自動車の試乗比較、中古車選びにも!「トヨタ」

2022年記事 トヨタ

プリウス(4代目後期)「1」
今乗って受ける印象

間違いいっぱいの自動車選び。2020年式プリウス(後期)の試乗レポート。

1ページ目です!

「特徴概要と受ける印象」

トヨタ
  • グレード:“S”
  • 型式:ZVW51
  • 車両価格:261万円
  • デビュー年:2015年5月〜
プリウス(4代目後期)内装1プリウス(4代目後期)内装2

トヨタ・プリウス。グレード「S」。4代目ZVW51型、通称50系後期モデルです。


  1. 後期プリウス「1」今乗って受ける印象
  2. 後期プリウス「2」快適性と走行感覚
  3. 後期プリウス「3」内装インパネ
  4. 後期プリウス「4」試乗時燃費と評価総合

簡単なレポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視です。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

4代目後期モデルのプリウス

プリウス:ボディフロント

4代目プリウスの後期モデル。わかりやすい部分ではヘッドライト/テールライトが変わり、前期よりわかりやすいデザインに変わっています。

インパネとドア結合部乗ってみれば、低速時の快適性が印象的

市街地レベルではゴツゴツなど感じることのない乗り心地。そしてそれによくあったハンドリング。

時速50kmくらいまでが快適で得意な領域。気持ち良い揺れ方で、走行中いつの間にかこの速度になってるw

低速時の快適性を優先するなら今でも魅力的だと思いました。

試乗車概要

試乗したのは2020年式トヨタ・プリウス。グレード「S」。車両価格は261万円

外装(フロント)外装(リア斜め)

オドメーターが示す走行距離は60000km。年式なり以上に進んでいます。

ブカブカな乗り心地を感じるほどではなかったですが、荒れた路面での強いビリビリ感は、走行距離によって多少劣化したような感がありました。

直進性や左右の操舵感では、距離による劣化は感じられませんでした。

エンジンルームは汚かったです(どうでもいいw)

今乗ったらどう感じる?

プリウス:ボディサイド〜リア

プラットフォームが変わり、走行フィールもウリに登場した4代目。2015年12月のデビュー時は確かに、そのあたりの良さを感じました。

良いよね!でも、もう一声!

5代目デビュー直前の2022年、後期モデルに試乗すると...。
やっぱり良いよね!でも、何かもう一声欲しい!

このプリウスが劣るってわけじゃなくて、今でもクルマは進化してますし、その方向というのもあります。

インパネ1インパネ2

記憶からすると、前期モデルより快適性重視に振られた様子。
速度が低ければ低いほど快適と思える乗り心地でした。前期はもうちょっとシャキッとしていた記憶があります。

快適性重視は好ましいです。ただ、強豪ひしめくCセグメントにもなれば、低速時に快適というだけだと微妙に物足りず。
これでも良いんだけど、重要な点は抑えているんだけど、と微妙に歯切れ悪くなっちゃいます。

今見てもオンリーワンとなり得る要素は、内外装。今見ても刺激的です。自分の感覚では古さは感じません。

前期モデルと比較して

プリウス:前期モデル

下の写真は前期。4代目デビュー時に、ディーラーで試乗と撮影をさせてもらった時のもの。

4代目前期14代目前期2

4代目前期34代目前期4

不評だったヘッドライトとテールライト。所有しちゃえば気にならないんだろうけどね。それに、これでまとめたバランスを大幅改良しちゃったら...素人騙しにもなりそうだけど...

なにはともあれマイナーチェンジで形状が大きく変わりました。

外装(フロント斜め)外装(リアテールライト)

個性薄れたかわり、多くの方に好まれそうな形状に。数で勝負の世界ですから、結局これで評価高まった様子です。
斬新で美しいって難しいのが、よく分かります。

内装はここ。
グレードにより艶ありホワイトのセンターコンソールが斬新でした。

4代目前期54代目前期6

後期モデルではブラックがメインと変わりました。

カップホルダーシフトセレクター

白い内装色自体は、筆者は好み。ただ、差し色的に使われる場合は異なります。

形状とか周囲とのバランスとか、さらに塗装や樹脂の質など、中途半端だったら黒い方が無難的な良さを感じやすい。

「無理やりの個性」「無理やりの色付け」等々。制作物でやりたくなってしまう箇所ですが、チープになりやすいかも。

見出し的な印象

プリウス:夜間の走行

概要的な特徴を上げていきます。気になる部分ございましたら、詳細ページをご覧頂ければと思います。

快適性と走行フィール

ステアリング

低速なら低速なほど快適で、速度が上がるとアラが気になる快適性。

同様に低速時ほど車全体でバランス良好と感じるバランス。

快適性や運転感覚は、2ページ目です。

内装の印象

インパネ

デビュー時には相当に斬新だったインパネの造形。今見ても刺激的です。

操作系は一世代前のタイプになっちゃったけど、個性は十分。カタチが気に入れば満足感高いと思います。

インパネ〜リアシートの印象。3ページ目です。

試乗時の燃費

試乗時の燃費

試乗時は合わせて100kmちょっと走りました。燃費みながらの走行あれば、興味本位で試しながらの走行もあり。

今や燃費良いクルマはプリウスだけじゃないです。でももちろん、プリウスだって良好でした!

試乗時の燃費と小ネタ的な話題。4ページ目です。


プリウス(4代目後期)内装3プリウス(4代目後期)内装4

動画:プリウス試乗レポート

失敗といわれる4代目だけど、どんな感じだったっけ?
走行フィールや内装、大きな声じゃ言えない話など、プリウスの試乗感を動画にまとめました。

.

プリウス (50系後期)

トヨタ

prius (プリウス)

  • 試乗グレード:“S”
  • 年式:2020年
  • 型式:ZVW51
  • 新車価格:261万円

概要

  • 排気量:1800cc+モーター
  • エンジン型式:2ZR-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4575×1760×1470mm
  • 車重:1350kg
  • 発売時期:2015年12月〜
  • 車両価格帯:243万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

345LN1

エンジンルームにレイアウトされています。

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

停止時間長く、踏めば反応良く目覚め、音は4気筒。

足回りの質感 5段階評価

MCで柔らかい方向に変わった様子。低速時の快適性が魅力。

内装の質感 5段階評価

白い部分がなくなりアクが取れた。造形は個性的でらしさ満点。

外装の質感 5段階評価

インパネ同様、アクが取れて、適度な個性が良い感じ。

快適性 5段階評価

低速時に良好、速度を上げると静粛性の低さが気になる。

お買い得度 5段階評価

後から出てくる車種の値段考えると、お得感あり。








試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社