BRZ試乗P2・重心の低さとは

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・スバル
HPヘッダー画像

(2012年記事 スバル BRZ
著:ヒラリー男爵)

スバル・BRZ試乗「2」

注目度抜群でデビューしたスバルBRZ(ZC6)グレード「S」。6ATモデルと6MTモデルに試乗したのでその時の印象をまとめています。

当ページは2ページ目です。「重心の低さって?リアシート座ってみた」など掲載。

スバル
  • グレード:“S”
  • 型式:ZC6
  • 車両価格:約270万円
  • デビュー年:2012年3月〜

内容は辛口評価です。試乗時に確認したいポイントを重視!

日本車では久々に登場のFR&MTのコンパクトクーペ。トヨタ86と兄弟車です。


  1. 分割 - BRZ簡単試乗「1-1」概要とエンジンやミッション印象
  2. ここ - BRZ簡単試乗「1-2」重心の低さって?リアシートに乗車
簡単な試乗による簡単なレポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視で、一般的な表現を心がけています。

試乗レポ・足回りの印象

横滑り防止装置足回りのサスペンションは、スポーティカーとして考えると柔らかめ。基準をスポーツセダンとして比較してもやや柔らかめ。乗り心地は悪くありません。

ショックアブソーバーが動きやすい方向性で、フロントもリアも低速域から動いてくれます。伸び側の減衰力はもう少しあった方が...なんて場合はアフターパーツに交換しちゃえばOK。マイナーチェンジで固い方向に変わっていかないこと、また質の悪いものに変わらない事を祈ります。

この新車時の状態は、コーナー中の段差での対応力に優れ、ガタガタ道でも神経質にならなくていいというメリットがあります。

高級と言われる車種でも、質の悪い乗り心地は普通にあります。クラウンだってショックの動きは渋い渋い。アルファード/ヴェルファイアなんてもっと酷い。ほんとにゲストを呼べるクルマなんですか??
BRZの優しい乗り心地は、他のトヨタ車にはない優位点。スバルの場合はインプレッサで良い時があります。サスペンションの動きが良かったり悪かったり、マイナーごとに変わったりします。

試乗:リアシート

リアシートは荷物おきくらいのスペースしかありません。がんばれば3人乗れますが(運転席の後ろは無理)、助手席のシート位置は目一杯前。助手席のパッセンジャー、膝はグローブボックスにあたります。

肝心のリアシート。狭いのさえ気にならなければ、意外にも快適。
リアサスの音が入ってくるのでうるさくはありますが、乗り心地は許容範囲内。というかスポーティFF車のようにリアサスが固くないのが良い!さすがFR車。例えばレクサスCT200(Fスポーツ)のヘボリアシートよりましかもしれません。

重心の低さって?

重心が低いと何がいいか?わかっていそうでわからないテーマです。

フォーミュラーカーを始めとするレーシングマシンなら、重心が低い方がパフォーマンスに優れる=速い。とメリットがハッキリしています。

しかし市販車では何が良いの?? ただ重心が低いとアピールされてもよくわかりません。

筆者は一時期、ラジコンを趣味にして重心なんて考えました。結果、極端な違いなら変化を体感できます。しかしクルマだってラジコンだって、体感出来ないカタログ上の利点なんて、どうでもいいことです。

メーカーがはっきりアピールして!

BRZでも86でも大々的にアピールされる低重心。もっと具体的でわかりやすいアナウンスを望みます。もしかして明確にアピールできる事がないから、構造のアピールになってるんじゃない?

例えば「重心が低いとより柔らかいサスを使用でき、乗り心地と走行性能を料理できます」とかさ、「旋回ブレーキだって怖くありません」とかさ、何か無いの?

重心も数ある要素の一つ

重心が低いなんて自慢にもなりません。ホイールベースにトレッド、シャシー性能、サスペンション、アライメント、様々な要素が集まってクルマは設計されるわけです。日産のシャシー担当技術者にお話を聞く機会があったのですが、市販車の場合は...みたいな感じでした。

ここからは想像ですが、重心が低いと動きにくくて止まりやすい方向になり、ピッチング量とロール量が減る。動的アライメント変化が少なくなる。乗り心地と走行性能の両立。路面など外部から入力に強い安定性。などなどメリットが考えられます。

試乗した感触で筆者が感じる事と言えば、BRZの場合は、サスは柔らかめ。そしてブレーキしてハンドルを切るとスッとノーズがインを向く。

そんな感じを味わえますが実際問題、スポーティクーペはどれもそんな感じ。それからハンドルを急に切っても、雑に切っても、グラッとロールすることはありません。フロントの手応えもそのまま。こういった点が安定感という言葉で表されているような気がします。

わかりやすいのは日産リーフ?

BRZや86を試乗しても、重心が低いという感覚がわからない??

普通に納得です。日常的に優れたクルマにお乗りなら、ディーラーの街中試乗で重心が低い感覚がわからないというのは、全然普通の感覚だと思います。

そこで登場させたいのが日産リーフ。ちょっと運転してこの”重心が低い感覚”がわかりやすいのは日産リーフ。お馴染みの電気自動車です。

リーフは実用性最優先のクルマかと思いきや、意外にも走りに関する部分がよく出来ています。サスペンションは柔らかいのですが、とても曲がりやすい。ゆっくりハンドルを切っていくコーナーでも、奥が回り込んだヘアピン状コーナーでもOK。

少々大げさながら、ステアリングに伝わるフィーリングだって印象的。リーフのそれは意図的な味付けでしょうが、実用一辺倒ではなく、走っている実感やクルマとの対話感を考えてくれているようで妙に嬉しい演出

筆者リーフには今まで、マイナーチェンジされたいくつかのモデルを運転しています。そこで思うのは最初期モデルが最もスポーティを意識した味付けという点。それから多人数乗車とドライバー1人乗車で操縦感覚の変化を比較すると、つまり乗車人数による変化は普通のクルマよりが大きいんじゃないかという点。乗員の着座位置等で重心上がっちゃうのかもしれません。

重心が低い感覚ってどんなのだろうと思ったら、リーフに試乗してみるのをオススメ。ただしリーフが欲しくなっちゃっても知りませんよ(笑)いまならBRZより安く買えます。

BRZか86か

メーターエアコン操作部

クルマとして大きな違いは装備面。トヨタ86の場合には「ベースグレード」と「Gグレード」にはデジタルスピードメーターが付きません。
デジタル表示がないとスピードメーターはものすごく見づらいです。コーナー進入の速度を間違えたら大変です。クルマによって速度感が異なるため、筆者は必ず数値で確認します。

86の場合には「GT」以上のグレードをオススメします。そしてその場合、86は赤黒コンビカラーの内装になります。ここの好みが合わなければBRZということに。

BRZは各グレードで少しずつ装備良くて高価

BRZは全グレードで、黒またはダーク系が強い内装色になります。そして一般的なベーシックグレードからデジタルスピードメーターが標準装備。その他でも86と対応するグレードで少しずつ装備が優れます。価格も少しずつ高いです。

変わった買い方としてはエアコンが省かれる最廉価グレードにエアコンを付けることもできます。カスタムベースとして魅力を感じました。

そして大きな問題がディーラーの問題。トヨタのディーラーは全店扱いなので、どこでも買えるというのが逆に難しいところ。BRZが良くても付き合いで86になっちゃいます。筆者も多分そう。

一般的にトヨタのサービスは快適。営業スタッフも気さくな人が多いといいます。
スバルのディーラー数が少なく、営業スタッフはクルマ好きな方が多いです。クルマの話が好き、もしくはそこを切り口にして、走行性能でアピールしてきます。上品な営業らしい営業にはなかなか出会えません。

ネットを見れば、「クルマは楽しいおもちゃ、これがスバルの社風?」というご意見がw


BRZのコクピット身長172センチの筆者が座ると、ハンドル上端と鼻が同じくらいの高さにシート高を調整できる。

ライバルと比較して

クルマって長所があって短所ある。BRZはそれが極端なクルマ。つまり趣味性が高いクルマなわけですが、なんだかんだいって絶版車も含めるとライバルは豊富なんです。

  • 4代目ロードスター:BRZと似たようなキャラクター。ちょっと遅いけど乗りやすい扱いやすい。
  • S15シルビア:楽しいしパワーも魅力。ボディデザインも美しく改造パーツも豊富。
  • S2000:ワンランク上のおもちゃ。エンジンすごい。操作性もすごい。乗り心地は悪い。
  • RX-8:個性強いロータリーエンジン。高回転で振動感じないフィーリングに魅力。
  • アルテッツァ:意外に広いリアシートなど実用的。スポーティ感覚は高い。
  • CR-Z:コンパクト&ライトウェイト。フラットトルクで燃費も良好。

エンジンが良ければ全て良し!そんな方はコレ!

  • 100系チェイサー:1JZ直6は音良し感触良し。マニュアルでターボ、FR、4ドア。
  • 80系スープラ:2JZ直6は音良し。包まれ感のコクピットはBRZを買う前に味わって。
  • R34までのGT-R:カーン!と響く音はしびれまくり。ものすごい6気筒エンジン。
  • ホンダVTEC系:DOHC-VTECエンジンは官能性能高すぎ。タイプR系はピーキー。
  • レガシィ2000ccターボ:なんだかんだで味がある。ドロドロした質感。

スバル BRZ

スバル

BRZ

  • 試乗グレード:“S”
  • ミッション:6ATと6MT
  • 価格:270万円程度

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン:FA20(水平対向4気筒)

その他概要

  • 車両型式:ZC6
  • ミラーtoミラー:1970mm
  • ボディサイズ:-
  • 発売時期:2012年3月〜
試乗レポ・ライター

当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

 
ネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


リアシート、広さはFDレベルでも乗り心地よし。


フレームレスバックミラー。上級グレードからの装備になる。


イルミネーションは車内全体で赤系。便利装備は充実、アナログチックなスイッチでコクピットな雰囲気を演出。


VSCにはノーマルの他にスポーツモード有り。少しは滑りを許容してくれるとのこと。
トヨタ系VSCは作動するとほとんど加速できない上に減速も強いが、BRZのVSCはどうか?


2014オートサロンでの一台。

試乗や比較が難しい中古車購入時も、辛口の評価評論で!
相対評価を5段階比較で!

クルマ評価評論・比較レビュー「間違いいっぱいの自動車選び」。明快な5段階評価を続けています。
エンジン質感、駆動系質感、足回り質感、内装質感、外装質感、快適性、コスパ

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

本音書けない?評論家様、閲覧者様減少が怖いWEB制作者。
私達はアクセスして頂くために率直な表現を心がけます。比較のポイント&評価。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます
開設18年!中古車購入にも役立つレポート。最新記事が最良です