ホンダ・メーカー別の特徴と自動車評価

2021年記事 ホンダ・シャトル
著:ヒラリー男爵

シャトル試乗レポート「6」
小さな長所短所

「間違いいっぱいの自動車選び」。2018年式シャトル・ハイブリッドの試乗レポート。

当ページは6ページ目です。

「雑談的な内容と評価総合」ほか

ホンダ
  • グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2018年式
  • 車両価格:208万円
  • デビュー年:2015年5月
シャトルのインパネ01シャトルのインパネ02

ホンダ・シャトル(グレード:ハイブリッド無印・型式GP7)の試乗レポートです。

内容は辛口です。また一部画像は拡大します(横長画像など)。


  1. シャトル試乗「1」特徴概要とお得感
  2. シャトル試乗「2」エンジンやミッション加速感
  3. シャトル試乗「3」乗り心地と静粛性
  4. シャトル試乗「4」内装(フロント・リア)
  5. シャトル試乗「5」フィットと比較
  6. シャトル試乗「6」乗ってわかった小さな長所短所

乗ってわかった小さな長所短所「1」

シャトル・小さな長所短所1

クルマを選ぶ決め手にはならないけれど、評論家様が取り上げることもなさそうだけど、せっかくなら知っておきたい小さな長所短所。

車検証が入るコンソールボックス

コンソールボックス

肘掛けの下にあるコンソールボックスには車検証が入ります。

これにより、グローブボックスをフリーに使えるので、日常の使い勝手が向上すると思います。

ウインカーレバーの操作性

ウインカーレバー

ウインカーは軽く動かすと3回点滅するタイプ

レバーを奥まで動かすと通常動作しますが、ここの節度感が硬いです。

操作を間違えにくい一方、使いにくいとも思いました。車体の個体差による可能性もあります。

リアシートのベルトキャッチ

ベルトキャッチ

シャトルのリアシートは3人乗車も重視されている様子。着座位置は外側に寄り、2人分のメインシートの幅も小さめです。

加えて、ベルトのチャッチがメインシート側についていて、上手く収納できませんでした。

そのため、これが体に当たります。体の大きな方はぜひ実車でご確認下さい。

 


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

乗ってわかった小さな長所短所「2」

シフトセレクターの操作

シフトセクレターのパターンはハイブリッドらしいタイプです。

シフトセクレター1シフトセクレター2

主な操作は右下・Dレンジ。右上・Rレンジ。「P」にするのは、どのポジションからも「P」のボタンを押すだけです。

手元にインジケーターがあり、メーター内左側にもパターンとポジションが表示されます。

深いカップホルダー

カップホルダー1カップホルダー2

フロントシートのカップホルダーは、500mlペットボトルに最適されているような形状です。

深さがあって安定感十分。ボトルを掴むにもちょうどいいサイズです。

近いようで遠い2つのスイッチ

ハザードスイッチシステム起動

ハザードスイッチとスタートスイッチ、近くに見えますが手をのばすと少し、遠く感じます。ハンドルの奥っていう感じだからだと思います。

ハザードは問題ないけど、スタートスイッチはサイズが小さめな事もあり、慣れないとちょっとわかりにくいです。

間違えにくいECONスイッチ

ECONスイッチ

ECONスイッチは右側です。

スタートスイッチとカタチが似ていますが、位置はハッキリ分かれています。間違えることはなさそうです。

シャトルの特徴10秒チェック

シャトル・ボディフロント

単純明快・簡潔に。長所短所をまとめました。
お手数ですが意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • お得感を感じる価格設定。ライバル比較で絶妙な価格と内容。
  • 機敏で遊びの少ないステアフィール。
  • 独自性の強いハイブリッドシステム。
  • フィットよりよほど上質な乗り心地。
  • フロントシートよりリアシート優先のデザイン。

動画:シャトルのお得感考察

立派に見えてけっこう安い!そう感じたシャトルの価格を見てみました。わかりやすいボディサイズや内装質感、そうした部分と価格を見たときにお得感を感じます。

シャトルのメーター(昼)シャトルのメーター(夜間)

シャトル評価総合

ボディデザイン・リアガソリンモデルなら180万円!ハイブリッドなら210万円!
コンパクトカーより大きなクルマが欲しい、そんな方へ。シャトルは特にボディデザインが価格以上に立派な印象です。

停めておくだけで立派。高級軽自動車の価格を考えたら、お得感高いですよね。

ハイブリッドなら独自性の高いシステムで個性十分。運転すればこの時代だけのホンダ式ハイブリッドを味わえます。

価格で選んでも、個性で選んでも、また利便性で選んでも、絶妙なポジションに納得できる車両価格。
筆者はシャトルの、そんな部分に特徴を感じました。

ホンダ シャトル

ホンダ

shuttle
(シャトル)

  • 試乗グレード:“ハイブリッド無印”
  • 年式:2018年
  • 型式:GP7
  • 新車時価格:208万円

概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • ボディサイズ:4400×1695×1545mm
  • 車重:1190kg
  • 発売開始時期:2015年5月
  • 新車時価格帯:181万円〜

車両型式

  • GP7 - 2WD FF
  • GP8 - 4WD
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー








試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設20年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び