自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」
HPヘッダー画像

2020年記事 トヨタ クラウン
著:ヒラリー男爵

クラウン試乗評価(H20HV)「1」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。トヨタ・クラウン(型式AZSH20)「2.5S」ハイブリッドの試乗レポート。

当ページは1ページ目です。

「クラウンの特徴とボディデザイン」

トヨタ
  • グレード:“2.5ハイブリッドS”
  • 年式:2019年式
  • 型式:AZSH20
  • 車両価格:約498万円
  • デビュー年:2018年6月
クラウン内装1・インパネクラウン内装2・フロント

トヨタセダンといえばやっぱりクラウン!220系とかH20系と呼ばれるモデル。


  1. ここ - クラウン試乗「1」特徴概要、ボディデザイン
  2. 分割 - クラウン試乗「2」ハイブリッドシステム
  3. 分割 - クラウン試乗「3」快適性(乗り心地と静粛性)
  4. 分割 - クラウン試乗「4」運転感覚(ハンドリング等)
  5. 分割 - クラウン試乗「5」車両感覚、ボディ見切り
  6. 分割 - クラウン試乗「6」内装(フロント)
  7. 分割 - クラウン試乗「7」内装(リア)
  8. 分割 - クラウン試乗「8」燃費と評価総合

試乗車概要:クラウン(ハイブリッド)

クラウンのフロント室内・夜間

マークXの親分だったクラウンが、レクサスLSの弟分に大変身!乗り味はプレミアムを感じさせるモノになり、価格も相応に高価になりました。

中身も価格も高級に大変身

今度のクラウンは、クルマの本質的な部分で高級を感じられ、大きなセンタートンネルなどで着座感からしても高級車。

特にマークXなき今、「後輪駆動が良いよね!」というユーザーには貴重な選択肢。乗り味で後輪駆動らしさがしっかり感じられます。

試乗したクラウン

試乗したのは2019年式トヨタ・クラウン。グレードは「2500ccハイブリッドのS」。車両価格は約500万円でベーシックなグレードです。

内装のイメージ内装のイメージ2

オドメーターが示す走行距離は1万km台後半。このクルマで年末年始の6日間、試乗してきました。

試乗したのは筆者ヒラリーなどスタッフ2人+知人1人。筆者が現在所有するカムリや、過去に所有したSAIとの比較を交え、試乗レポートをお届けします。


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

クルマのキャラクター

最近数代のクラウン

ドアハンドル今までクラウンっていうと、高級車?ってイメージ。筆者はそんな印象でした。

特にここ数代のモデルでは、「静かで柔らか」というトヨタ車的な高級車像が残る中で、先々代あたりでは変に固く荒っぽい乗り心地、先代はうるさくて余裕なくて...てなハイブリッド車。

マイルドともプレミアムとも言えないどっちつかずで、停まっているクラウンを見れば高級なんだけど...という感じで、高級車のイメージ。

今度のクラウンは乗り味が高級車

今度は違います。眺めても、乗っても、ついでに価格も高級車と思えます。

クラウンのステアリング

路線は欧州車的なプレミアム路線を感じさせ、ラインナップ中ではマイルドな味付けといわれるハイブリッド2500ccでも、締まったフロントサスでフラット感高い乗り味。

リアシートも挙動が穏やかで、ビッグセダンに乗っているという感じが強いです。

ニュル? ん?? って部分もある

高級車といっても続けて乗っていると、ネガティブな部分も気になってきます。

ダッシュボードの質感「ニュルブルクニンクで仕上げました!」みたいなCMやってるけど、「ニュルちゃうでしょ!」「なんでニュル?」「こっち重視してよ!」なんて思う部分も見受けられました。

目のこえたユーザーが多そうなクラウンですから、バランス取るのは大変なんでしょう。そんな個性に関する部分も全8ページで記載していきます。

ボディデザインに感じること

クラウンのボディデザイン

クラウン最大の懸念事項と思えるのが、ボディデザイン。筆者の周りでは年令問わず、カッコ悪いという意見ばかり。

筆者も好みじゃないというのが率直な意見でございまして。

前後でアンバランスな印象

ボディを横から見ると、前半分と後ろ半分の印象が異なり、ちょっとだけ2ボックス的な印象も。サスペンションの印象も前後で大きく異なるから、そんな印象をより強める。

前半分はAピラーの位置や角度で従来からのFRセダンライク。後ろ半分はCピラーの位置や角度で最近の流行的。

ボディデザイン:フロントクォーターボディデザイン:サイド

ボディデザイン:リアクォーターボディデザイン:リア

例えばレクラスLSみたいに滑らかな一体感はないし、例えば先代クラウンのような伝統的セダンスタイルでもない。こうした部分が消化に時間がかかる要因かも。スルッとは入ってこないよね。

実はクラウンらしい部分

Cピラーの付け根は、3ボックスセダンというには後ろ寄り。また傾斜も強く、トランクリッドは短め。なんだけど、尻下がりには見えないサイドビュー。

予想するに日本ユーザーの好みに合わせてるんじゃないかと。流行の形状っぽい中で、実はクラウンらしい部分かと思いました。

見慣れてくれば印象変わる

ボディデザインどんなクルマもそうだけど、見慣れてくればかっこよく思え、以前のモノが古っぽく
一時の流行として消えていく形状もありますがw

このクラウンが街に溢れてきた頃、どう感じるか楽しみです。

メインメーター(夕方)メインメーター(夜間)

カムリと並べてみた

高いボリューム感はやっぱり高級車

カムリと並べてみると、やっぱりクラウンは高級でした(写真ないけど実家で)。カタログ上のボディサイズはほぼ一緒なのに、ハッキリ1クラス異なる存在感。

クラウン・ボディフロントカムリ・ボディフロント

実際の寸法より、大きく立派に見える部分に車格の高さを感じます。クラウン&カムリに関わらず、どのクラスでも一緒ですね。

トヨタ クラウン

トヨタ

CROWN (クラウン)

  • 試乗グレード:“2.5S・ハイブリッド”
  • 型式:AZSH20
  • 年式:2019年式
  • 車両価格:約498万円

概要

  • 排気量:2500cc+モーターハイブリッド
  • エンジン型式:A25A-FXS
  • 車重: 1730kg
  • ボディサイズ: 4910×1800×1455mm
  • 発売開始:2018年6月
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」と「ヒラリー男爵」がお届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

適合バッテリー

室内設置タイプの専用品

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
動力質感 評価2

振動が目立ち、加速感も伸びなく詰まりぎみ。エンジン音は良い。

快適性 評価2

静粛性、乗り心地ともにアラを感じる部分がある。

足回りの質感 評価3

フラット感高いフロントサスはプレミアムなイメージ。

内装の質感 評価2

思ったよりは立派で安心。装備も充実。

外装の質感 評価1

少しずつ新しく。でもやっぱり、同世代セダンの中では立派に見える風格。

運転しやすさ 評価5

カムリの存在がなければ...というアレ。

お買い得度 評価4

車体が良くて装備充実。イメージも合わせれば納得の価格。





リアドア




非接触型の置くだけスマホ充電器。こうした装備もクラウンのイメージ変更に関する一部かな。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設19年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です