自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 ホンダ

シビック(e:HEV)試乗
「1」特徴概要

間違いいっぱいの自動車選び。シビックe:HEV・2022年式の試乗レポート。

1ページ目です!

「タイプSと呼びたくなるキャラクター」

ホンダ
  • グレード:“e:HEV”
  • 型式:FL4
  • 車両価格:394万円
  • デビュー年:2022年7月
シビックehev内装1シビックehev内装2

試乗車概要:シビックe:HEV

シビックe:HEV・試乗レポート

2022年7月登場のシビックe:HEV。Cセグメントサイズのハッチバックで、パワートレーンはモーター駆動をメインにしたハイブリッドです。

試乗したシビック

ボディデザイン・サイド試乗したのは2022年式ホンダ・シビック「e:HEV」。車両型式はFL4

車両価格は394万円。

現在のところハイブリッドはモノグレード構成。ナビや助手席パワーシートが標準です。

タイヤ1タイヤ2

1日目に試乗したシビック、oddメーターが示す走行距離は約3000km。2日目以降の試乗は6500km。あとに試乗した時の方が、乗り心地が快適でした(1日目の車体は刺激強くて疲れました)。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

クルマのキャラクター

シビックe:HEV・ボディフロント昼

評論家の先生方が揃ってスポーティと仰るシビック。筆者たちも同様にスポーティと感じました。
ただそう感じたのはエンジンではなくて乗り心地やハンドリングの部分。

シビックe:HEV・ボディフロント夜

誇らしくもある価格設定

スタンダードな車種としては「他にあったっけ?」と考えてしまうシビックのクラスからみた車両価格。ガソリンモデルで310万円〜、このe:HEVが394万円〜。

インパネ欧州車レベルの価格設定と感じる方も多いでしょう。それもメルセデス・ベンツに迫る価格(Aクラスは410万円程度〜)。

シビックはベンツに迫る価値をフルハイブリッドで得ている、そう考えると日本人として誇らしいです!日本のお家芸フルハイブリッド!

一方で、高いものは高いという事実

高価な分、どこかでその魅力を持ちえないと商品として成立しません。

そしてそれは乗り心地や静粛性じゃなくて、アクティブに走るユーザーが最も魅力を味わえるのではないかと、そう感じられるものでした。

ボディ斜め後ろボディリア

「高価だけど凄く良い!」なんて紹介されているのをみると、乗り心地だってしっとり系で快適なクルマを想像してしまいますが、秀でた魅力はそこではなかった!です!

思わずタイプSと呼びたくなるイメージ

タイヤ3純ガソリンモデルのイメージリーダーがタイプR、だったらスポーティに振ったe:HEVはタイプSって命名しても良いんじゃない?と思った次第。

その方が、ユーザーからしても特徴が一目瞭然。ブランドイメージだって向上するでしょう。

逆に見向きされない可能性もあるけど、それくらいスポーティに振られています。

目次的な短評

シビックe:HEV・特徴

概要的な特徴を上げていきます。気になる部分ございましたら、詳細ページをご覧頂ければと思います。

新エンジンによるハイブリッドシステム

新登場のエンジンが話題のハイブリッドシステム。今回の名称は「LFC」。

ナビモニターエンジンルーム

振動を伝えてこないエンジンと、ターボ車を連想する加速感、そして擬似的に追加されたエンジンサウンド&ステップ式ATっぽい演出がトピックス。

加速感や減速感、パワートレーンの質感は、2ページ目です。

魅力はここに発見!ハンドリング

割高な分の魅力をどこに見出す?って考えた際、筆者はコーナーリングのフィーリングだと思いました。

ハンドル視界

ハイブリッドシステムは他車にも魅力的なシステムがあります。なのでシビックの魅力はと聞かれたら、ハンドリングを上げたいです。

ハンドルに回した時の具体的な感触は、3ページ目です。

微妙にきつい乗り心地など快適性

リアシートストローク感はしっかり。でも、スパッと収束させるダンパーセッティング。

良いもの感は伝わってきますし、良質なショックアブソーバーなんだろうけど... 感じた快適性はね...。
路面インフォメーションなどの方が重要視されていそうな。

快適性と試乗時の燃費など。4ページ目です。

内装の質感や使い勝手の印象

相当に低く座れるドライビングポジション。小振りで軽快なメータークラスター。

エアコン操作部シフトセレクター

必要以上に高級を押し出さず、主張も低いインパネなど、走ることを優先させたような印象です。

インパネ〜ラゲッジスペースの印象。5〜6ページ目です。

乗ってわかった小さな長所短所

購入を左右するほどじゃないんだけど、話題にしたい部分。

テールゲートウォッシャー液

最近はけっこうチカラを入れているコーナーです。

気楽なコーナーなのでぜひ。7ページ目です。

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」試乗レポートです。

シビックehevメーター夜間1シビックehevメーター夜間2

動画:シビックe:HEV試乗レポート

総合的な試乗レポート、動画版です。この他シビックの動画は複数本アップします。

ホンダ シビック

ホンダ

civic シビック

  • 試乗グレード:“e:HEV”
  • 年式:2022年式
  • 型式:FL4
  • 新車価格:394万円

パワートレーン概要

  • 排気量:1800ccハイブリッド
  • 型式:LFC

その他概要

  • ボディサイズ: 4550×1800×1415
  • ホイールベース:2735mm
  • 車重:1460kg
  • 発売時期:2022年7月
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
パワトレ質感 5段階評価

発進時は滑らか、本加速時は刺激のあるフィーリング。

ハンドリング質感 5段階評価

高い前後の一体感や路面インフォーメーションの豊富さがスポーティ。

乗り心地の質感 5段階評価

動いてくれるけど収束が早くて揺れがビシッと止められる。

内装の質感 5段階評価

高級感より走行的な部分が重視されている様子。

見切り車両感覚 5段階評価

特別なことなく。

お買い得度 5段階評価

装備が充実しているといっても、Cセグハッチで400万円は輸入車の感覚。









試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社