自動車の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ

2022年記事 ホンダ

シビック(e:HEV)試乗
「2」ハイブリッドシステム印象

間違いいっぱいの自動車選び。シビックe:HEV・2022年式の試乗レポート。

2ページ目です!

「加速感や減速感、新エンジンの魅力」

ホンダ
  • グレード:“e:HEV”
  • 型式:FL4
  • 車両価格:394万円
  • デビュー年:2022年7月
シビックehev内装1シビックehev内装2

試乗:メリハリが素敵!

シビックe:HEV・エンジンルーム

e:HEVのパワートレーンは2000ccエンジンにモーターが組み合わせるハイブリッド。そしてシビックe:HEVに搭載されるシステム名称は「LFC」。

i-MMDと呼ばれていた時代の「LFA」から数えて3代目ということで「LFC」です。

ジェントルマン but 野生人

乗った感想を一言で表せば、コンフォート〜スポーティへの強いメリハリ。

市街地ではジェントルマン、高速道路ではライオン。
職業はホテルマン、本性は野人。
昼は紳士、夜はAV男優etc.

良い意味での2面性を感じます。

試乗:日常でのパワートレーン質感

シビックe:HEV・ボディリア斜め

市街地での印象

このシビックを初めて動かしたのは駐車場から出て、時速30km程度を多用する市街地でした。

そしてその時の印象はひとこと、高級車みたい!

高価なだけあるよね!という質感
  • スロットル特性は穏やかで滑らか(ノーマルモード)。
  • アクセルペダルは軽くなめらかにストローク。
  • ハンドルの回し心地も滑らか。
  • タイヤが路面を叩く音も高級車的な音。

エンジン停止しているから静かというのもあるし、エンジン停止しているからステアリングへの振動がなくてスムーズ感を強調。

ストロングハイブリッドの長所をハッキリ感じられて、さすが高いだけあるよね!と思いました。

幹線道路に出る

エンジンルーム1流れの良い幹線道路に出ると、エンジンからの振動が気にならない点がもっとも大きな印象

走行中にエンジン始動しても、ドライバーに不快な振動が伝わってこない、もしくは感じられないのが良いです。

また巡航中、かなり低い回転数でエンジン音が聞こえる時があるんだけど、多分これがエンジン駆動による巡航かなと。

ナビ連動による減速制御

ナビモニターナビゲーション標準装備によるメリットと思われる、協調制御。限られた場面ですが体感できました。

シチュエーションは下り坂で、下ったところに信号がある道

下りに差し掛かったあたりでアクセルを戻すと、いつもより強めの減速力が感じられました。

 


※一部画像はクリックで拡大します(横長画像など)
※内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

試乗:加速感

シビックe:HEV・フロントシート

ターボ車みたいな加速感と、シフトアップ風な演出が特徴的。気に入ったらヤミツキになっちゃいそうな特徴を感じます。

ターボ車みたいな加速感

アクセルペダルを踏んだ時の加速感は、ある程度のアクセル開度まではトルクがついてきてリニアという感覚。

注目は全開時の加速感

エンジンルーム2で、注目したいのはアクセル全開付近で加速する時の加速感。

印象は一言!ターボ車みたい!

アクセル踏むと緩やかに加速を開始し、ワンテンポおいてグーンと加速
加給の弱い低回転域からアクセルを踏んだような、踏力は一定なのに盛り上がりに山がある。こうした部分がターボ車みたい。

刺激が魅力で個性でクセになる

冷静に評価すれば、リニアというより唐突
でも冷静ではいられない高揚感

これで絶対的な加速力が弱ければ、「ラグが強くてイマイチ」と言いたいところだけど、人間の感覚って不思議。刺激が楽しいと思えばポジティブ要素に大逆転w

加速力は時速100km程度でも落ち込まない様子なのでもっと上まで伸びていくと予想します。公表される最高速は180km/hとのことです。

ボタン式のシフトセレクター

シビックe:HEV・ボタン式のシフトセレクター

シフトセレクターはボタン式です。他のホンダ車でもみられる形状ですが、押しやすさなどに小さな改良がされたとのこと。

センターコンソール1センターコンソール2

視覚的にはとってもスッキリ!大きなセンターコンソールを備えるシビックでも、飛び出るレバーがない効果は大きいです。

シフトセレクター夜間

夜間でも文字は視認でき、必要な場所を押すだけ。ハイブリッドらしい特殊なレバーより間違えにくく簡単だと思います。

並びは「P・R・N・D」。リバースは手前に引いて、あとは下にプッシュ。ストローク量が長く、奥まで押しこないと切り替わりません。

ドライブモードと運転感覚

シビックe:HEV・シフトセレクター

用意されるドライブモードは3つ。スポーツ、ノーマル、エコです。ノーマルとエコに大きな差は感じないので、スポーツとノーマルを比較します。

スポーツモードで変わる点

スポーツモードに切り替えて、変わった!と体感できる点。

メーターの表示が変わります

ドライブモードを変更すると、中央のナビモニターにもそれが表示されます。これはナビが標準だからこその機能かもしれません。

スポーツモードノーマルモード

メーター内の表示はレッドカラーが使用され、スポーツモードで走行中ということを明確に教えてくれます。

音が変わります

メーターアクセルを一定以上踏み込むと、擬似的なエンジン音がスピーカーから発せられます。

いわゆるVTECサウンドと申しますか、高回転域のエンジンノイズがシミュレートされている様子。

名称は「アクティブサウンドコントロール」

また合わせて、段付きミッションのシフトアップのような演出も。
音的なシフトアップと、メーター内のパワーメーターが上がって下がってと動き大きく華やかな演出を見せてくれます。

時速100kmまでに3回か4回シフトアップ。クロスミッションにようにスパスパと激しく、シフトアップしていきます。

ラグが小さくなります

アクセルを踏んでから最大加速に入るまでのラグが小さくなります。ノーマルモードより素早く反応してくれます。

ハンドルが重くなります

ハンドルハンドルの回し心地、パワステの味はそのままに、手応えが増します。

単純に回す重さが重くなるという感じです。

スポーツモードが走りやすい!

スポーツモード筆者が感じた走りやすさでは、スポーツモードが走りやすかったです。もうね、ずっとスポーツモードで走っていたいくらい。

重くなるといっても重すぎないハンドルと、唐突感なく滑らかなアクセルペダル。

ただ、擬似的なエンジン音の音質は、進化を期待します。もしくは自分で録音してすり替えできたらなお良し!なんて思いました!

 


評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」試乗レポートです。

シビックehevメーター夜間1シビックehevメーター夜間2

動画:

準備中です。

 

ホンダ シビック

ホンダ

civic シビック

  • 試乗グレード:“e:HEV”
  • 年式:2022年式
  • 型式:FL4
  • 新車価格:394万円

パワートレーン概要

  • 排気量:1800ccハイブリッド
  • 型式:LFC

その他概要

  • ボディサイズ: 4550×1800×1415
  • ホイールベース:2735mm
  • 車重:1460kg
  • 発売時期:2022年7月
試乗レポ・ライター

「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


試乗や比較が難しい中古車購入も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

開設21年!最新が最良です 転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社