自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
HPヘッダー画像

2015年記事 ホンダ フィット
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィット(3代目)試乗評価「9」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。ホンダ・フィット(3代目GK3)「13G」の試乗レポート。

当ページは9ページ目です。

「競合車比較とフィット評価総合」

ホンダ
  • グレード:“13G”
  • 型式:GK3
  • 年式:2015年式
  • 車両価格:130万円
  • デビュー年:2013年9月〜
フィットのインパネコクピット2

スイフト(3代目)と比較

スズキスイフト、安いイメージだけど実はそんなに安くない。

マイナーチェンジで追加された新エンジン搭載車は立派な値段が付いて、ベースグレード(XG)で132万円&144万円。

装備充実も安くはない

スイフトの装備はベーシックなXGから充実。オートエアコン&スマートキーが標準装備。じゃあスイフトってお得なの?ここはちょっと迷う

企業に対するイメージってあると思う。クルマに限らずどんな商品でもそうでしょ?

そこでね、「ホンダvsスズキ」というブランドイメージを気にされる方も多いらしく、メーカーイメージ含めればフィットの割安感は高い。

それでもスイフトの魅力はでかい

落ち着いたステアフィールとコンパクトカーNo.1といえる乗り心地の良さ。それからセダンのような上級指向のインパネデザイン。質感だって悪くないからノーブルと呼べる雰囲気で好感度高い。

そして個性的ながらもバランスの良いボディデザイン。小手先でアクを強くして個性的なんていうフィットとは次元が違う、かもね。

適した用途が異なる

スイフトのボディタイプはフィットと同一ながらも、2人乗車+荷物置き場と言った方が正解。

ということで、スズキがだめな方、リアシートも利用するならフィット一択。逆にほとんど1名乗車なら、自分ならスイフトかな。


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

スイフト(4代目)と比較

2017年にデビューした4代目スイフト

3代目も4代目もこのフィットと競合するものの、スイフトはモデルチェンジで乗り味が変わっているので、フィットと比較した際の感想・評価も変わってくる。

4代目スイフトとフィットの比較では、重視されたであろう部分が似ているのが面白い

敏感かつ高速安定性重視が似ている

高スペースで高ユーティリティを特徴とするフィットも、前席優先でクルマの質感が魅力的なスイフトも、走行時の安定性などを重視しているように感じられる。

そのレベルとして、フィットが「ほんとに走りやすい??」レベルなのに対し、スイフトは「す〜るする」。気になる部分はあるにせよ、納得できるレベルを提供してくれている。

ちょっと不満でも走りやすいのはスイフト。

万能そうなフィット、特徴明確なスイフト

あちこち便利でしかも安価。万能と言えば万能だけど、言葉変えれば欲張りすぎ。そんな印象を持つフィットに対し、長所短所が明確なスイフト

スイフトは運転席で感じる質感、上級車感覚の演出が上手。カタログスペックではなく試乗時のフィーリングに優れる。

また弱点も似ていて、雨の日風の日の市街地走行など。軽くて過敏な印象を受けるステアフィールは、日常的に使用する実用車としては少々疑問が残る。

実はライバル?スズキ・ソリオ

ワゴンRの親分的ポジションのソリオ。

軽自動車とコンパクトカーの中間的モデルで、フィットをBセグメントと表せば、ソリオはAセグメントかな。

フィットと比較すれば、ソリオの車格は下なんだろうけど、クルマの魅力は同格に比較したいモノがある。車内スペースの広さは素晴らしく、落ち着いた乗用車感覚で座るフィットか、アップライトで実用車的感覚で座るソリオか、お好みで選べる。

ソリオは貴重な、柔らかいサスペンション設定

違いは走行的キャラクターの違い。フィットは走行安定性優先。ソリオは逆に、ゆっくり走る事に主眼が置かれた優しい乗り味

フィットで走るペースでソリオを運転すれば、ボディは相当にグラグラ。安全性はフロントのゲインを落として確保ということだろう。

ちょうどよい選択肢ならソリオ

「安全日?そんな事言ってたら人類破滅するよ!」そんなメッセージが聞こえてくる。一生に一度あるかないかの極限状態より、日常の快適性優先。これはスズキの英断と言っていいのかもしれない。

ボディのディメンションから想像出来ない柔らかいサスペンションかつ、フィットより安っぽさのないサスペンション。フィットじゃハード、スイフトじゃ狭い、そんな場合のちょうどいい妥協点がソリオ

コンパクトカー比較のまとめページ

単純で明快な比較のページです。

メーター(昼間)メーター(夜間)

フィット評価総合

「たった一台のクルマで世界中の人々を満足させよう。夢以上のエンジンはこの世にない。」フィットのCMにある1部分。

ボディ・リアサイド

これが過剰広告ではなくて、試乗すれば志の高さはイヤでも伝わってくる。車内広さという絶対条件をクリアした上で、強い個性の持ち主。ここが凄い。

総合的な質感はライバルより高く、価格はライバルより割安感がある。冷静に考えればめっちゃ凄いよ。

しかし質感高ければ快適だろう?といえばそうじゃない。質感高いけどあちこちが不快なんだよね。味付けの部分だろうか、もし自分が社長だったら、このフィット3にゴーサインは出せないw

フィット3の”総合的質感”と”お買い得度は高い”。でもオススメしにくいのは残念。圧倒的な乗り心地ならスイフト、広さと乗り心地ならノート、静粛性ならヴィッツ、ハンドリングなら旧デミオ。ライバル車も強力な長所を持ちつつ、コンパクトらしいフレンドリーさも併せ持つ。

フィットは乗り心地や走行フィールをちょっと改良してくれればね。現状はちょっと、広いけど1人用という感じです。

  • 9.現在のページ

ホンダ フィット

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“13G”
  • ミッション:CVT
  • 年式:2015y
  • 型式:GK3
  • 新車価格:130万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です