自動車の試乗比較、中古車選びにも・メーカー別評価「トヨタ」

2022年記事 トヨタ アクア
著:ヒラリー男爵

アクア(2代目)試乗「3」
ハンドリング・走行感覚

「間違いいっぱいの自動車選び」。2021年式アクア「X」の試乗レポート。

当ページは3ページ目です。

「ステアフィール、ボディ見切り、車両感覚」

トヨタ
  • グレード:“X” 
  • 年式:2021年式
  • 車両価格:209万円
  • デビュー年:2021年7月〜
アクアの内装1アクアの内装2

試乗:ハンドリングの印象

アクア・内装・ステアリング

基本はゆったりしたフィール。特別なことはないけど、初めて運転しても走りやすいと感じるハンドリングが魅力です。

クセを感じない乗りやすさ

フロントタイヤアクアの主たるユーザー、主たるターゲットを考えた時に、良いと思えるハンドリング。

面白みとか、慣れたら楽しそうとか、そういった良さは感じない反面、実用車として好ましいと感じるフィーリングです。

イージーにイメージ通り

回し心地は全体的に重めながら、切り始めから違和感ありません。

切り込んで、微調整し、中心に戻す。この一連の操作を行った際に、イメージ通りの位置でハンドルが中心に戻ってる。

道が直線になったところでハンドルが中心に戻っている、そんな乗り方だってとっても簡単!

反応はゆったり系

ステアリングヤリスHVほどキビキビしていなくて、フロントタイヤからの反応はゆったり

またヤリスで感じた、中心に強く戻すフィール、パワステの気になる制御ですが、それも弱く感じます。

全体的にヤリスHVより重厚感あって、多くの方が好ましいと感じることと思います。

逆にキビキビ系お好きな方でしたら、ダルくなっちゃいそうです。

セオリー外の運転を試す

フロントタイヤ2補足として、アクセル大きく踏んだままハンドル操作すれば、かなり直進性が強い=曲がりにくかったです。

ハンドル操作する時は必ずアクセルを抜く方が、自分と同じような良さを感じられるかなと思います。

上手く乗れれば超快感!

ここで言うと、PWRモード+快感ペダル。

シフトセレクターアクセルの抜きかた次第でフロントサスはグッと縮みますから、上手く使えれば気持ちよく曲がり始めます。

これを利用できた時に最も強く、「アクアって乗りやすいね」と、感じられると思います。

このあたりが快感ペダル!快感は自分の体を磨き込んでこそ、ですね!

なおスロットル特性的には、気難しさが顔を出します
簡単滑らか扱いやすいとは言い難い特性です。筆者はエコモードが好みです。

 


※内容は辛口評価です。試乗購入時のお役に立てれば幸いです。

試乗:ブレーキの印象

アクア・走行中・山道

あちこち魅力高いアクアだけど、ブレーキは気になる点。トヨタ式ハイブリッドの苦手な部分が目立ちます

免許取り立てで違和感感じちゃったら!?

クルマの運転が嫌いになられちゃったら寂しいので、ハッキリ言わせて下さい!

クルマによっては減速が気持ちよかったり、無意識に止まれたり、良いクルマだってたくさんあります!

最も気になるのはブレーキフィール

扱いにくく神経使うブレーキ

ペダルレイアウトペダルタッチや制動感はヤリスHVでも、悪いと感じました。

アクアはそれにプラスして、動きやすいフロントサスペンションによって、扱いにくさが気になります

コーナー入口では速度コントロールしにくく、停止時はカクンとしないブレーキに神経を使う。加えて電動サーボらしい音も聞こえてきます。

ブレーキフィールは妥協

ブレーキフィールここは一世代前の3代目フィットと比較しても負けているし、同世代E13型ノートと比較したら大きく負けています。

アクアは燃費と乗り心地のために仕方なし、でしょうから、そっちに大きな魅力を感じてこそ。ブレーキフィールは妥協だねと。

納得して選べば、あとで不満感じることもないと思います。

グレード「Z」でダンパー変更

「Z」ではフロントショックアブソーバーがランクアップ!KYBのスイングバルブ付きダンパーに変わるみたいです。

このダンパーは微低速時の減衰力を発揮するタイプということですから、ブレーキの扱いやすさが増す(フロントの動きがゆっくりになる)可能性があります。

試乗:ボディ見切りと車両感覚

アクア・走行中・下り坂

コーナーや挟路地で気になる、ボディ見切りと車両感覚のとりやすさについて。

アクアでは、運転席からの印象はクルマが小さく、というもの。ボディ隅っこが視認できるわけじゃないんですが、タイヤ位置など車両感覚は取りやすいと感じました。

左右Aピラーとドアミラー、前方

Aピラー左Aピラー右

傾斜が強くてグッと伸びてくるAピラー。圧迫感は強いものの、視界的には邪魔に感じませんでした。

圧迫感は、外側は頭に近いピラー上部、内側はドアミラー。身長大きな方ですと、かなりだと思います。

ナビモニターは仕方ないにしてもドラレコは、付けるなら何か考えたほうが良いかもしれません。

ボディ前方

ボディ見切り車両感覚

ボンネットはほとんど見えません。正面は目印置いて練習したり慣れるしかないです。

でも、運転席側はフェンダー上部の盛り上がりを目安にできます。また助手席側はワイパーの最も出っ張った部分を目安にできます。

前方見切りは試乗動画で触れる予定です。

ドアミラー周辺

ドアミラー周辺の視界

ドアミラー周辺はスッキリしていて視界良好です。

フローティング構造が機能していますし、ミラー自体も見やすいです。

斜め後ろの目視がしにくい

斜め後ろの視界

リアウインドーが小さく、目視での巻き込み確認はしにくいです。

ちょうどC-HRと同じくらいかな。同乗者がいると余計に気になります。

ドアミラーをしっかり見て運転。その方が安心して運転できました。

アクア内装(夜間1)アクア内装(夜間2)

動画:オートハイビーム使ってみました!

メーカーごとだけでなく車種別、もしくはデビュー時期によっても動作の違いを感じますので、実際に使いながら、使用感をまとめています。

トヨタ アクア

トヨタ

aqua (アクア)

  • 試乗グレード:“X”
  • ミッション:電気式無段階
  • 年式:2021y
  • 型式:MXPK11
  • 新車価格:209万円

エンジン概要

  • 排気量:1500cc+モーター
  • エンジン型式:M15A-FXE

その他概要

  • ボディサイズ:4050×1695×1485mm
  • 車重:1120kg
  • 発売時期:2021年7月〜
  • 新車価格帯:198万円〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスです!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

系列サービスです!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較インプレ「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

開設21年!最新記事が最良です。転載はご遠慮ください
総合サイトマップ / 間違いいっぱいの自動車選び