自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
HPヘッダー画像

2007年記事 ホンダ フィット
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

フィット(初代)試乗「1」

間違いいっぱいの自動車選び。ホンダ・フィット(GD型)の試乗レポート。「1.3W」と「1.5W」がメインです。

当ページは1ページ目です。

「概要とエンジン質感」など掲載

ホンダ
  • グレード:2グレード試乗
  • 型式:GD1
  • 車両価格:155万円
  • デビュー年:2001年6月
初代フィットのメーター(昼)初代フィットのメーター(夜)

売れてるから数多い!。そしたら個性も欲しい。ドレスアップなどにも触れています。


  1. ここ - 初代フィット試乗「1-1」試乗評価
  2. 分割 - 初代フィット試乗「1-2」乗り心地とアフターパーツテスト
  3. 分割 - 初代フィット試乗「1-3」グレードとライバル比較

新しいフィット!:2代目フィット試乗レポート

試乗車と概要

試乗車フィット

2007年の現在、編集部「元自動車整備士」がフィット1500ccを所有中。
試乗車はこのクルマがメインで、1300ccモデルやアフターパーツのレポートも含みます。

当ページでは試乗評価を基本に、車高調など交換用サスペンション、交換用ブレーキにも触れます。

フィット概要

フィットのフロントホンダのドル箱になったといわれるフィット。誰が見ても良くできてると唸らせてしまいます。

デビュー当時はライバルのヴィッツやマーチよりも、サイズ的にも内容的にも格上で、そのわりに値段は一緒。ホンダの儲けはあるのかって心配なくらいでした。

フィットはライバルと同価格ですぐれた内容。ボディデザインさえ気に入れば文句なし。コンパクトカーの枠を越え、カローラなども比較対象にしちゃって下さい。

優れたフィットの特徴

広い居住空間フィットの特徴で一番は室内の広さ。2000ccクラスのセダンと比較できます。
また同クラス比較ならラゲッジスペースも広さにびっくり

広いからってシートがケチられたわけじゃなく、、前も後ろもシートは大きいです。サイズが大きく、厚みもある。

それでも広いものは広いわけで、男性4人乗車だって問題なし。全くというのはいいすぎですが、旧世代コンパクトカーとはもうぜんぜん、比較になりません。

ボディデザインも一気にレベルアップ

ボディ・タイヤ内外装デザインは好みが分かれそうだけど、旧世代からは一気にレベルアップ。実質先代モデルになるホンダ・ロゴと比較すれば、確実に時代が異なります。

それからボディカラーには個性的な色が多く用意されます。ポップにもおしゃれにも、色違い2台目まで欲しくなっちゃうかも。ついでにお母さんにも買ってあげて下さい。


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

評価と評論レビュー

メインメーター(ベースグレード)フィットの走行フィール。エンジンはトルク感あり、音もパンパンと元気いい。所有する友人に聞けば、燃費だって良好らしい。郊外だと20km/Lを目指せる燃費だそう。

どうやら凝った仕組みを導入したエンジンらしく、1気筒に2本のプラグを使用し、別々に制御するシステムらしい。

こういった新機構は、メンテナンス費用が不安。でもフィットの場合は、常時使うのは片方のプラグだけらしく、交換の必要があるのは片側だけらしい。

エンジンと動力性能評価

エンジンルーム加速力やパワー感で1300ccと1500ccの比較すると、そこまで大きく変わらず。でも全開にすれば1500ccの方がやっぱり速い。

1500ccの方がいいのは間違いないわけですが、1人で運転する事が多ければ1300ccだって問題はありません。高速道路の合流でも困る事はないでしょう。

1300ccに乗って、アクセル全開にすることが多いというのなら、1500ccを選ぶことに。アクセル開度が低い場合にはどっちも一緒。1300ccと1500ccの違いは比較しなければわからない程度の差だったりする。加速力自体はね。

全開なら1500ccが速いのは間違いなく、1500ccなら100km/h巡航からの再加速も可能。

サスペンション

※フィットの足回りは前期と後期で別物です。

ホイールとブレーキキャリパー前期型は良くいえばシャキッと。悪く言えば渋い。イメージはパンパンパンパンしてる足回り。乗り心地と質感は最悪と言えるレベル。サスペンションのチープさがステアリングに伝わってくるので、同世代コンパクトの中でも、独特のチープさ感じる。

後期型は、スムーズになり質感が上がってます。乗り心地もある程度は改善され、ボディ剛性も高くなった様に錯覚するほど。どちらもカヤバ製のショックアブソーバーという事です。
(他のホンダ車は好評のショーワ製ショックアブソーバーを採用)。

もし中古でフィットを買うなら、前期型は待って!中期か後期が大きくオススメ。

試乗:内装

リアシート使うならフィットしかない

フィットの内装

フィットの室内とラゲッジスペースはびっくりするほど広い。コンパクトカーNo.1です。

この広さだけでフィットを選ぶ価値がある。スイフト、ヴィッツ、マーチ、コルト、デミオ、それぞれ良い点を持ちフィットの比較対象となりますが、リアシート使うなら選択肢はフィットのみ。

内装質感は良い方

内装の質感は標準的。3代目デミオや3代目マーチよりはちょっといいし、2代目ヴィッツにはちょっと負ける。
また軽自動車のインパネ全体の質感が上がっているから、高級軽自動車には負けと感じるときも。

シートが大きい

フィットの内装・フロントシートもう一つ、ライバル他車より優れている点。それはフィットのシート。大きめでコンパクトカーであるということを忘れさせてくれるシートです。

従来のコンパクトカーは女性をターゲットにしたサイズでしたが、フィットなら男性でも大きいと感じるくらいのサイズがあります。

今までシートが良くないと言われ続けたホンダですが、とりあえずサイズだけは立派すぎます。

フィットの弱点

これだけ気合いが入って、車格無視のずるいクルマがフィットですが、もちろん弱点だってあります。長所に比べれば弱点といえるほどのことでもないのですが。

イカリングまずはCVT、渋滞にはまるとギクシャクします。走り出しに神経を使います

次に静粛性。旧世代のコンパクトカーよりは断然いいとはいえ、やっぱり値段なり。特にリアシートに座るとうるさい。ヴィッツの方が快適です。

そして前期型フィットの乗り心地。ホンダ車全般で小さなゴツゴツは苦手ですが、輪を掛けて酷い。このあたりが弱点だと思います。ただしこの乗り心地、前期型よりは中期型、中期型よりは後期型とだんだん良くなっています。

アフターパーツで改善できる部分もある

ショックアブソーバーを変えると劇的に良くなります。乗った中ではエナペタル製ビルシュタインはとてもいい。テインやクスコは固くて初期の減衰力無し。乗り心地は悪化します。

最後にいかにもFF車らしいステアフィーリング。ハンドルを切った後の反力が強い強い。アクセルを踏み込むとグワッと中心に戻ろうとします。

参考までにキビキビした走りを楽しみたいなら、別のクルマ、スイフトやデミオがオススメ。フィットは安定しているのでどっしり感がある反面、コンパクトカーらしいキビキビ感は少なめ。派手にガンガンステアリングを切っていける懐の深さはあるので、そういう運転をすればキビキビと言えるかも。

下回りをリア側から。フィットならではの光景。 前の方にガソリンタンクが見える。

一クラス上と比較できるコンパクトカー

マフラーこのホームページは独断を偏見を多く含みつつも、「辛口」が特徴。その中で、このフィットについては非常にいい評価となっています。

従来までコンパクトカー最大の欠点といえば、室内の居住空間が狭いと言うこと。スペースが圧倒的に不足し、リアシートはもとより場合によってはフロントシートでさえ、大柄な男性は座れない程度でした。このフィットをホンダが発売したことで、居住空間に関するレベルは一気に向上。おまけに使いやすいラゲッジスペースといった特徴だって付いた。

トヨタの初代ヴィッツが登場した時には、質感ある内外装デザインで積極的に選べるコンパクトカーとしてインパクトがありましたが、ホンダからフィットが登場した時には、実用性を備えてきたという大きなインパクトを感じさせてくれました。

惜しいのは外装デザインと乗り心地だけ。あまりに人畜無害な平凡さ。コンパクトカーとしてコレはいけないでしょう。ただしクルマとしての基本性能なら、トヨタでいえばカローラクラスとその派生車種と勝負できます。いやドライバビリティでいえばフィットの勝ちかも。

ホンダ フィット (初代)

ホンダ

fit (フィット)

  • 試乗グレード:“1.3Wおよび1.5W”
  • 年式:2004y(中期)
  • ミッション:CVT
  • 新車価格:155万円

概要

  • 型式:GD1
  • 排気量:1300ccおよび1500cc
  • ボディサイズ:3845/1675/1525mm
  • 発売開始時期:2001年6月

FITモデル別の違いやマイナーチェンジ
その他の概要はリンク先で掲載中。

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」監修のもと「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

フィットのバッテリー適合詳細


フィット 初代

GD1 - L13A 1300cc 2004年〜
42B19L


フィット 2代目

GE6 - L13A 1300cc 2007年〜
42B19L

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

エンジンは1500cc、1300ccともにこのクラスでもっともスムーズ。そしてパワフル。海外のコンパクトカーを入れて比較しても文句なし。

駆動系質感 5段階評価

フィットは発進時にギクシャク、さらにもっさり変速、減速時もギクシャク。

足回りの質感 5段階評価

前期は最悪。中期後期ならなんとか許せる

内装の質感 5段階評価

ロゴからはグッと進化。

外装の質感 5段階評価

初代フィット最大の弱点がこのデザイン。締まりが無くて不格好。まさに人畜無害系。不格好だから愛嬌がある。それは質感という面では評価は低い。

快適性 5段階評価

広さだけはワンランク上のクラスに迫るモノがある。

パッケージング 5段階評価

ボディサイズはコンパクトながら室内は広い。コンパクトカーで比較すれば文句なしにフィット。

お買い得度 5段階評価

安い、広い、燃費も良い。さらに普通に走る。コストパフォーマンスは高い。

シビックタイプR流用のレカロ
シビックタイプR流用のレカロシート。意外と希少なモデル。ドアトリムはアルカンターラで張り替え。本物は購入するのに誓約書にサインさせられ面倒くさい。


のっぺりしたドアトリムだから、内張の張り替えは簡単。本物のアルカンターラを使ったが耐久性という面ではオーバークオリティだった。

ポテンザ
ポテンザ
1300ccモデルのメーター。昼間&夜間。

ポテンザ
1300ccモデルのエンジンルーム。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です