カムリ/自動車比較・試乗レポート

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

(2018年記事 トヨタ カムリ
著:ヒラリー男爵)

トヨタ カムリ試乗評価「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗レポートはハイブリッド自動車「カムリ」、グレード「G」。車両形式「AXVH70」、2017年式です。

当ページは1ページ目です。「概要とエンジン質感」など掲載。

トヨタ
  • グレード:“G”
  • 年式:2017年式
  • 型式:AXVH70
  • 車両価格:約350万円
  • デビュー年:2017年7月
カムリ内装1カムリ内装2

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

トヨタの最も大事な一台かも?アメリカで大ヒットらしいカムリの2017デビューモデル。


  1. ここ - カムリ試乗「1-1」試乗詳細レポート
  2. 分割 - カムリ試乗「1-2」静粛性と乗り心地など快適性能
  3. 分割 - カムリ試乗「1-3」ドライビング感覚
  4. 分割 - カムリ試乗「1-4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - カムリ試乗「1-5」内装(リアシート)
  6. 分割 - カムリ試乗「1-6」細部の質感と使い勝手
  7. 分割 - カムリ試乗「1-7」他車比較と装備、評価総合

試乗車概要:カムリ(ハイブリッド)

カムリのボディデザイン

2017年登場のカムリ、キャッチフレーズは「ビューティフル・モンスター」。インパクト強すぎます!美しいかどうかはさておき、確かにモンスター的なフロントマスクで個性を主張。美しくもコンサバだった先代からは大変身です。

内容的にも大変身。特徴を単純に表せば、「適度な価格で大きなボディ」「ハイブリッドシステムによる高燃費」。今では大したアピールにならない特徴でしかない。しかし試乗すると、「ほんとにトヨタ車?」と疑ってしまうような長所短所の持ち主

今までのトヨタ車とは異なる新しい方向性。トヨタ車がこのカムリから変わっていくとすれば、永く魅力を保てる1台になるかもしれない。

試乗したカムリ

ボディ・リア斜め試乗したのは2017年式トヨタ・カムリ。グレード「G」。車両価格が約350万円で販売的に中心的なグレードと考えられる。

オドメーターが示す走行距離は3000km。各部馴染んできたクルマとして最も美味しいところで、このクルマを4日間350kmほどドライブ。

クリスマスイブの渋滞から深夜の市街地、またちょっと遠出しての田舎道や山道などを走行してきました。

筆者ヒラリーは、父親との共同所有で購入を検討中。所有するSAIかスカイラインを売却して購入するか、比較しながら検討中です。

※結局、SAIを売却して2018年式カムリ購入しました。

ほんとにトヨタ?カムリのそんな特徴

筆者より一足先にディーラーからカムリを借りてきた父親。そんな父親の発した言葉は、「クラウンよりしょぼい、でもクラウンより良い!」。特徴を言葉に表すのって意外と難しいから、ハッキリした事は聞けなかったんだけど、試乗後に考えると実に的を得た評価だと思う。

実際に試乗後は、クラウンどころかマークXにも負ける質感&官能的なフィール、細部の品質感...。

ボディ・サイドただ、良い部分がとても良い

しかもそれが、今までのトヨタ車で欠点になっていた部分。どこかといえばステアリングレスポンスなどからくる運転しやすさやサスペンションの動き。運転しやすく思い通りに走りやすい。

聞こえは悪いが大きなカローラ的な役割をバッチリ果たすであろうクルマに思う。

一方で悪い部分は走行的質感や官能性だけでなく、可動部の品質的な部分に及ぶ。個体差でなければこれはもしかして、トヨタ車的長所を捨ててまで、現代的走行性能が与えられたのか?同世代のクラウンやマークXとは真逆に近い長所短所を感じた。

外せないのは新しくなったハイブリッドシステム。”ハイブリッドは遅い”という評価を覆すだけの力強さがあり、特徴としてもエンジンの主張が強まった。うるさいと感じる時もある反面、クルマのキャラクターに似合っている。

コストパフォーマン的にみると、カムリのコスパは良い。こうしたクルマを好む好まずに関わらずコスパ良好。ボディサイズと加速力、燃費、さらに現状の国産ミニバンなどでは味わえない走りやすさetc...これが350万円なのだから、品質感の悪さや、多少貧弱な装備を考えても文句はいえず。気になるのは売却・下取り価格だけ。

クラスはアッパーミドルクラス?

夜間の内装カムリって、どのクラスのクルマだろう?日本車のピラミッド的に考えるといまいちピンとこない。

これは重要な点で、高級車を期待して乗ると肩透かしを食らう。購入後に不満が出てくる可能性もあるだろう。

感覚でいえば、カムリのボディサイズは高級車サイズ。ボディ大きくサルーン的な高級感を想像してしまうかもしれない。一昔前なら価格的にも高級車クラスだ。しかし実際は、マークXクラスと考えた方が満足感が高いと思われる。具体的にはちょっとリッチなミドルクラスと考える。

試乗:エンジンと加速感

新しくなったエンジンの型式は「A25A-FXS」。ダイナミックフォースエンジンと名前が付けられ、高い熱効率がウリにされているエンジン。試乗すれば従来より硬質なエンジンノイズが耳を引く。

エンジンやシステムの静粛性など質感

エンジンルーム今度のカムリでは今までの、静か&マイルドこそ質感というのはちょっと違う。エンジンノイズはメカニカルな響きが感じられ、多少なりとも緻密な印象を受ける音質になった。排気音だって意外にもボーボーと演出され、語弊を恐れずにいえば欧州車的な質感が感じられるように。

ボリューム的にも大きく、耳に刺激がある音質でもある。従来のトヨタ4気筒で感じる、聞きたくもない只のノイズ的な音質からは大きく変化。一方で静粛性的には、静粛性の高さに魅力があるSAIと比較するとハッキリうるさい。

このあたり後述する加速力やレスポンス向上など踏まえると、エンジンの主張が強くなったと表現したい。

厳しくいえばペダルなどを通してドライバーに伝わってくる振動などもあり、長時間快適にという評価軸ではややツライ。筆者の場合だと、元気な走りを含めればせいぜい1時間。連続でこれ以上走るとなると疲れちゃう。その位のバランス。

平たくいえば、良くなったんだけど疲れやすい場面もあるよねって感じ。

絶対的な加速力や力強さ

センターコンソール最大加速力について。条件が合った時の加速力はかなり強い

ハイブリッドだから遅いなんて言葉は過去のものになる可能性、大排気量を好む筆者でも不満を感じる部分は少ない。

燃費良くて加速力もよい。総合したパフォーマンスを比較すれば相当にハイレベル。車両価格から考えてもこれはまさにモンスター。現時点でね。

実際に運転中は様々なシチュエーションがあり、得手不得手はトヨタ式ハイブリッドらしさがそのまま。CVTや有段AT搭載車とは異なり、出だしはモッサリ、巡航からの再加速は速い

巡航からの中間加速が強い!

速いってどれくらい?時速60kmから100km辺りからの中間加速力は普通に2500〜3000ccあたりが連想される。

得手不得手の中間では、従来からの加速感から変わったと感じる部分がある。アクセル踏み増しして加速を始める瞬間には、CVT車のような加速と感じる時がある。ミッション付きのようにエンジン回転数を上げていくというか、エンジンにモーターの一体感が強くなったというか。ハイブリッドが嫌いな方でも受け入れやすくなってきているようにも思う。

また低速時はエンジンがかからない範囲でドライブしようとすると、モーターの力強さが感じられてラク。数値上の出力は変わっていないようだけど、モーターだけで走れる領域が広く感じられる。

エンジン始動と停止にメリハリ

運転席からの視界エンジンは止まっている時が上質。音や振動、ハンドルを回す滑らかさに違いが感じやすい。

このあたりSAIやアコードハイブリッドと比較すると、カムリは低負荷時にはエンジン始動しにくい印象。逆に加速力が必要な時はどんどんエンジン始動し、音質的にも音量的にも元気いい。静粛性的にはうるさいと感じる時も多い。ステアリングへの影響は中立が重く調整されている関係からか影響は気にならず。

SAIは低速走行でも、ちょっとしたアクセルワークでエンジン掛かりやすい。だけどカムリより静かでエンジン始動がわかりにくい。駐車スペースなど極低速時でエンジン始動・停止すると、ステアリングなどへの影響は感じられる。

アコードハイブリッドはモーターで走る時間が長く、元々軽く滑らかなステアフィールはいつも滑らか。従来からの高級車的な質感が高い。

質感的にやっぱり気になる部分

シフトレバーやっぱり感じるのは、停止から発進直後にエンジン始動した時に感じる振動。タイミング悪いと不快な振動が、シートを通して腰に伝わってくる。助手席に座っていても一緒。

ここは新しくなっても、大きくは変わっていなかった。もしかしたらこれ、大した欠点じゃない??

ドライバーは可能ならば、少し走り出してからアクセル開度を増せば良いんじゃないかな。筆者がゲストをお迎えするならば、そうした運転を心がけたい。信号での右折時だけ会話でごまかしますw

メインメーターメインメーター(夜間)

走行モードの切り替え

カムリの走行モードにはお馴染みの「エコ」「ノーマル」「スポーツ」モードがあり、加えてシフトセレクターで操作する「Sモード」と疑似的に有段ホールドしているようなホールドモードがある。

シフトセクレクター感想は、違いがある上に意外と使いやすいエコモード、走りやすいノーマルモード、思わずドライビングシューズが欲しくなるスポーツモード。

この中で特筆はスポーツモード。スポーツモードは速い遅いではなく、僅かなアクセルワークでも反応する特性を発揮。イージードライブしたいユーザーには過敏過ぎちゃうくらい。昔マニュアル車に乗っていたんだぜっ!という微小なコントロールがお好きなユーザーにおすすめできる。

シフトセレクターで選択する「Sモード」はいわゆる疑似ホールドモード。メインメーターに3速とか4速などと表示され、エンジン回転数が高く保たれる。

コーナーで”再加速に備える”という意味ではそんなに必要性を感じないけど、アクセルを抜いた瞬間のレスポンスという部分では効果を感じる。それから人間って、あるものは使ってみたくなるもの。ユーザーを飽きさせない付加機能としても魅力的な装備だと思う。

トヨタ カムリ

トヨタ

CAMRY (カムリ)

  • 試乗グレード:“G”
  • 型式:AXVH70
  • 年式:2017年式
  • 車両価格:約350万円

概要

  • 排気量:2500cc+モーターハイブリッド
  • エンジン型式:A25A-FXS
  • 車重:1570kg
  • ボディサイズ:4885×1840×1445mm
  • 発売開始:2017年7月
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

室内設置タイプの専用品

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
動力質感 評価2

トヨタのハイブリッドにしてはエンジンの主張が強く、加速力も強い。

快適性 評価2

市街地での乗り心地に不快さを感じる時がある。ミドルクラスと考えれば並。

足回りの質感 評価3

トヨタとしては改良されたような質感。どちらかといえばハンドリングの部分で良さがある。

内装の質感 評価2

ドライバー周辺の造形は高級車ライク。ただ見て触る部分は適度な質感。

外装の質感 評価1

アクを強めて個性というのは質感とは違う方向性と感じる。

運転しやすさ 評価5

運転が苦手という方にこそ一度、運転してみて頂きたい。

お買い得度 評価4

品質の悪さが目立つ箇所があるものの、ドライバーは運転しやすく、加速力からみても納得。





試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です