スイスポ試乗P3/乗り心地や静粛性

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像
間違いいっぱいの自動車選び > 自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > スイフトスポーツ(zc33)P3

(2018年記事 スズキ スイフトスポーツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

スイフトスポーツ(4代目)試乗「3」

間違いいっぱいの自動車選びの試乗レポート。スズキの4代目スイフトスポーツ(ZC33S)グレードは「スポーツのベーシック・6MTモデル」。通称スイスポ。2017年デビューの今回はターボエンジンを搭載しパワフル志向。

当ページは3ページ目です。「乗り心地や静粛性など快適性」を掲載中。

スイフトスポーツ内装(インパネ)スイフトスポーツ内装(乗り込む時)
スズキ
  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2017年9月

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - スイフトスポーツ「1-1」・概要とエンジン
  2. 分割page - スイフトスポーツ「1-2」・ドライビングフィール
  3. このpage - スイフトスポーツ「1-3」・乗り心地など快適性
  4. 分割page - スイフトスポーツ「1-4」・内装(フロントシート)
  5. 分割page - スイフトスポーツ「1-5」・内装(リアシートとラゲッジ)
  6. 分割page - スイフトスポーツ「1-6」・細かな長所短所と演出
  7. 分割page - スイフトスポーツ「1-7」・他車比較と評価総合

試乗:快適性(乗り心地)

スイスポ・高速道路での快適性など

スポーティグレードといっても快適性が重視されるようになってきている。先代スイフトの初期モデルなどテネコ製とは名前ばかりのパッツンパッツンなダンパーなど採用されていた。今度のスイスポはバネ固い、ダンパー柔らかめという組み合わせ。そんなスイスポの乗り心地や静粛性など快適性について。

フロントシートでの乗り心地

フロントシートスイスポのサスペンションはスプリングが固くて、ショックアブソーバー柔らかめ。ちょっと極端なほどにそうした設定がされている。また質感としてはそれなりで、”しなやか”とか”しっとり”とは感じられない。突っ張っただけのサスペンションよりは良いけれど、それでも乗り心地を評価するとなると、ちょっと悪い位が最適だろう。

原因はフロントサスのスプリングと思われ、乗り上げる方向の段差ではガツンとハード。車体や内装がビシッと鳴る。一方でフンワリした段差では減衰力低すぎ?なんて感じる時もある。

もちろん乗り心地優先のクルマではないから、メーカーからしてもユーザーからしても乗り心地の優先順位は低いんじゃないかな。そう考えれば納得の範囲内だと思う。ベースグレードでコレだったら厳しいけどね。

リアシートでの乗り心地

リアシートフロントシートと変わって乗り心地が確保されているのがリアシート。コンパクトカーのリアシートって乗り心地が厳しいモデルばかり。なのでスイスポのリアシートはコンフォートなコンパクトカーに混ざって勝負ができちゃう。

単純な乗り心地に合わせ質感だって悪くない。軽量なクルマだからフワッっと伸びちゃう(跳ねる)時も多いんだけど、ストンとは落とされない部分が立派。こうした時に良いショックアブソーバーが使われているなと、思わず喜んでしまう。

それからシート座面のクッションが固すぎず柔らかすぎず(フロントシート含める)、1時間以上の長時間座っていてもお尻が痛くならない。筆者の体重は62kg。このくらいの体重なら欧州車と比較してもまさに絶妙。

問題はスペースとか足の置き場とか、シートバックの角度とか、居心地まで含めた場合の乗り心地だろうか。先代スイスポと比較すれば相当に良くなった。だから座れない事はないんだけど、快適な空間という軸で評価をすればどうしても成人男性には厳しい。小柄だったりお子様だったりすると、総合的な評価も十分だと思う。

試乗:快適性(静粛性)

フロントストラットタワー今回の試乗は冬真っ只中。関東地方でも雪が降るか降らないかといった状況で、筆者含む乗員は厚着していた。厚着した人間が最大で3名乗車。

特にコンパクトカーの静粛性というと、服や乗車人数が重要。人間てけっこう音を吸収するみたいで、ノイズの音量や音質が異なってくる。これにクルマの外の音、いわゆる環境ノイズのレベルによって受ける印象は全然違う。なので条件が重要です。

で、スイスポの静粛性はヴィッツを始めとする競合車と遜色ないレベルが感じられた。各コンパクトカーの上位グレードと同等レベルで、さらにシチュエーションによってはスイスポの静粛性が勝る
やや特殊なノートEパワーやアクアも含め、状況によって良かったり悪かったり。ボディや内装からのビビリ音は、ヴィッツと同じ道を走行して、概ね同レベル。

下からのノイズと、エンジンノイズがマイルド

タイヤとホイールスイスポの静粛性で良い部分はまず、タイヤノイズなど下からのノイズ。”スポーツコンタクト5”というコンチネンタルタイヤなのにゴロゴロ感が目立たず、さらにロードノイズやパターンノイズが耳障りじゃない。
これは想像よりタイヤが優れているのか、車内カーペットの吸音性が高いのか、さらには周波数特性のコントロールが上手いのか。

それからターボによって静粛性の高いエンジン。※ターボ車は全般的に静か。

正確に言えば回転数が高まってもノイズ盛り上がりが小さい。これは高速道路での静粛性に直結。時速100km巡航では6速でも3000回転弱がキープされるのだけど、音量や音質は2000回転と変わらず
タコメーター無ければ回転数わからないほど静かで、より低い回転数で巡航するCVT他車と比較しても、スイスポの方が静かに感じられる。

静かといえば普通はハイブリッド車。意外かもしれないが手放しで静かとはいえない。例えばノートEパワー、発電用エンジン+モーターという組み合わせだけど、発電用エンジンは豪快に回りノイズも発生する。アイドリングでゆっくりではない。

また例えば2017年登場のカムリ・ハイブリッド。このスイスポと隣り合わせてエンジンノイズを比較した。そしたらスイスポのエンジンの方が静か。排気音だって優しい音質だった。
カムリはまだ1000kmも走っていない新車だし、そもそもランクが異なるし、トヨタだし。それにも勝るスイスポのエンジンは静かでマイルド。

スイフトスポーツ、メーター(夜間)スイフトスポーツ(インパネ)

スズキのコンチネンタル?は主張弱め

コンチネンタル・スポーツコンタクト5最初に走行した時、「このタイヤ、コンチネンタル?」と思った。コンチネンタルとは日本での知名度は低いがドイツ車などではよく装着されているタイヤメーカー。
このコンチネンタルはタイヤの主張が強い。ゴロゴロ感強く、グリップ力強く、それでいて意外とマイルドにヨーが立ち上がる。スポーツタイヤだけでなくコンフォート向け銘柄だって基本的な印象は一緒。

そしてスイスポにはコンチネンタルタイヤが装着されていた。銘柄は「コンチ・スポーツコンタクト5」。かなり高価なタイヤだが新車時装着タイヤらしい。

主張が強いコンチネンタルタイヤだけど、スイスポを運転した感覚ではコンチネンタルらしさが薄かった。もしかしたらスズキのコンチネンタルタイヤということかな?
いずれにしてもゴロゴロとした不快感は最小限で、静粛性や乗り心地はスポーツタイヤらしからぬレベルだった。予想では少し前のエコタイヤより立派な可能性。それでいて高いグリップ力や、車両と合わせればトラクションコントロールの良い制御などが味わえる。

その代わり良さを味わう走りをすれば、タイヤの消耗は早いだろう。これは次に交換するタイヤで悩みそうだ。

スズキ スイフトスポーツ
スズキ自動車

swift(スイフトスポーツ)試乗モデル

  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 年式:2017y
  • ミッション:6MT
  • 新車時価格:184万円

エンジン概要

  • 排気量:1400cc
  • エンジン型式:K14C

その他概要

  • ボディサイズ: 3890×1735×1500mm
  • 車重:970kg
  • 登場:2017年9月
  • 新車時価格帯:184〜199万円(スポーツ)
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて17年。そして最新記事が最良です。