シロッコR試乗記と評価評論・基本ページ

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2014年記事 シロッコR
著:ヒラリー男爵)

VW シロッコ・試乗「1」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗車はVW(フォルクスワーゲン)のシロッコ。グレードは2000ccのR。クーペルックのハッチバック、2000ccターボそして前輪駆動が基本スペックのシロッコR。当HPスタッフが購入しての長期試乗レポです。

シロッコ内装1シロッコ内装2
VW
  • グレード:“R”
  • 型式:13CDL
  • 車両価格:515万円
  • デビュー年:2009年5月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. このpage - シロッコ試乗「1-1」・概要とエンジン評価
  2. 分割page - シロッコ試乗「1-2」・走行性能(ハンドリング・乗り心地・静粛性)
  3. 分割page - シロッコ試乗「1-3」・燃費など参考データとスイッチ解説
  4. 分割page - シロッコ試乗「1-4」・他車比較
  5. 分割page - シロッコ試乗「1-5」・内装(フロント&リアシート)
  6. 分割page - シロッコ試乗「1-6」・タイヤやオプションパーツ、評価総合

関連ページ タイヤ使用感・シロッコ&ネクセンN7000

試乗車概要

ボディデザイン・サイド

VWの「ゴルフ5&ゴルフ6」をアイノコにして作ったスペシャリティカーがシロッコ。グッとワイドに張り出したプロポーションや、FF車のネガを軽減した走行感覚が特徴のクルマ。

エンジンは2000ccと1400cc

エクステリア・サイド運転がラクな1400ccモデル、コンフォート性能低めのスポーティ性能重視2000ccモデル、シロッコは2種類のラインナップです。

「2000ccTSI」というグレードがモデル途中で消滅し、2000ccはシロッコRのみになりました。グレード「Rライン」は1400ccです。

このページで取り上げている「R」は、2000ccターボ+2ペダルMTという内容。Rにどんな意味があるかは知りません。Rなんとかっていう系列会社がセッティングするグレードのようだから、マツダスピードとかSTIみたいな位置づけでしょう。

タイヤは最も好印象な銘柄でレポート

選択するタイヤ銘柄によって意外とクルマの印象は変わります。今回シロッコでは2回のタイヤ交換を実施。

1回目はコンチネンタル・スポーツコンタクト3に交換。フィーリングが良くなく、クルマを手放したくなるほど好みに合わなかった。

2回目はマル秘じゃないけど秘蔵の韓国タイヤに交換。こちらは一部を除き超好印象に大変身!

シロッコの場合はあまりに印象変化が大きかったため、2回目に交換したタイヤで評価・試乗記をまとめています。

価格を考えると相当な変態クルマ

シロッコ・エクステリア1シロッコの「R」、車両価格は515万円。大排気量車を狙え、FRスポーティ車も狙え、高級セダンも狙える。

またライバル車であるメガーヌRSが約400万円、ゴルフGTIが約370円。他にもランエボとかBMW135iとか、わかりやすい魅力を持つクルマがいっぱい。

シロッコを選択するということは、相当な変態ということを自認する必要がある。いや変態というのは褒め言葉。割高かつメインストリーム以外の選択肢を勇気を持って購入できるということ。素晴らしい。

ひとつの魅力は全開時のハンドリング

低速コーナーではデフロックのよなLSDにトルクステアの少ない加速。中速域ではコーナーなかほどでアクセル深く踏み込めば、クルマはそれまでより内側に進もうとするFF離れしたハンドリング

ハイパワーFF車の欠点を感じさせないコレがシロッコの魅力。

全長短くコンパクト、でも立派

フィットやヴィッツに毛が生えた程度の全長に、ググッとワイドで個性を演出しているのがシロッコ。全長が4255mmに対して全幅は1820mm。

走行性能の為のワイドトレッドか、エクステリア質感を上げるためのワイドトレッドか、どちらが本意だかわからなくなるほどエクステリアに個性を持っている。
コンパクトながら立派で優雅、間違っても100万円のクルマには見えない。例えスズキマークを付けたって安っぽくは見えないであろうこの車格感不明な造形。ゴルフやポロの地味さに吐き気を感じる方にはピッタリ。あちらはトヨタマーク付けたらカローラ派生車みたい。

ひとつの魅力はエクステリア

シロッコの魅力のひとつがこのエクステリアデザイン。小さくても引け目を感じることはないし、駐車場狭くとも止められる。標準装備も充実し、キャラクターを考えれば「小さな高級車」とは違うけど「小さな上級車」として貴重な選択肢の一つでしょう。

このシロッコは、VWゴルフは好きだけどボディデザインがイヤという当HPスタッフが購入。2回のタイヤ交換を含む長期試乗レポートです。BMW1シリーズとの比較など織り交ぜながらお届けします。

試乗:エンジン

シロッコRのエンジンは2000cc+ターボ。シロッコではこの「R」というグレード以外では1400cc+ターボになるから、このエンジンに魅力がなければ魅力半減。車両価格の差額分を楽しめるだけの質感や動力性能が期待される。
(Rラインというグレードは1400ccだから注意ね)

スポーティ走行時のパワー感

エンジンルームスポーティグレードだからワインディングなどでの試乗感を。

シロッコRのカタログスペックは256ps&33.7kgm。車重は1410kg。出力的には3000ccクラスに相当し、そのクラスから見ると車重は200kg程度軽い。

そんなこともあり、1速での加速はなかなか刺激的。

ピリピリ味わえる1速

デフロックしちゃうような電子制御LSDが付いているとはいえ、ステアリングには振動が伝わってくるから、このピリピリ感も加速感を強調する。やはりハイパワーFF車、涼しい顔して早い高級車とはまったく異なった加速感。

2速以上の加速力はそれなり

2速以上では、大排気量車のようには加速してくれない。加速感を楽しみたい方にはギリギリのパワーという感じかな。

具体的には3000回転あたりをキープしていれば、踏み込んだ際のレスポンスは強い。

2ペダルMTのミッション「DSG」が自動でシフトダウンした時は、オーバーシュート気味にブーストが立ち上がるようだ。ジワッというタメはなく、急にくる。パッセンジャーは心臓がビクッとしてしまうほど。

こんな特性からギヤポジションをホールドしていると、ジワッと踏み込む楽しみを味わえる。アクセルにトルクが付いてこないローパワー車だと味わえない楽しみ

しかし、踏み始めはよくても伸びがない。踏み込んだ瞬間はパワー感があるけれども、そこから高回転に向かっての伸びはない。タコメーターとスピードメーターを見ていると、あららこんなもの?なんて感じ。

試乗して体感できるXDS(電子制御デフ)の効果については後述。

日常でのエンジン特性や運転しやすさ

ペアルレイアウト日常での扱いやすさといえば、重要なのはスロットル特性。シロッコはなかなかに独特な特性を持っている。

アクセルペダル開度10%あたりまでがかなり早開きで、その奥はなだらかな特性。流れに沿った巡航中はアクセルペダル開度5%までで操作することになる。

奥でのコントロール領域を広く取ったのか、一部のスポーティ4000ccクラスをシミュレートしたのか、極端な早開きでも途中の段階があるので、そんなに悪い印象ではない。他車では「0%の次が10%」みたいなクルマもけっこうある。

2000回転以上が扱いやすい

エンジンのトルク特性、2000回転以下ではトルク感がありません。そりゃ1200ccのゴルフよりはマシだけど。Dレンジをセレクトしていると、アクセルペダル開度30%になってもこのトルクのない回転数で再加速を強要される。ボンピングロスの少ない領域を使うって事だろう。

Dレンジだと、アクセルを大きく踏み込んでからシフトダウンされる。その際の加速は唐突。助手席の彼女はビックリしちゃう。どんなに丁寧に踏み込んでも踏み込む速度は関係ない様子。

発進時や再加速時、エンジンではなくDSGが問題。コンフォート性能は厳しすぎる。

シロッコメーター1シロッコメーター2

音、けっこう凄いんです

マフラー出口

シロッコRがもっともRらしい点と言えば、排気音かもしれない。なにしろボーボー凄い。

エンジン音というより低い排気音で、どれくらいかといえば純正と後付マフラーの中間くらい。後付といってもインナーサイレンサーを付けるようなタイプではなく静かなやつね。

別の言い方をすれば都内など騒がしい場所では気にならず、地方の田舎道では気になるくらい。

また、高回転でのシフトアップ時、バックファイアのような「パン!」という音が鳴る。意図的な演出かシフトチェンジに伴う点火カットか。6型ゴルフGTIがパンパンするっていっても、シロッコはあんなものじゃない。5型レベル。

折角BMW1シリーズの4気筒あたりよりも振動が少なく高回転キープが苦痛じゃないといっても、これでは夜間、近所が気になって踏むのを躊躇しちゃう。筆者ヒラリー、年取ってビビリになりました。そして監修「元自動車整備士」、マナーにうるさい偽善者でございます。

VW scirocco (シロッコ)

フォルクスワーゲン

Scirocco (シロッコ)

  • 試乗グレード:“R”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2010年
  • 型式:13CDL
  • 価格:515万円

概要

  • エンジン排気量:2000cc+ターボ
  • エンジン型式:4気筒CDL
  • ボディサイズ:4255×1820×1420mm
  • 車重:1410kg
  • 発売開始時期:2009年5月〜
  • 新車時価格帯:350万円〜

車両型式

  • 13CDL - 2000cc R
  • 13CTH - 1400cc
  • 13CCZ - 2000cc初期型
  • 13CAV - 1400cc初期型
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

振動少なく中回転キープも積極的にできる。音とトルク特性にやや弱点。

駆動系質感 5段階評価

6速DSG。相変わらずのギクシャク感で神経使う。MTの設定もナシ。デフは凄い。

足回りの質感 5段階評価

快適じゃ無いけど良く動く足。バネ上の上下量が少ない。

内装の質感 5段階評価

割高なチューニンググレード。これはしょうがない。

外装の質感 5段階評価

ショート&ワイド。車格感不明な余裕が魅力。

快適性 5段階評価

ギクシャク、ガタガタ、うるさい。快適性で選べば1400ccモデルをぜひ。

お買い得度 5段階評価

メガーヌRSなら100万安。AクラスAMGなら100万円高。








エンジンフードのフックはわかりやすい&手が汚れにくい。頻繁に開ける必要があるって事?

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。