公式ツイッターも更新しています。
スタッフの日常や試乗感などツイート中!

ヤリスクロス、ハイブリッドとガソリン比較「2」

2ページ目です!

比較:燃費、内装、加速と減速

2024ヤリスクロス・HVとガソリン比較2024年執筆のヤリスクロス、ハイブリッド・ガソリン比較

主に走る部分の比較。快適性やハンドリング、どちらも長所あって短所あって、特徴明確です。

シエンタ乗り比べ(比較)

「2ページ目・内装、燃費、加速と減速感」

  1. 比較:乗り心地、静粛性、ハンドリング
  2. 比較:内装、ブレーキ、燃費、加速感

※2024年・執筆 この記事を書いたのは?

7.内装

ヤリスクロスHV:内装インパネ01

ハイブリッドとガソリン、対応するグレードなら大きな差はございません。

ヤリスクロス:内装インパネ

メーターなど一部除き、ほぼ一緒です。上記の2台(グレードX)ですと、エアコンが異なります。

違いを感じた部分

  • メインメーターのパワーメーターとタコメーター、液晶部の表示内容。
  • ディスプレイオーディオに表示されるパワーフローなど。
  • シフトセレクター脇のEVモードスイッチ
  • グレード「X」のみエアコンが異なる。HVはオート、ガソリンはマニュアル(対応して価格差も大きめ40万円差)
オートエアコンとマニュアルエアコン

HV・内装1ガソリン:内装1

機能性の違いより、見た目の違いが大きいと思います。

HV・内装2オートの方は上のパネルと合わせて質感高いです。またAUTOのスイッチがわかりやすい!
大きくて独立しています。インジケーターもセット。右側です。

ガソリンモデルでも中級以上のグレードではオートになります。

メーターの違い

上の画像がハイブリッドモデル、下の画像がガソリンモデルです。

ヤリスクロスHV:メインメーター

左側のメーターがパワーゲージ。加速時は左上の「ECO」と書かれたあたりがキープされ、強い加速時はそれより右に針が触れます。
巡航中は左側が使用され、減速中は「CHG」方向に触れます。

ヤリスクロス:メインメーター

ガソリンモデルはセグメント表示のタコメーターになります。

HV・内装3表示が鮮やかで美しい。メータースクリーンの透過率が高いです。

バイザー状に収まっていることもあって反射は最小限ですが、映り込みは強いです。鏡に使えるくらい。

両車ともに特徴的な部分

ドアの取手部分

ドアグリップとドアノブが一体化された、美しい取っ手部分。

HV・内装4ガソリン・内装2

立派ですが夜は慣れないと掴む場所を探してしまいます。

上級グレードを望みたいシート

上級グレードを選ぶか、オプションの回転するシートを選ばないと、ヘッドレスト一体型のシートになります。

HV・シート1HV・シート2

素のヤリスもそうですが、これはちょっと寂しい感じ。でもアレコレ言って予算を増していくと、ヤリスクロスの優れたコスパが失われます。

乗降性の良いリアシート

リアシートのスペースはそこそこといった感じだけど、ベーシックなコンパクトクラスと比較すれば、乗降性は高いと思います。

ガソリン・リアシート1ガソリン:リアシート2

良いのは足抜きのしやすさ。座面高とフロア、ドアヒンジの関係から、足を出すのが苦になりにくいです。

比較対象車はこんな感じ

ヤリスクロスのハイブリッドモデルとガソリンモデル。

ヤリスクロス(MXPJ10)HV
新車価格:230万円

ハイブリッド「X」2021年式。

レビュー!ヤリスクロス(ハイブリッド)試乗レポート

ヤリスクロス(MXPB10)ガソリン
新車価格:190万円

ガソリン「X」2021年式。

レビュー!ヤリスクロス(ガソリン)試乗レポート

8.試乗時の燃費

ヤリスクロスHV:参考燃費

試乗時の燃費です。詳しくは動画にしてますので、さらっといきます。

大雑把な燃費

ハイブリッドモデル

HV・燃費1

動画や静止画撮影しながらの燃費。左の写真の燃費。

42.2km走って23.7km/L

普通に走っていると、20km/L台中盤を示している時間が長かったです。

登り坂が続く場面ですと、ガソリンモデルとの差は縮まります。それでもそこでチャージした電力を使って、その後の走行で燃費を伸ばせます。

下り坂が続く場面ですと、バッテリーが満タンになってしまい、回生できるはずのエネルギーを捨てていく場面もあるかもしれません。いずれ注視して確認してみます。

ガソリンモデル

ガソリン:燃費1

燃費の写真が残ってる場面。

108.2km走って18.5km/L

二人乗車でエアコンつけて、ドライバーは筆者のみです。

ガソリン:燃費2

夜の渋滞を走った後の燃費。

29.8km走って9.3km/L

小排気量といえど、ガソリンモデルは仕方ない場面。渋滞中は苦手です。

2台で燃費比較

ヤリスクロスのHVとガソリンで燃費比較!3つの場面で同じ道を走って燃費を比較します。

  1. 一般道を普通に走ります。
  2. アップダウンある山道を走ります。
  3. 全力で燃費走行します。

様子は動画にしています。
当ページの一番下に動画ありますので、ぜひご覧ください。

9.加速と減速

加速と減速の印象、感じた特徴です。

ハイブリッドモデルが好印象

ヤリスクロスHV:モード切替スイッチ

トヨタのハイブリッドとしては、伸びより踏んだ瞬間の力強さが重視されたタイプ。

低速からの加速に力強さがあり、ちょっと踏んですぐ戻すような場面で良さを感じやすい。音的にも、モーターの回転音らしき音がシュイーンと聞こえてきて気持ち良いです。

続いてガソリンモデル

ヤリスクロス:エンジン・ルーム

CVTによりエンジンが得意な領域をフレキシブルに選んでくれるガソリンエンジン。ただちょっと、燃費とのバランスが重要視されている感もある。

車重1110kgで1500ccだから1人乗車なら軽快なのは想像のとおり。乗車人数が複数人になると、ハイブリッドとの差を感じやすい

乗車人数と踏んでる時間で差

ガソリン:サイドのロゴ比較するとハイブリッドより長い時間アクセルを踏んでいれば、ガソリンエンジンとトランスミッションの良さを味わえる傾向。
1秒2秒より3秒4秒と踏み続ける時。

もうちょっと元気に回転あげていってくれれば印象違うかもだけど、そこはMTモード使ってね!ということでしょう。

減速(ブレーキ)はガソリンモデルが好印象

ガソリン:ペダルレイアウトハイブリッドモデルは停止直前の抜き切る動作で神経を使います
縮んだフロントをいつの間にか伸ばして止まる停止は、ガソリンモデルの方がやりやすい。

通常の減速はペダルタッチが良いです。ガソリン車みたい。
長所も短所もトヨタ車らしい印象です。

ガソリンモデルはもうひとつ、MTモードがあるので、予想したエンジンブレーキを得られる。強い弱いじゃなくて、安定して予想できるエンジンブレーキは、無駄なくもしくは気持ちよく走りやすいです。

10.まとめ

ヤリスクロス:夜のフロントマスク

それぞれが別の車種として、それぞれバランスされている。
ガソリンモデルはスポーティな方向でまとめられ、ハイブリッドモデルはコンフォートな方向でまとめられ、見た目が一緒の別車種みたい。

サスペンションの硬さ、電子制御パワステの味付け、エンジンノイズの聞こえ方。

この辺りの違いで別物としてまとまってます。しかも違いは極端というか大きいです。

総合すればガソリンモデルが好み

ガソリン:ボディデザイン斜めその上で筆者が好ましいと思うのはガソリンモデルの乗り味。よりまとまってます。
親戚のおばさまに勧めるならHVだけどね。

その理由はHVの上下動。

可能ならピョコピョコした動きが抑えられ、ゆっくり動く感覚を望みます。だったら動きにくいガソリンモデルの方が良いかな、といったところです。

11.動画:燃費比較・HVとガソリン

当HPのYouTube公式チャンネルで、動画を公開しています。

ヤリスクロス比較・ハイブリッドとガソリン

 

 

意見ハッキリ!特徴と長所短所をわかりやすく!

自分の言葉で!研ぎ澄ました感性で!

違いを感じる練習、試し失敗した経験、一貫性ある運転で試乗レポート。
受け売りでなく、カタログ的でない。紹介ではなくレビューです。

特徴を明確に!写真もできる限り!

評論家さまとの違いは、率直な表現と自由度の高さ。辛口といえば辛口です。
評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。

サイト開設22年!最新が最良です https://mistake-car.com
間違いいっぱいの自動車選び  /  運営会社 転載はご遠慮ください