シロッコR試乗P5/内装(フロント&リアシート)

試乗比較、中古車選びにも・メーカー別「フォルクスワーゲン」
自動車試乗比較・評論、メンテナンス情報HPのヘッダー画像

(2014年記事 シロッコR
著:ヒラリー男爵)

VW シロッコ・試乗「5」

間違いいっぱいの自動車選び、試乗車はVW(フォルクスワーゲン)のシロッコ。グレードは2000ccのR。2000ccターボで前輪駆動のクーペ風ハッチバック。

当ページは5ページ目です。「内装(フロント&リアシート)」などを掲載中。

シロッコ内装1シロッコ内装2
VW
  • グレード:“R”
  • 型式:13CDL
  • 車両価格:515万円
  • デビュー年:2009年5月〜

※内容は辛口評価です。ディーラーで試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中です。

  1. 分割page - シロッコ試乗「1-1」・概要とエンジン評価
  2. 分割page - シロッコ試乗「1-2」・走行性能(ハンドリング・乗り心地・静粛性)
  3. 分割page - シロッコ試乗「1-3」・燃費など参考データとスイッチ解説
  4. 分割page - シロッコ試乗「1-4」・他車比較
  5. このpage - シロッコ試乗「1-5」・内装(フロント&リアシート)
  6. 分割page - シロッコ試乗「1-6」・タイヤやオプションパーツ、評価総合

試乗:内装

シロッコR運転席(昼間)

内装はVWの上級車種「イオス」とほぼ同一。この手のクルマに求めたい華やかさはない。造形は非常に地味で、スペシャリティカーといった感じは全く受けず。最低限、特別安っぽいという印象はうけないながら、そこはやっぱりVW、ということにしておきましょう。

こうした内装の評価ってよく、「落ち着いている」とか「運転に集中できる」とか、似たような言葉で言い換えられるけど、シロッコの内装は単に無骨!古ぼかしい!

内装1内装2

絶壁系を生かしたおしゃれ感とか、高いインパネを生かした包まれ感とか、落ち着いたノーブル感とか、何か利点を求めたいなと思います。

内装3内装4

左の画像、黄色マークのスイッチがハッチを開けるスイッチ。シロッコはハッチバックだけど、トランクのように室内から開ける。ハッチを開けてドアをロックし、ハッチを閉めるとリモコンキーからしか開けられない。スマートキーみたいな便利機能もないから、インキーにご注意下さい。筆者いちど経験あり。しかもミニサーキットでw

右の画像は、ヘッドライトのスイッチと、リモコンミラーのスイッチ。ヘッドライトのスイッチは右に1クリック回せばAOTOだから、基本それだけ覚えておけば大丈夫。ミラーのスイッチはロータリースイッチに4方向スイッチが組み合わされる。

これがまた、なかなか慣れない使いにくさ。
回してミラーの開閉と調整箇所の選択、4方向に倒してミラーの角度調整。そしてこのスイッチが今にももぎ取れそうな剛性感。クルマの魅力とは関係ない部分だけど、頻繁に使う部分なのは事実。実車をご覧の際にはぜひチェックしてみて下さい。

意外に使えるリアシート

リアシート

リアシート、がんばって入ってしまえば、意外と座れる。フロントシートのスライド量が大きいこともあり、助手席の後ろはそれなりに柔軟性がある。ドライバーズシートの後ろ、男性が運転する場合はきついかな。

ホイールベースはシロッコ2575mm。6型ゴルフも2575mm。ちなみに5型ゴルフも2575mm

VWゴルフファミリー、ホイールベースはみな一緒だからリアシートの位置も一緒なんだろうけど、シート座面の高さが違うから着座姿勢や快適と感じるスペースに違いがある。もちろんシロッコの座面は低い。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

比較的軽くて、女性でも開けやすいシロッコのハッチ。

よくあるVW流の、エンブレムから開ける方式ではなく、普通に開けられる。驚きはない反面、やっぱりこの方が開けやすいね。右の写真はビートルターボ。思い切って開けないと半ドアのところで引っかかる。上品に丁寧になんて考えるとダメ。

ハッチの開け方までクルマに合わせるなんてあり得ません。クルマが人間に合わせろってモンでしょう。

シロッコのラゲッジスペースはトランクのようにロックを解除する。室内スイッチまたはリモコンキーでハッチのロックを独立して解除するタイプ。

これがVWの「イオス」。車両価格は400万円クラス。非常にマイナー。
良い点惜しい点などは後述。

バックカメラではなくバックソナーが標準

シロッコにはカーナビが標準装備。だけどバックカメラは付いておらず、伝統的なクリアランスソナーが装備されている。超音波ソナーともいわれるこのソナーは、障害物の大まかな方向と距離を検知し、ドライバーに知らせる。知らせる方法は音とモニターへの表示。

クリアランスソナー1クリアランスソナー2

シフトセレクターでをR(リバース)をセレクトすると、中央のメインモニターに上の画像が表示される。画像中、黄色い部分が障害物を表し、ブザーも鳴る。

7型ゴルフRのクリアランスソナー

クリアランスソナー3

この画像は7型ゴルフでの同様の画像。「オプティカルパーキングシステム」が「パークパイロット」という名称に変わった7型ゴルフのクリアランスソナー。

こちらはフロントにもソナーが付いてる。便利です。いくらクルマが小さいといっても、様々な方がターゲットのゴルフ、便利装備はないよりあった方がいい。
そして、ブザーの音が優しい音質に変わった。音量も少し小さくなったかもしれない。ソナーが要らない場面、かなり多いわけだけど、ピーピーうるさい。で、いちいち画面を触って消さないといけない。7型ゴルフのソナーは音がマイルドになり、乗員が気になりにくく進化している。画面も上品。

シロッコメーター1シロッコメーター2

シートやドライビングポジション

ドライビングポジションにコダワリがある方にとってドラポジとは、クルマの性能や質感以上に気になる部分でしょう。非日常の気分を味わったり、疲れてる日もラクに運転出来たり、とても大事な部分だと思います。

パワーシートのスイッチシロッコの内装って、ゴルフの基本骨格を使用しつつ、着座位置を下げた様な感じ。そんな感じでどう調整してもいまいちしっくり来ない。シートはパワーシートで調整範囲は大きいし、チルト&テレスコは手動ながら大きく動く。それでも、例えばBMWで取れるドラポジのようにはいかない。
またレカロシートver.を選択すると、着座位置が上がるという欠点もある。

正確にいえば、好みを無視して運転しやすいポジションを取れば大丈夫。VW的にそういうスタンスなのか。1ミリでも着座位置を下げたいとか、体型を考えずに好みを優先すると、ステアリングでメーターが隠れたり、ステアリングの角度が寝過ぎていたり、ブレーキペダルが飛び出ていたりetc...。
好みは多少妥協して、運転しやすい姿勢が一番ということですね。

VW scirocco (シロッコ)

フォルクスワーゲン

Scirocco (シロッコ)

  • 試乗グレード:“R”
  • ミッション:2ペダル自動MT(DSG)
  • 年式:2010年
  • 型式:13CDL
  • 価格:515万円

試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします。
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー




タイヤによって印象は全然異なる。



ヘッドライトのスイッチ&ドアミラー関連のスイッチ。さわり心地は相変わらずで強度も疑問。でも壊れてはいない。




試乗や比較が厳しい中古車購入時にも、辛口の評価評論をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて18年。そして最新記事が最良です。