シロッコR試乗P3/燃費、スイッチ解説

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2014年記事 シロッコR
著:ヒラリー男爵)

VW シロッコ・試乗「3」

評価評論「間違いいっぱいの自動車選び」。試乗車はVW(フォルクスワーゲン)のシロッコ。グレードは2000ccのR。2000ccターボで前輪駆動のクーペ風ハッチバック。

当ページは3ページ目です。「燃費とスイッチ解説、目立たぬ弱点」などを掲載中。

シロッコ内装1シロッコ内装2
VW
  • グレード:“R”
  • 型式:13CDL
  • 車両価格:515万円
  • デビュー年:2009年5月〜

※内容は辛口評価です。試乗時にチェックしたいポイントを掲載中です。

  1. 分割page - シロッコ試乗「1-1」概要とエンジン評価
  2. 分割page - シロッコ試乗「1-2」走行性能(ハンドリング・乗り心地・静粛性)
  3. このpage - シロッコ試乗「1-3」燃費など参考データとスイッチ解説
  4. 分割page - シロッコ試乗「1-4」他車比較
  5. 分割page - シロッコ試乗「1-5」内装(フロント&リアシート)
  6. 分割page - シロッコ試乗「1-6」タイヤやオプションパーツ、評価総合

参考燃費

ステアリングのイメージ

シロッコR、燃費を気にするような人が選択するモデル、グレードじゃないんだけど、それだって悪いよりは良い方が良いよね。以下、車載の燃費計で見ているとこんな感じ。

  • 市街地・・・8.0〜9.5km/L (横浜市内で8km/Lくらいだった記憶)
  • 田舎道・・・9〜12km/L
  • スポーティ走行時・・・4km/Lくらい

燃費1燃費2

左・元気よく走った時の燃費。右同じ道をゆっくり走った時の燃費。加速力=ガソリン燃やせる量?

※燃費は参考値です。シロッコはDCTを採用して効率アップなんていっているけど、思ったほど燃費良くありません。

運転席の各スイッチについて

スイッチ全体

ウインカーレバーワイパーレバー

試乗する前に覚えておきたい、運転席周りのスイッチたち。

  • 1.ウインカーレバー。ハイ/ロービーム切り替え。クルーズセットスイッチ。
  • 2.ワイパーレバー。上下は国産車と逆方向。上に向かって動かす。
  • 3.時計の調整。
  • 4.トリップメーターのリセット。
  • 5.パドルスイッチ(ダウン)
  • 6.パドルスイッチ(アップ)
  • 7.ハンズフリーやオーディオ関係。
  • 8.液晶部分を利用した各種コントロール。上下左右と決定、リターン。

欧州車らしく、国産車とはスイッチの並びも操作方法も異なります。試乗されるなら、ある程度わかっているとラクだと思います。それにいろいろ試せるw。

※ヘッドライトのメインスイッチは運転席右下辺り。ロータリースイッチです。基本オートでOK。ノブを押し込めばフォグランプ点灯。

参考データ

同乗者による手元のストップウォッチでシロッコRの中間加速力を計測してみました。

計測した条件と結果

計測条件は大人の男性2人乗車。ガソリン残量はメーター読み5分の4。風はほぼなし。タイヤ空気圧フロント2.3キロ、リヤ2.3キロ(冷間)。道路は直線。タイヤはネクセンN7000。
外気温が3度と低かったのでタイヤを暖めてから計測(TC介入が多かった為)

  • メーター読み時速10kmから60kmまでの加速タイム ・・・ 2.94秒
  • メーター読み時速30kmから80kmまでの加速タイム ・・・ 3.06秒
  • メーター読み時速50kmから100kmまでの加速タイム ・・・ 3.90秒

現在のトコロ、他車の比較タイムが少ないので比較が難しいデータになります。
正確性はさておき、早め早めにTCが介入するから、タイヤの状況や路面の状況により加速力は変わります。DCC(シャシー剛性調整)によっても変化。コンフォートモードまたはスポーツモードで違いがみられます。
タイヤ空気圧で調整しようとすると、車体からエラーの警告が出ます。

巡航時のエンジン回転

  • 時速80kmの時 ・・・ 約1900回転
  • 時速1000kmの時 ・・・ 約2400回転

参考までにVWポロ(1200ccターボ+7速DSG)のデータも掲載しています。

※TC=トラクションコントロール。タイヤ空気圧の単位は馴染みの深い「kgf/cm2」にしています。

FF最高クラスの走行性能

ちょっと変わったVWが欲しいと言うだけなら1400ccエンジンの一般グレードがあるし、こちらの方が運転がイージードライブ。そしてシロッコ以外でもVWビートルなんかもある。

そんな中でシロッコRという選択

シロッコRは前輪駆動車としてもコンパクトクラスとしても高額。割高ともいえる価格なんだけど、それは全て優れた走行性能を期待するからこその選択肢。

趣味性の高いクルマだったらって、単純な指名買いじゃ選択する楽しみはありません。
面倒でも同じお金でより良いクルマを買えるかどうか?ここが大人と子供の違いじゃないかな。

シロッコRはまずまずの加速性能にハイレベルなコーナーリング性能、一度ワインディングを運転すれば、コクピットから降りたくなくなっちゃうかもしれない。

しかしそれらは全て、”FFとしては” という条件付き。”FRのような”とか”4WDのような”という但し書きが常についてくる
国産車でもコンパクトFFのスポーティカーってビックリするほど高額だったりするから、この価格帯でわざわざFFを選択する価値があるのかどうか、この辺を選択基準に入れても面白いと思います。

シロッコメーター1シロッコメーター2

シロッコ、ここが惜しい

エクステリア・シロッコ

価格だけの価値はあるか微妙ながら、また好き嫌いの分かれる個性的な部分も多いながら、なんだかんだいってシロッコRを運転すると楽しい。田舎道やワインディングね。
弱点ないし個性の強い部分は前ページまでに述べたとおり。では、小さな気になる点はどんなとこ?最大限に気配りがされている日本車と比較した場合の、ちょっと惜しい部分を箇条書きで。

  • 標準装着の純正HDDナビ、音楽の録音はできません。なんのためのHDD?これならフラッシュメモリだっていいじゃない。
  • Fドアはサッシュレスハードトップ。窓枠がありません。窓を開けて走行すると、風の巻き込む音がものすごい。
  • ドアミラー関連のロータリースイッチ。相変わらず安っぽい。毎日触る部分だよ。
  • シロッコRレカロverを選択すると、シート座面高が上がってしまう。残念。
  • キーシリンダー及びキー取付部にガタがあり、キーを回す感触が悪い。他のVWと一緒。
  • メーター内液晶表示は、多国語対等とはいえ日本語表示が不可(モデル途中まで)。間違えて中国語とか選択しないで。2013年ころからのモデルでは日本語表示が可能になっている。
  • グローブボックスに車検証ファイルが入らない。
  • 乗降時、足がサイドステップにこすれる。汚れるからパンツ禁止。ミニスカオンリー。

VW scirocco (シロッコ)

フォルクスワーゲン

Scirocco (シロッコ)

  • 試乗グレード:“R”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2010年
  • 型式:13CDL
  • 価格:515万円
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー





ヘッドライトにはコーナーリングライトが内蔵。ジワッと付くから違和感がない。ステアに連動するタイプ。

内装1


ハッチの開閉はココ。外からはリモコンキーでしか開けられい。

内装2

試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。