スイスポ試乗P6/6MTのシフトフィール

自動車購入のための試乗比較・メーカー別評価スズキ
HPヘッダー画像

(2018年記事 スズキ スイフトスポーツ
著:元自動車整備士&ヒラリー男爵)

スイフトスポーツ試乗「6」

「間違いいっぱいの自動車選び」の試乗レポート。スズキの4代目スイフトスポーツ(ZC33S)2017年式。通称スイスポ、グレードは「スポーツ・6MTモデル」です。

当ページは6ページ目です。「ミッションのシフトフィールと細かな長所短所」を掲載。

スズキ
  • グレード:“スポーツ”
  • 年式:2017年式
  • 型式:ZC33S
  • 車両価格:184万円
  • デビュー年:2017年9月
スイフトスポーツ内装(インパネ)スイフトスポーツ内装(乗り込む時)

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

評論家が高く評価するスポーティコンパクト。2017年デビューの今回はターボエンジンを搭載しパワフル志向に。


  1. 分割 - スイスポ「1-1」概要とエンジン
  2. 分割 - スイスポ「1-2」ドライビングフィール
  3. 分割 - スイスポ「1-3」乗り心地など快適性
  4. 分割 - スイスポ「1-4」内装(フロントシート)
  5. 分割 - スイスポ「1-5」内装(リアシートとラゲッジ)
  6. ここ - スイスポ「1-6」細かな長所短所と演出
  7. 分割 - スイスポ「1-7」燃費と6MTの操作感
  8. 分割 - スイスポ「1-8」ライバル車比較と評価総合

ベーシックなスイフト!スイフト(ZC83S・2017)試乗レポート

細部の質感や細かな長所短所

スイスポ・車内の細部について

試乗してわかった細部の長所短所について。

格納式アシストグリップと調整式シートベルト

アシストグリップシートベルト

左の画像はドア開口部の上に装着されるアシストグリップ。スイフトのそれは折りたたみ式が採用されていた。固定されたタイプと比較すると頭をぶつける心配がない。材質は固く変形しにくく、握りやすさも問題なし。

右の画像は助手席シートベルトの上側。助手席側にもリフターが付いていて、ベルトが首にかからないように調整できる。

ナビの取り付け位置が好ましい

内装(センタークラスター)

スイフトが一生懸命作られたクルマであることを感じさせてくれるのが、ナビゲーションの取り付け位置
”敢えて”か”仕方なく”かは分からないが、クルマの特徴からしてピッタリ好ましい場所にレイアウト。

流行は、インパネ上部とか高い位置。これが例えばミニバンなど、レジャーでナビ使用率が高いであろう車種なら好ましい。でもそうじゃない車種なら、「流行なのでココにしました!」って感じ。

ナビのモニターって眩しいし、上に飛び出ていれば視界や車両感覚に悪影響がある。

スイスポのナビは見下ろす位置だから、ナビ使用時の視認性はちょっと劣る。しかしその分、ナビが必要ない道では運転しやすさとしてメリットが感じられる。
ナビを頻繁に使うユーザーより、日常的な移動を重視したデザイン。スイフトというクルマの特徴にピッタリのデザインだと思う。

ハザードスイッチは遠めにレイアウト

ハザードスイッチ

ハザードスイッチはインパネ中央の最上部。スイッチは光沢など飾った装飾がされないので、目障りでないのはドライバーに優しい。

位置的にはちょっとドライバーに優しくない。遠いんだよね。体を起こさないと手が届かない。近めにドラポジを取っていてもそう。

これは軽自動車でも見受けらるし、遠いだけならよくあること。気になるのはその下に、スイッチを配置できそうな場所がある。防犯アラームの光が点滅しそうな場所。ここを逆転してデザインしてくれれば、逆に気配りを感じるくらいなのにもったいない。

ドリンクホルダーの良し悪し

運転中のドリンクは必須だから、その使い勝手で車内快適性が変わってくるのがドリンクホルダー。

センターコンソール

ドリンクホルダー1ドリンクホルダー2

センターコンソール(前席左右の区切り)に設けられたドリンクホルダーは、シフトセレクターの前方。MT車でもシフト操作に影響なく使える好ましい場所。

左の画像は500mmlペットボトルを2本並べた画像。不安定に見えるが走行中も問題なし。右の画像はコンビニのコーヒーを置いて、その隣にペットボトルを置こうとしている画像。結果、ペットボトルは置けない。このコンビニコーヒーはドアポケットにも置けないから1人用となる。

ドアポケット

ドリンクホルダー3ドアのカップホルダーはペットボトルを置きやすいデザインをしている。スイフトのドア内張りはフロントもリアも薄く、理想通りにはいかなかったもしれないが、それでも使いやすさは十分。

ドリンクホルダーは斜め前方に傾いて置くカタチ。他車でも大きいクルマなどで増えてきている。使用感は飲みたい時に無理なく取り出せ、素早く安定して置ける。

信号待ちでササッと水分補給とか、特にMT車では重要な部分。ユーティリティは気軽に無意識というのが最上。

可能ならハンドル脇にも欲しい

ほんとはストローの刺さったコンビニドリンクが、運転中に適してると思われる。スイスポでもエアコン吹き出し口にドリンクホルダーを付けるのも良いかもしれない。これに関しては標準でそこにドリンクホルダーがあるフィットなどが優れている。

多彩なメインメーターの演出

メーター液晶表示部1メインメーターの中央に位置する液晶画面。燃費表示など定番のほか、スイスポだからこその情報を切り替えて表示することができる。

左の画像は瞬間燃費と給油後平均燃費、航続可能距離の表示。

表示情報の切り替えはメーター右下のスイッチを押し込んで切り替える。

メーター液晶表示部2メーター液晶表示部3

(画像左)オレンジ印のスイッチを押して表示切り替え。
(画像右)ステアリングスイッチでの切り替えはない。向かって左がオーディオ関係、右がオートクルーズ関係。

その他に表示できる情報はスイスポらしいスポーティを意識した情報。

メーター液晶表示部4メーター液晶表示部5

アクセル開度/ブレーキ強度、車両の傾きセンサー。このほかに出力グラフやブーストゲージ、油温など表示できる。

渋滞中に効果発揮

お楽しみ機能は退屈した時に弄って、集中力復活。渋滞中だよね。実用的に活用できなくても、面白みを感じるだけで存在意義があると思う。

惜しむらくは、エンジン回転数の表示ができないこと。アナログのタコメーター(回転数メーター)の精度・反応が悪い分、ここに液晶表示すれば良いのにと感じてしまう。
もしかしたらデータを読み取りから伝達、表示で遅れがでるのかな。検診コネクターにつなぐ後付メーターと同じ処理なのかもしれない。

スイフトスポーツ、メーター(夜間)スイフトスポーツ(インパネ)

こんなところも地味に嬉しい

リアヘッドレストが軽く伸縮。こんなところはクルマを選ぶ決め手にも止める決め手にもならないけど、購入後に使用すれば良さを実感できるはず。

リアのヘッドレスト1リアのヘッドレスト2

スイフトのようなBセグや、一クラス上のCセグのハッチバック車では、ヘッドレストを伸ばさないと座れないタイプが多い。ヘッドレストが背中に当たって不自然な着座姿勢になってしまう。

伸ばしたり縮めたりは面倒だから、本当は伸ばさずに座れるタイプが便利。たまにリアシートを使うような車種だからこそ、乗員の判断で選択できるのが最も便利だろう。

次点でこのスイフトのように、軽く伸縮させられる車種が好ましい。押しにくいボッチを押すこともなく、引っ張れば伸びて押し込めば縮んだ。これならクルマに詳しくないゲストをお迎えした際も、伸ばしてとか縮めてといえば理解して貰えそう。

スズキ スイフトスポーツ

スズキ自動車

swift(スイフトスポーツ)試乗モデル

  • グレード:“スポーツ”
  • 型式:ZC33S
  • 年式:2017y
  • ミッション:6MT
  • 新車価格:184万円

エンジン概要

  • 排気量:1400cc
  • エンジン型式:K14C

その他概要

  • ボディサイズ: 3890×1735×1500mm
  • 車重:970kg
  • 登場:2017年9月
  • 新車価格帯:184〜199万円(スポーツ)
試乗レポ・ライター

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けします
元自動車整備士ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です