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2013年9月〜

ページ内の一部画像はクリックで拡大します(ページ右の横長画像など)。

  1. 分割page - フィット試乗「1-1」・概要と内装・エンジン・ミッション
  2. 分割page - フィット試乗「1-2」・ハンドリングなど走行感覚
  3. このpage - フィット試乗「1-3」・乗り心地と静粛性
  4. 分割page - フィット試乗「1-4」・リアシートとラゲッジスペース
  5. 分割page - フィット試乗「1-5」・燃費と個性の強さ
  6. 分割page - フィット試乗「1-6」・他車比較と評価総合

関連ページ - 2016〜17コンパクトカー比較(ベーシックグレード編)

試乗:快適性(乗り心地)について

センタークラスター

「1台で全てをこなす」をコンセプトに掲げるフィット。高いレベルでコンセプトを実現しようする姿勢は様々な部分から伝わってくるし、試乗していれば良いと思える部分はいっぱいある。煮詰め不足とか不可解なコンセプトとか、微妙な商品が多いというホンダ車では特別に好感を感じる。

フロントシートで、試乗した感想としては、ちょっと気になる大きな弱点がある。やはり現時点では、この価格このボディサイズで何でも満たすは少々難しいんじゃないのかな。クルマって上級車種ほど、相反する部分のレベルが高いからね。

快適性に致命的な弱点

広さをウリにした実用車として、やっぱり重視してもらいたいのは快適性。それがこのフィットは極端に走行安定性重視。快適性という言葉に含まれる様々な要素がきついきつい。硬い渋いでガツガツなだけじゃなく、細かな振動から大きな振動までガタガタブルブルが終始止まらないといっても過言じゃない。

もうね、1台でなんでもできるって、サーキット走行までこなすって意味なんじゃないかと。実際にこのままミニサーキットに持って行けそうだし、バランスは快適性よりそっちに寄っている

渋いダンパーかつ減衰力高い、それからえっとw

サスペンション初代、2代目と続いたフィットらしい独特の弾み方は影を潜めた。フィットらしい独特の不快感であったピョコピョコしたハネ方を感じる事はなくなり、グッと普通らしさがアップ。フィットだからこその大きな弱点は一つ消えたと言える。

しかしまた違った不快感を持ってしまっている。日常での乗り心地が無視されている。サスペンションのショックアブソーバーの減衰力が強くなり、ストローク感がない。特に縮み側の減衰力が高すぎるんじゃないですか。

イメージだけど多くの国産車は質を無視したショックアブソーバーが使われる。フィットもこの価格だからそれに文句はない。でもそうしたショックアブソーバーって、あえて初期の減衰力を落としたり、渋さを上手く生かしているような感覚だったり、弊害はあるにせよ、普通の人の普段使いで不満がでない程度にバランスされているように思う。

またさらに、サスペンションのゴムブッシュもダイレクト感が重視されたタイプ。これの良さはハンドリングや路面インフォメーションのフィードバック、しいてはドライバーズ的な質感に繋がるわけだけど、フィットって誰のためのクルマだろう?たしかコンセプトに、「世界中の多くの人が・・・」ってあるよね。
フィットって趣味性を重視するキャラクターなのか?やっぱり個性的。

カッチリ感重視のボディ、ダイレクト感重視のブッシュ、ストロークしないサスペンション。これら組み合わされば衝撃がダイレクトなのは素人でもわかる。試乗すれば細かな振動でシートまでブルブル、大きな振動はガツンガツン。どこでもいいからしなやかさが欲しい!

試乗:快適性(静粛性)について

静粛性を他のコンパクトカーと比較すればフィット「13G」は良くもナシ悪くもナシ。単純に”静かさ”で考えれば普通という感じに。ホンダ車が競合他車と同じくらい静って、これは褒めてもいいかもしれない。

これだけではアレなので、もう少し感じた事を上げてみると、エンジンノイズは特徴的で、どちらかといえば耳に付く音質。だから音圧レベルとか騒音レベルに出てこない賑やかさがある。逆にこれによって、CVT関連と思われる音は気にならず。

それから同じフィットと言っても、実はベースグレードと上級グレードでは静粛性レベルが異なる。これは他のコンパクトカーでも一緒で、例えばフィットの場合、1500cc搭載車とかハイブリッド車を買った方が静かで快適。フィット「RS」では「13G」と比較し、嫌みのある音が軽減されていると感じる。

ここをディーラーでチェックするならリアシートがわかりやすい。それからもし、詳しくなさそうな営業の場合、個人の思い込みによる不確実な助言を頂く可能性も否定できず。試乗車に複数グレードがあることは少ないから、不安なら他グレードは他の店舗で試乗をぜひ!

メーター(昼間)メーター(夜間)

フロントシートのスペース

フロントシート助手席ホンダのセンタータンクレイアウトって、当たり前のように広いって評判になっている。もちろんラゲッジまで含め車内は広いと思うし、リアシート乗降性も高い。

だけどフロントシート足下が狭いと思うんだよね。助手席に座っている時くらいダラッとしたいじゃない。足を投げ出して座ろうとすると、スペース足りず。フロントシートは最大まで後ろに下げても、思うほど後ろに下がらないんだよね。

フロントシート優先ならデミオなんかの方が足下快適だったりするし、少しクラス違うけどBMW1シリーズもフロントシートの快適性に割り切られている。
この割り切りがね「1台で全ての〜〜〜な」フィットにはない。全部で100点取れないならもう少しフロントシート優先して欲しいと思う。

フィットの助手席フロアは、大きなフットレストのような形状になっていて、座り方によっては足の落ち着きは良いんだけど、これはサーキットで助手席に座って踏ん張る状態。実はこんなトコロも、走行性能重視なのかも。

ホンダ フィット
ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“13G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 型式:GK3
  • 新車時価格:130万円

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと、「ヒラリー男爵」がお届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

フロントシート

フロントシート助手席


フューエルリッド(給油口のフタ)を開けるレバーはここ。


ここだけ見ればランボみたいw

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。