公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

レヴォーグとカムリ比較「1」異なる長所

当ページは1ページ目です!

車両感覚、ブレーキ、内装の印象

2022レヴォーグ&カムリ比較2022年執筆のスバル・レヴォーグとトヨタ・カムリの比較

同じ予算でハイブリッドを取るか?趣味性含む先進性+4WDを取るか?レヴォーグとカムリの比較です。

レヴォーグ&カムリ比較

「1ページ目・車両感覚、ブレーキ、内装」

  1. 今ここ!車両感覚、ブレーキ、内装の印象
  2. 乗り味の違いと燃費

※2022年春・執筆 この記事を書いたのは?

比較対象車はこんな感じ

「ハイブリッドか?趣味性か?」乗り味など特徴の違いを比較します。

レヴォーグ(VN5)GT EX 1800ccターボ
新車価格:349万円(310万〜)

全長4700mmクラスのワゴンボディ。新しい高効率エンジンとターボ、華やかなインパネデザインは魅力十分。

レビュー!スバル・レヴォーグ試乗レポート

カムリ(AXVH70)G2500ccハイブリッド
新車価格:380万円(350万〜)

クラウンサイズの前輪駆動セダン。ハイブリッドという魅力にプラスして大きくて安いという魅力。

レビュー!トヨタ・カムリ試乗レポート

ボディサイズ比較

モデル・グレード レヴォーグ カムリ
GT EX G
全長 4755mm 4885mm
全幅 1795mm 1840mm
全高 1500mm 1455mm
ホイールベース 2670mm 2825mm
車重 1550kg 1580kg

※グレードによる違いや年式で異なる場合があります。

1.ボディ見切りと車両感覚

どちらも素晴らしく優れている点。レヴォーグもカムリも左前方やタイヤの位置感覚がつかみやすいです。

レヴォーグ

カムリ

 

見切りが良いから走りやすい!

両車ともに小さなクルマではないのですが、クルマが小さく感じられ、狭い場所でラクです。

カムリ・Aピラーカムリ・Aピラー

狭い場所では目で見て距離感を確認しながら、視認しながら回転できますし、ミラーを壁に寄せるのも簡単です。
またコーナーでは思い通りの場所にタイヤをもっていきやすいので、思い通りに走れます。

レヴォーグ・Aピラーレヴォーグ・Aピラー

ナビモニターの圧迫感がありません

特にレヴォーグ、大きなモニターがついているのに、ダッシュボードに飛び出す量は最小限。ナビ周りが煩雑だとも言われますが、こうした観点から見ると素晴らしいデザインだと思います。

レヴォーグ・ダッシュボードレヴォーグ・ダッシュボード夜間

敢えての弱点を上げるとすると、レヴォーグはエンジンフードのダクトが気になる時があります。カムリは右左折時の視界で、Aピラーが邪魔になることがあります。

2.ブレーキの扱いやすさ

レヴォーグが優れていて、カムリな苦手な点、ブレーキの扱いやすさです。

扱いやすいレヴォーグ

レヴォーグは細かな操作を受け付けてくれて、神経質な面もありません。なので踏む時も抜く時も無意識に滑らか操作が可能です。

同時にアクセルOFF時のエンジンブレーキも滑らか。言葉変えれば減速への移行にメリハリがないともいえますが、4輪にエンジンブレーキがかかる4WDということもあり、コンフォート的に見れば滑らかです。

神経使うカムリ

カムリもアクセルOFF時の減速は滑らかです。またボディ全長とホイールベースの長さから、減速開始をドライバーに伝えつつ、唐突感のない減速を始めます。

ただカムリ、本来のブレーキペダルによる減速が扱いにくいです。特に停止の瞬間が神経質。

まったくコクっといかない減速から停止をしようとすると、めちゃくちゃ神経使っても最後はパッドが摘んでしまうので、とても難しい。

ハイブリッド車は強調回生ブレーキで燃費との兼ね合いがあるでしょうから、やはり操縦性をとるか燃費をとるかという部分なのでしょう。

3.リアシートの快適性

続いてはカムリのほうが優れている点。リアシートの快適性です。

※対象のレヴォーグは減衰力固定式ダンパーの「グレードGT」です。

ワゴンボディのレヴォーグ、セダンボディのカムリ

リアに荷物を積んだ時も重視されているであろうワゴンボディのレヴォーグ、リアシートは乗員が乗る時のことだけが考えられていると思われるカムリ。

レヴォーグのリアシートが悪いわけじゃないんですが、カムリのリアシートは優れています

乗り心地、静粛性、着座感、さりげないけど体をサポートしてくれて横揺れが気にならないシート。広さとは異なる部分で優れています。

静粛性はラゲッジスペースが独立している構造も効いていると思われます。

乗降性はレヴォーグは方が勝ります。多くの体型の方がそう感じると思います。

4.内装が異なります

レヴォーグ内装

カムリ内装

先進的で新しさを感じるレヴォーグのインパネと、オーソドックスと感じるカムリのインパネ。細かい部分の質感も、レヴォーグの方がよく感じられます。

レヴォーグのインパネ(クリックで拡大)

インパネ1・レヴォーグインパネ2・レヴォーグ

カムリのインパネ(クリックで拡大)

インパネ1・カムリインパネ2・カムリ

登場時期の違いもありますから、2022年現在の今、新車で買うとなれば惹かれるのはレヴォーグの方かなと思います。

縦長の大型モニター、ナビまで表示できるフル液晶のメインメーター、条件によっては手放し運転も可能なアイサイトX、ハイブリッド諦めたら多くの先進性を手にできます。

その分と申しますか、UIの操作性、例えばアイドリングストップやブレーキホールド、ACのon-offやシートヒーターなどツータッチ必要だったりする弱点はあります。

動画:レヴォーグとカムリの印象比較

試乗時の映像を合わせ、動画にしています。よろしければこちらもぜひ!


次のページに続きます!

次のページは「乗り味と試乗時燃費」です。

レヴォーグ・ステアリングカムリ・ステアリング

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、率直なレビュー評価!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。独自の5段階評価を続けています。
意見ハッキリ、辛口も甘口もなく特徴をわかりやすく。

意見ハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネ書けない?評論家さま、閲覧者減少が怖いWEB制作者。私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&独自評価。

サイト開設21年!最新が最良です https://mistake-car.com
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び / 運営会社 転載はご遠慮ください