スイスポ試乗P4/内装・フロントインパネ周辺

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > スイフトスポーツ(zc33)P4

(2018年記事 スズキ スイフトスポーツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

スイフトスポーツ(4代目)試乗「4」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。スズキの4代目スイフトスポーツ(ZC33S)グレードは「スポーツのベーシック・6MTモデル」。通称スイスポ。2017年デビューの今回はターボエンジンを搭載しパワフル志向。

当ページは4ページ目です。「内装・フロントシート周辺」を掲載中。

スイフトスポーツ内装(インパネ)スイフトスポーツ内装(乗り込む時)
スズキ
  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2017年9月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - スイフトスポーツ「1-1」・概要とエンジン
  2. 分割page - スイフトスポーツ「1-2」・ドライビングフィール
  3. 分割page - スイフトスポーツ「1-3」・乗り心地など快適性
  4. このpage - スイフトスポーツ「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - スイフトスポーツ「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - スイフトスポーツ「1-6」・細かな長所短所と演出
  7. 分割page - スイフトスポーツ「1-7」・他車比較と評価総合

試乗:内装(フロントセクション)

スイスポ・フロントシート周辺

先代スイフトとはガラッとイメージが変わった内装。インパネデザインはコンパクトらしく、リアシートとラゲッジは広く。あちこち立派だった先代って、実は無駄で贅沢の塊だったのか?なんて連想をしてしまうほど。今度はメリハリある質感と競合車と勝負できる利便性が目立つ。

”加飾控えめ”が好感度高い!

インパネ1シフトセレクターMT

スイスポはスイフトとの中で上級グレードとはいっても、内装の加飾はほどほどに抑えられている。黒から赤へグラデーションされたパネルが目を引くものの、これもベーシックなグレードから色調が変わっている程度。このパネル以外はメッキ調や光沢パネルなどテカテカする部分が目立たず、走る楽しみを重視したグレードとして好ましいと思う。

メッキ加飾が定番となっているインパネ中央及び左右のエアコン吹き出し口はわかりやすい。質感で評価をすれば低いと言わざるをえない、プラスチッキーな梨地そのまま。こうした目立たせる部分とのメリハリに筆者は、「頑張ってます」という印象を受ける

パネル表面のシボが立派

インパネ2

スイスポのインパネに刻まれたシボ(模様)は、コンパクトクラスの中ではミゾが深く立派。シボが立派だとパネルが立派に見える。

最初、スイスポ単体で見た時はこんなものかな?と感じたんだけど、ヴィッツのインパネと比較したらスイスポの方がシボが深かった。コンパクトカーのベンチマーク的存在のヴィッツより深いミゾを持つシボだから、現状では質感でリード。

インパネの表面で差がでるのはシボともうひとつ、外光の反射だろう。こちらはやや反射が目立った。ヴィッツと同時に乗り比べれば、ヴィッツの方が反射が気にならなかった。
ここはマツダ車で反射が気になる事が多く、スイフトの競合車でいうとデミオ。直接比較していないのでハッキリとは言えないが、デミオの方がより反射が目立ったような気がする。

参考試乗レポート:ヴィッツ

コンパクトらしいインパネデザイン

内装・センタークラスターエアコン操作部1

先代スイフトの内装はコンフォート的デザインかつ、細部まで質感も高く高級感ある内装だった。普遍的な上級志向でしかも上級車感覚。まさにノーブルという言葉がピッタリ。旧型になった今でも魅力的に感じる。

今度のスイフトは軽快な躍動感ある内装。インパネからセンターコンソール、ドアトリムまで、ボリューム感よりシャキッと軽快。コンパクトらしさを強めたしたデザイン性を感じる。
安直でつまらなく、しかも聞き飽きたな言葉で表せば、”スポーティな内装”かなw プロの評論家がそう評価しそうでコワイ。

ナビゲーションの装着位置はやや低め。これがクルマのキャラクターに合っていてとても好感度高い(後述)。

メインメーター

全体の中で特にメインメーターの立派さが目立つのも、やぱりコンパクトらしいというところ。

自発光式は今や当たり前として、スイスポのメーターにはそれ以外の良い特徴がある。

一つは経が大きく目盛りが緩いタコメーター。小径メーターより視認性高く、針の動きも素早くなり、ダイナミックになる(針のレスポンスは悪い)。そこに視認性が”敢えて落とされた”であろうスピードメーターが組み合わせれる。速度はほんと見えないこれが素晴らしい。
MTなら回転数で速度を読めるようになるから問題ない。素晴らしい演出だ。

もう一つは多彩な機能を持つ液晶表示部。ドライブに飽きてきたらちょっとイジれる楽しみ(ここは後述)。

運転席と助手席はちょっと近いか

カップルディスタンス

軽自動車とコンパクトカーの違いって何?と聞かれれば、分かりやすいのはカップルディスタンス(運転席と助手席の距離)。

一般的に車格の高いクルマほど広く取られ、同じクルマならモデルチェンジで広くなっていく傾向がある。
スイフトも先代モデルからすると、広くなったらしい。

このスイスポで左右シート間距離は15cmほど。MTでのシフト操作を考えるとちょっと狭いかな。助手席乗員が気を使って腕を避けていないと、ドライバーと肘が当たる場合がある。

面白いのはボディ車幅とカップルディスタンスは一致しない事。シート位置の内寄り外寄りがあるし、シートサイズもあるし、多分にメーカーの都合もありそう。

助手席スライド量は大きい

助手席足元

フロントシートは想像より大きくリアにスライドする。アップライトな着座姿勢のスイフトだから、これはちょっとビックリするほど。

大体が1人か2人乗車でドライブする筆者としては、これは嬉しいポイント。足が窮屈さを感じないほど伸ばせます。

ペダルレイアウトとフロントシート

先代より運転しやすくなったペダルレイアウトと、よくできたフロントシート。

ペダルレイアウトに関して

ペダルレイアウトレイアウト的にはペダルは全体的に内側に寄っている。コンパクト前輪駆動車の例に漏れず、アクセルペダルの右側にタイヤがあるというイメージ。それでも先代スイフトからみると運転がしやすくなった。

良くなったのは足のかかと位置というか、ペダルを踏む角度。余裕が出来て丁寧な運転がしやすくなった。先代は特にMTのスイスポに乗ると、微妙な操作がしにくかった。今回はマイルドなスロットル特性も含め、丁寧な運転がしやすくなっている。

フロントシートに関して

座面もシートバックもサイドサポートが目立ち、ひと目でスポーツとわかるフロントシート。筆者はこのシートにとても良い印象を受けた。
シートは身長体重や着座姿勢による違いが大きいだろうから、評価というより考察という感じで。

フロントシート1フロントシート2

座面もシートバックもサイドは8cmほど盛り上がる。視覚的なインパクトもでかい。

上手く使ってナンボ、シートバックのサイドサポート

シートバック(背もたれ)のサイドサポートは大きく張り出しているが、間のスペースは大きく、筆者の場合は冬用のアウターを着た状態でも緩い。

緩ければ効果ないかといえばそんな事はなく、サイドサポートは体を押し付ける事で機能を発揮すると考えている。

高い横Gが発生する場面では、フットレストで足を踏ん張って体をサイドサポートに押し付ける。シート任せではクルマと合わせて体が傾いてしまうから、こうして地面と体の垂直を保つ。

なのでどっちかといえば、シートバックのサイドサポートはもっと小さくても良いかな。

役立つ座面のサイドサポート

サーキット走行すると、普通のシートでは「お尻が落ちる」錯覚を味わう。およそ100km/h以上で長く回りこんだコーナーになるだろうか、ドライバーは遠心力でお尻半分が落ちそうに感じる。

上半身と異なり下半身は、シートの機能を上手く使って...という行為が難しいので、単純にサポートの盛り上がりがありがたい。

運転しやすい理由の一つかな?座面のクッション

フロントシート座面

座面のお尻あたりは、薄くて固いクッション性。レカロなど外国人向けシートと比較してもやや固めだろう。クッションが固いと乗り心地はダイレクトに近づく。

でもそれだけじゃなくて、クルマとの対話もダイレクトに近づく。様々なシートを付け変えてみるとわかるんだけど、固いシートほど正確かつ最小限の操作で走れる。滑らかにも走るのだってこちらが容易だ。

逆にソフトなシートに交換した時は、クルマの動きがわからなくて恐怖感が生まれる。直後はステアリングやペダル操作がワンテンポ遅れ、思い通りに運転できず。これはユックリ走行でもハッキリ違いを感じる。

戻ってシート座面。太もも辺りの先端部は少し柔らかく、クラッチを踏み込む妨げになりにくい。クラッチペダルを足首でコントロールするドラポジでも大丈夫。

スイフトスポーツ、メーター(夜間)スイフトスポーツ(インパネ)

エアコン操作部に関して

エアコン操作部はドライバーから見て、やや低めで遠い位置にレイアウトされる。適正なドラポジを取らない場合には、遠いと感じるかもしれない。
遠いのはAUTOのみ使用するなら問題なし。どっちかというと、AUTOでも使用するスイッチのレイアウトがわかりにくい

エアコン操作部2エアコン操作部3

設定温度は中央に表示されるのに、温度調整は右側のダイヤルを回して行う。
ダイヤル式なのに直感的でないというか、無意識に触れば中央を回そうとしている自分。でも中央にダイヤルはないw 温度表示されるところに調整ダイヤルが欲しいところ。

内気循環/外気導入の切り替えスイッチも位置が分かりにくく、慣れが必要そうだ。

スズキ スイフトスポーツ
スズキ自動車

swift(スイフトスポーツ)試乗モデル

  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 年式:2017y
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:184万円

エンジン概要

  • 排気量:1400cc
  • エンジン型式:K14C

その他概要

  • ボディサイズ: 3890×1735×1500mm
  • 車重:970kg
  • 登場:2017年9月
  • 新車時価格帯:184〜199万円(スポーツ)
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。