自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
HPヘッダー画像

2018年記事 スズキ スイフトスポーツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵

スイフトスポーツ試乗「7」

「間違いいっぱいの自動車選び」の試乗レポート。スズキの4代目スイフトスポーツ(ZC33S)2017年式。通称スイスポ、グレードは「スポーツ・6MTモデル」です。

当ページは7ページ目です。

「燃費、6MTのフィール」

スズキ
  • グレード:“スポーツ”
  • 年式:2017年式
  • 型式:ZC33S
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2017年9月
スイフトスポーツ内装(インパネ)スイフトスポーツ内装(乗り込む時)

評論家が高く評価するスポーティコンパクト。2017年デビューの今回はターボエンジンを搭載しパワフル志向に。


  1. 分割 - スイスポ「1」特徴とエンジン質感
  2. 分割 - スイスポ「2」ドライビングフィール
  3. 分割 - スイスポ「3」乗り心地など快適性
  4. 分割 - スイスポ「4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - スイスポ「5」内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割 - スイスポ「6」細かな長所短所と演出
  7. ここ - スイスポ「7」燃費と6MTの操作感
  8. 分割 - スイスポ「8」ライバル車比較と評価総合

ベーシックなスイフト!スイフト(ZC83S・2017)試乗レポート

スイスポ試乗時の燃費

スイスポ試乗中

混雑する都市部から山道、高速道路まで走行した試乗時の参考燃費。

スイスポのJC08カタログ燃費は「16.4 km/L」。車載燃費計は給油でリセットされるタイプで、非常に長い時間の平均を表示しているように感じられた。

表示された燃費はこれくらい

給油-市街地-郊外というパターンで表示された燃費は、市街地「12km/L台」、郊外「14km/L台」

市街地の走行状態は平均時速が20km程度で、ほどほどな混雑状態。渋滞といっていいか悩む位の交通状況。こうした道を2時間走行し、混雑しない郊外路へ。

ここで次の給油まで「燃費14km/L台」が表示されていた。

5日間800km走行し、このくらいの燃費が表示されていた時間が最も長かった。

条件良ければカタログ値超える燃費

燃費1それ以外の走行パターンでは、信号の少ない道だと、写真のようにカタログ値を大きく超える燃費が表示される。

給油後から条件が良い道を走り続けていると、航続可能距離が減らない感覚になる。

また高速道路を走行していると「17km/L台」が表示される。時速80km〜100kmで流れる条件の良い高速道路でこのくらい。燃費に条件の良い道や高速道路主体に運転すれば、カタログ値と同じか超える燃費が期待できる。

高燃費を意識した運転

燃費を重視した運転の基本は、回転数を上げずにかつ、素早く希望の速度まで加速し、速度キープは無駄なく巡航。そして誰よりも早くアクセルオフして停止する。

燃費2燃費3

大きく稼げるのは一定速度での巡航中と、如何にブレーキを踏まずに減速停止できるか、だと思う。後者は交通状況により理想通りにはいかない。だからいつでも出来るのは前者。

速度が落ちずに走れるギリギリまでアクセルを戻して巡航する。そこでご覧いただきたいのが上の画像。瞬間燃費計を見ながら、安定して省燃費巡航ができるギヤと回転数を探ってみた。

  • 左の画像は50km/h。ギヤは5速が安定する。
  • 右の画像は70km/h。ギヤは6速。安定して燃費キープできるのはこの速度。

速度はメーター読み。ガソリンは巡航中に節約して、気持ちよく走る時に温存。筆者は免許取りたての頃、こんな事考えながら運転してました。というか今でも一緒w


※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

6MTの操作やフィール

スイスポを「運転を楽しむクルマ」と考えると、残念なのがブレーキフィールとシフトフィール

シフトフィール正確には”残念というのは筆者の気持ち”で、特徴は「スポーティではなく実用的なフィール」となる。

実用的=気楽。上手く操作できなくてもギクシャクしにくい。頭や神経を使わずに運転できる。相当ミスらなければガッコンガッコンしない。初心者も安心のイージードライブが可能。

気楽=非本格的=ちゃちぃ。受ける印象こそ違えど意味は一緒。じゃあ具体的にはどうなの?

クラッチペダルは軽く、半クラッチの領域は広い。シフトレバーはシフト方向(横)が短く、ストローク方向(縦)が長い。どこも操作感覚は常に軽く、マニアックな知識がなくてもスムーズに運転しやすい。
アクセル操作と関係なくギヤは抜け、入れる時もエンジン回転数と速度に関係なく、いつでもギヤを入れる事ができる。

繊細を楽しむには不向き

言い換えると、ギヤの抜ける感触や入れて良い時の感触がわからない

よくできたミッションだと、手に伝わってくる感触から丁度良いタイミングが判別でき、その時にクラッチを繋ぐと、回転数のピタッと合ったシフトチェンジができる。クラッチはスパッと繋いでもショックはない。

いつでもフィール変わらず

よく言うヒール&トゥも、この「手の感触」を利用して回転数を合わせ、シフトダウンを行う。そしてこの時の感触が精密感や剛性感が高いミッションほど、ドライバーは快感を得られる。

シフトアップは1速がショートで2速が離れ、丁寧に回転が落ちてくるのを待っていると、いーち、にーぃと数えるくらい待たなければならない。2速から6速は悪くない。

気楽と表現したのは、この”待つ”動作や”回転数を合わせる”動作がなくてもギヤが変えられ、適当にクラッチを繋いでもショックが小さい。ギヤチェンジの練習なんていらないほどだ。

快感が薄い反面、好きなギヤを選べるというメリットを誰でも簡単に得ることができる。

よくできたMTを持つコンパクトならコルト

ギヤチェンジが楽しい!喜びを感じられるMTをお望みなら、コンパクトカーではコルトラリーアートをおすすめ。

コルトのMTは、カッチリした機械らしさと、ギヤが入る感触がしっかり手のひらに伝わってくる。

回転数合わせるとギヤが吸い込まれるから、思い通りにギヤが選択できてこれが快感!今や中古車でしか手にはいらないけど、これこそMTの醍醐味じゃないかな。

リバース(バック)ギヤ

6MTの場合はクルマにより、バックギヤへのシフト方法が異なります。このスイスポはここ。

バックギヤ1バックギヤ2

  • 1.シフトレバー根本のリングを上に上げる。
  • 2.そのまま6速のゲートに入れる。

これでバックギヤに入ります。イメトレしておくと試乗の際にラクかも。

ペダルレイアウト

先代より運転しやすくなったペダルレイアウトと、よくできたフロントシート。

かかとに余裕が出来た!

ペダルレイアウトペダルレイアウトは全体的に内側に寄っている。

コンパクト前輪駆動車の例に漏れず、アクセルペダルの右側にタイヤがあるというイメージ。それでも先代スイフトからみると運転がしやすくなった。

良くなったのは足のかかと位置というか、ペダルを踏む角度。余裕が出来て丁寧な運転がしやすくなった。

先代は特にMTのスイスポに乗ると、微妙な操作がしにくかった。今回はマイルドなスロットル特性も含め、丁寧な運転がしやすくなっている。

スイフトスポーツ、メーター(夜間)スイフトスポーツ(インパネ)

見えにくいフロアもフラットに進化

フロア下

敢えて覗かなければ見ることもないクルマのフロア下。普通は見ないよねw

実はここってどんどん変わってきていて、構造物から機能部品がフラットに収められるようになってきている。

様々なパーツが薄く収められれば、室内からみたフロアも低くなり、車内に余裕ができるだろう。また地面に対してフラットに近づけば、空気抵抗の低減が予想できる。

スイスポのフロア下を除いてみると、今まで筆者がみたコンパクトカーでは一番?それくらいに思えるほど、薄くフラットにまとめられていた。マフラーのサイレンサーだって薄く幅広で、トーションビームの構造物と面が近づけられていたり。

現時点ではスイスポが一歩抜けている様子。上級車では相当進化した部分だけに、これからはコンパクトカーもココの進化が楽しみ。

スズキ スイフトスポーツ

スズキ自動車

swift(スイフトスポーツ)試乗モデル

  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 年式:2017y
  • ミッション:6MT
  • 新車価格:184万円

エンジン概要

  • 排気量:1400cc
  • エンジン型式:K14C

その他概要

  • ボディサイズ: 3890×1735×1500mm
  • 車重:970kg
  • 登場:2017年9月
  • 新車価格帯:184〜199万円(スポーツ)
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です