自動車の試乗比較、中古車選びにも!「トヨタ」

2022年記事 トヨタ

プリウス(4代目後期)「4」
試乗時の燃費

間違いいっぱいの自動車選び。2020年式プリウス(後期)の試乗レポート。

4ページ目です!

「燃費・小ネタ・評価総合」

トヨタ
  • グレード:“S”
  • 年式:2020年式
  • 車両価格:261万円
  • デビュー年:2015年5月〜
プリウス(4代目後期)内装1プリウス(4代目後期)内装2

トヨタ・プリウス。グレード「S」。4代目ZVW51型、通称50系後期モデルです。


  1. 後期プリウス「1」今乗って受ける印象
  2. 後期プリウス「2」快適性と走行感覚
  3. 後期プリウス「3」内装インパネ
  4. 後期プリウス「4」試乗時燃費と評価総合

簡単なレポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視です。暇つぶし程度にご覧下さいませ。

試乗時の燃費

プリウス:試乗時の燃費

4代目プリウスの後期モデル、試乗時の燃費です。

大雑把な燃費

燃費1

最も長い距離で記録が残っているのはこれ(試乗中はリセットを繰り返します)。

距離60km走って燃費23.2km/L

休日朝の軽い渋滞と、数回以上の全開加速を含みます。時期は11月。弱い暖房を使う時期です。

これ以外、感覚的な部分では燃費30km/Lくらいを表示している時間が長かったです。また停止して撮影を繰り返した時は、燃費20ちょっとまで下がりました。

テーマを決めた燃費チェック

交通に左右されにくい夜間、燃費を見ながら走行してきました。

試したのは行きをノーマルモード、戻りをエコモードでコース1周。途中でコースを間違えたり、走行中の速度は低めだったり、ゆるい感じの走行でした。

燃費2燃費3

左がノーマルモード、右がエコモード。

走行に一貫性なかったので、約40km走って燃費33km/Lくらいとさせて下さい。

動画:プリウス燃費

燃費みながら5代目の噂話しながら、走行している最中の動画です。

加速感・減速感

スロットル特性と速度キープ

幹線道路を巡航していた時には、いつの間にか速度が落ちてきちゃうくらいの特性を感じました。

エンジンルームスロットル特性が、発進時にちょうどよい開き方なので、走行中はゆるいくらいの感覚になります。

またダイレクト感もしくはメリハリという部分。

わずかな加速減速、速度が増しているのか減っているのかを感じにくいので、無意識での速度キープが難しかった。そんな印象も受けました。

全開時の加速感

アクセルペダルを全開もしくは全開近くに踏んだ時の印象は良かったです。

モーターで加速し始めた直後、エンジンが始動して加速力を増します。この時間が短いので、不快感がありません。
そのまま踏んでいけば、適度な伸び感もあります。

減速とEV感覚

Dレンジで通常走行中、アクセルペダルを離すと、転がっていく感覚が強いです。

最近ではハイブリッド車というと、回生ブレーキと呼ばれる減速力が強まる事が多くなってきましたが、プリウスは普通のCVT車みたいに運転できます。

ブレーキペダルを踏むと、「強調回生ブレーキ」といわれる機構で、充電と減速が行われます。
本来の摩擦ブレーキ(パッドとディスク)は、強いブレーキの時に使用されます。こちらはエネルギーは熱に変わります。

ドライブモード

プリウス:シフトセレクター

プリウスのドライブモードは3種類+EVモード。基本はノーマル、パワー、エコです。

パワーモードエコモード

ノーマルモード

ドライブモードを切り替えると、中央のモニターに状態が表示されます。文字は大きく、色も彩度が高く刺激的。

シフトセレクター

スイッチはシフトせくレターの左側に並んでいます。
見づらくてごめんなさい。

 

ドライブモード試乗感

3つのドライブモードを試してみての感想。うん、違いがわからない。
全くわからないわけじゃないけど、勘違いかも程度でした。体感的にね。

見えない部分では、バッテリー充放電の制御や、もしかしたらエンジンの使われる回転数や燃調など変わり、優先事項は変わっているはず。

違いが最小限ということは、パワーモードでも燃費は大きく変わらない印象でしたし、エコモードでも乗りにくさは感じませんでした。

小ネタ的な部分

プリウス:小ネタ

今回はメーターとスイッチに関して。

メーターとスイッチ

メーターとスイッチ1メーターはセンターに、デジタルモニターが2個並んでいます。

左側がマルチインフォメーション、右側が速度計、odd&trip、燃費計です。

メーターとスイッチ2メーターとスイッチ3

操作はステアリングスイッチで行います。
ここで気になるのは、対応するスイッチの位置。

左手側で右側モニターの操作を行い、右手側で左側モニターの操作を行います。これはチグハグ。慣れが必要です。

メーターとスイッチ4

その他、クルーズコントロールは、従来からのレバー式です。

また運転席右下のスイッチパネルには、ボタンは最小限でした。
たくさんのボタンが並んじゃうよりわかりやすい。

メーターとスイッチ5メーターとスイッチ6

左側のモニターは、各種設定に利用するほか、時計を表示したり、パワーフローを表示したりできます。

またエアコン操作をすると、状態が表示されます。

モニターとスイッチ左右

シビック・ステアリングスイッチモニター左右とステアリングスイッチ左右の関係は、シビックに試乗した時に、なるほどねと思いました。

左手側の設定が左側に表示され、右手側は右側に。
初めてでも直感的に使いやすかったです。

プリウスの特徴10秒チェック

プリウス:ボディデザイン・リア

4代目プリウス後期モデルの試乗感。単純明快・簡潔に、長所短所をまとめました。
意味不明な部分は本文でチェックして下さい。

  • 相変わらず最高クラスの燃費性能。
  • 今見ても斬新で個性を感じる内外装。
  • 低速なら低速なほどに快適なゆったりした乗り心地。
  • そんな乗り心地と一体感あるゆったりしたハンドリング。
  • 座面前方が固いリアシートは、大柄な方には嫌な部分が目立つ。
  • 多少作られた感のあるステアフィール。だけど直進性は高い。
  • 加速時はアクセル踏んでからエンジン始動までのラグが短い。

 


プリウス(4代目後期)内装3プリウス(4代目後期)内装4

評価総合:4代目プリウス後期

ボディリアビュー

登場から6年超、5代目デビュー直前の今見ても、内外装は個性的。

乗り心地など快適性は、速度が低いほどに快適(意外と貴重です)。

操縦感覚は普通か普通以上にファミリーカー的。ゆったりした乗り心地によく合ってます。

総じて人畜無害じゃつまらない、でもゆったり乗れて燃費も求めたいという方に、ピッタリだと思いました。

プリウス (50系後期)

トヨタ

prius (プリウス)

  • 試乗グレード:“S”
  • 年式:2020年
  • 型式:ZVW51
  • 新車価格:261万円

概要

  • 排気量:1800cc+モーター
  • エンジン型式:2ZR-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4575×1760×1470mm
  • 車重:1350kg
  • 発売時期:2015年12月〜
  • 車両価格帯:243万円〜
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設22年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社